セミナー情報

コモディティ化(低価格化)を脱却し、価値最大化を実現する、技術者向けマーケティング実践講座

~技術者が知っておくべきBtoBマーケティング、勝つ!マーケティング、自社のマーケティングに貢献するための実践的知識~

・BtoBマーケティングの本質を学び、如何にしてコモディティ化から脱却するのかに活かす講座
・BtoBマーケティングの本質を理解し、コモディティ化から脱却することで、製品価値の最大化に活かそう!

セミナー詳細

開催日時 2014年07月31日(木) 10:30 ~ 17:30
開催場所 【東京】
カテゴリー 品質・生産管理・コスト・安全/研究開発・商品開発・ビジネススキル
内容 ~技術者が知っておくべきBtoBマーケティング、勝つ!マーケティング、自社のマーケティングに貢献するための実践的知識~

■概要
・BtoBマーケティングの本質を学び、如何にしてコモディティ化から脱却するのかに活かす講座
・BtoBマーケティングの本質を理解し、コモディティ化から脱却することで、製品価値の最大化に活かそう!

■タグ
ヒューマンスキル マーケティング モチベーション・コミュニケーション 営業・マーケティング 教育 問題解決・アイデア発想

■日時
2014年 7月 31日 (木) 10:30~17:30

■受講対象者
・開発者、技術者、プロジェクトリーダ、組織の管理層
・製品開発、顧客サポート、セールス研修部門の責任者
・BtoBに携わる方、モノづくの企業の宣伝広告・広報のリーダークラス

■予備知識
・特に予備知識は無くて結構です


■修得知識
・BtoB分野で必要なマーケティングの基礎知識
・技術者として自社のマーケティングに貢献するための実践的知識


■講師の言葉
 日本型のBtoBマーケティングをかつては世界が学びました。しかし、一般消費者向けのマーケティングとの混用・混同により、多くの日本企業がその強みを見失っています。その結果、モノづくり企業においては「カタログが説明できない営業マン」が増えています。「カタログの置き逃げ問題」などといわれていて、競争力を失う深刻な問題です。その原因の一つは、技術者がマーケティングの本質を見失っている事が挙げられます。
 モノづくりを支える技術者の方々にこそ、BtoBマーケティングの本質を知っていただくことが、コモディティ化(低価格競争)からの脱却であり、モノづくり企業としての強みを増すことです。モノづくりの最前線で活躍する技術者の方、そしてモノづくり企業のマーケティングを担う方に、ぜひご参加いただきたいセミナーです。

※講師は、機械・電気・電子・計測・制御・素材・エネルギーなどの産業分野に関するマーケティング専門家です


■プログラム
1.モノづくり企業のマーケティング力は、技術者次第
  
~BtoBマーケティングを正しく理解する~
 (1).BtoBとBtoCマーケティング、その根本的な違い
   a. 産業財と消費財の違い
   b. 同じ製品でも、売り方もセールスポイントも大違い
   c. 23万7984社 44万2562事業所
   d. 営業と販売は、まったく違う活動
   e. だから営業は技術者の仕事
 (2).コモディティ化(低価格競争)とは何か?
   a. なぜ、コモディティ化するのか
   b. 価値が認められないのは、技術営業ができていない証拠
   c. 技術マーケティングの重要性
 (3).その提案営業では「火の海」です
   a.「顧客の満足」のウソ
   b. 技術マーケティングとはニーズに応えることではない
   c. 技術とブランド

2.「勝つ!マーケティング」のために技術者が実践すること
 
(1).自社のポジショニング
   a. 自社と顧客の関係を考えるための2つの基本
   b. 現状と目指すポジション
   c. 課題を明確化するから共感と協働が生まれる
 (2).すべてはターゲットから始まる
   a. 無駄なリサーチはしない
   b. インサイトを探る
   c. PDCAの前に必ず「R」を
 (3).コンセプト
   a. コンンセプトとは何か?
   b. 技術コンセプトをしっかりさせる
 (4).勝つ営業のためのSPIN
   a. SPINとは
   b. モノづくりのプロセスでSPINをしかけているか
 (5).販売のためのFABE
   a. FABEとは
   b. 技術者は、営業部門にFABEを提供しているか?
 (6).マーケティング人財の育成
   a. 営業力を育てるのは技術の仕事
   b. 技を伝えるのも技術の仕事
   
3.コストをかけなくても実践できる色々なプロモーション手法 
 
(1).ドキュメント(取説類)は重要なマーケティングツール
 (2).展示会は、開発の場
 (3).情報伝達と情緒伝達
  (4).伝わる わかる 説明できる
 (5).広告の役割
  (6).技術部門のデータを資産(儲けの種)として活用する
 (7).コストをかけずに技術説明動画を制作するコツ
 (8).最新のコミュニケーション手法を活用して技術力を伝える


■キーワード
 BtoBマーケティング コモディティ化 プロモーション手法 PDCA


■受講料 (税込)
1名:48600円
同時複数申し込みの場合1名:43200円

■会場


日本テクノセンター研修室
住所: 東京都新宿区西新宿二丁目7-1 小田急第一生命ビル 22階
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666

このセミナーは受付を終了しました。

次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、
以下よりお問い合わせください。

メールを送信する

カテゴリ:

電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

Page Top