セミナー情報

硬脆材料の加工技術と高能率化・トラブル対策のポイント

~硬脆材料の加工技術、切削加工の応用、超微細加工を利用した機能表面の開発・高能率化~

・ガラスやサファイアなどの硬脆材料の加工技術を学び、高能率化やトラブル対策に活かす講座
・硬脆材料の加工に関する技術と理論を修得し、精密な製品開発と高効率加工へ活かそう!

セミナー詳細

開催日時 2014年07月18日(金) 10:30 ~ 17:30
開催場所 【東京】日本テクノセンター研修室
カテゴリー 成形・加工・接着接合・材料
内容 ~硬脆材料の加工技術、切削加工の応用、超微細加工を利用した機能表面の開発・高能率化~

■概要
・ガラスやサファイアなどの硬脆材料の加工技術を学び、高能率化やトラブル対策に活かす講座
・硬脆材料の加工に関する技術と理論を修得し、精密な製品開発と高効率加工へ活かそう!

■タグ
ガラス 金属 金属材料 研磨 材料 材料力学・有限要素法 磁石・磁性材料 切削・研削

■日時
2014年 7月 18日 (金) 10:30~17:30

■受講対象者
・ガラス、サファイア等の硬脆材料の加工技術者、切削加工技術者
・微細機械加工、機能表面、センサー等の開発に興味のある方


■予備知識
・特に必要としない


■修得知識
・機械加工による超微細加工技術、硬脆材料の延性モード加工機構に関する知識
・微細構造に起因する表面機能、金属ナノドットの局在表面プラズモン共鳴に関する知識


■講師の言葉
 ~第一部~

 現在、タブレットPCやスマートフォンなどのタッチパネル用ガラス基板をはじめ、医療および環境検査、材料開発の分野で利用されているマイクロTASなどに用いられるガラス基材では、複雑かつ高効率なレベルの加工が要求されています。また、最近では、ガラスからサファイアへの展開も期待されおり、サファイアの加工技術に対するニーズも高まっています。従来、ガラスやサファイア基板の精密加工では、研削やレーザ、エッチングなどが採用されてきましたが、最近では加工の柔軟性や生産性、コストなどの観点から、切削加工に対する期待が高まっています。                                  本セミナーでは、ガラスやサファイアの切削加工に関する技術とその理論的な背景を解説し、加工技術のポイントについて説明いたします。また、タブレットPC用タッチパネルとして利用されている化学強化ガラスの切り抜き加工やマイクロ検査基板の微細流路加工などへの応用についても紹介します。

 ~第ニ部~

 高能率で低コストでサブμmサイズの超微細構造を加工するため、塑性加工および機械加工による超微細加工法について紹介します。このような超微細寸法領域では材料はマクロな加工とは異なる特異な材料特性を示します。その一つが延性脆性遷移であり、ガラスやシリコンなどの硬脆材料が破壊を起こしにくくなり、延性モード加工が可能になります。この現象は破壊力学により説明できますが、それに基づくと静水圧が重要な役割を果たしていることが判ります。
 そこで、高静水圧環境下で、硬脆材料の延性加工限界を増大させることが可能になることを示します。次いで超微細加工を利用し、材料表面に種々の微細構造を作製し、その構造により発現する表面機能を創出する技術について説明します。特に注目しているのが金属ナノドットアレイです。
 本講義では、超微細塑性加工を利用し、金属ナノドットアレイを効率的に製造する方法を紹介し、金属ナノドットアレイの光学機能について解説します。さらにその応用例としてバイオセンサーへの応用を紹介します。

■プログラム
第1部 硬脆材料の切削加工に関する基礎と応用

1. ガラスおよびサファイアの加工技術とその特性
 
(1).硬脆材料の加工技術に対するニーズ
 (2).ガラスの微細切削
   a.ガラスの平削り切削における切りくず生成
  b.ガラスの切削過程の監視技術
 (3).ガラスのエンドミル切削
  a.硬脆材料のエンドミル切削におけるメカニズム
  b.ガラスのエンドミル切削特性
 (4).サファイアの切削特性
  a.サファイアの平削り切削における異方性
  b.サファイアのエンドミル切削特性

2. ガラス硬脆材料の切削加工技術の応用展開について
 
(1).ガラスの切削加工の応用
  a.ガラス表面の微細構造加工
   ・多刃微細工具による平削り切削の微細構造加工と応用
   ・エンドミル切削による微細構造加工と応用
  b.エンドミルによるマイクロ検査基板の加工
   ・DNAマイクロアレイに対する応用
   ・微細流路加工に対する応用
  c.ガラスパネルの切り抜き加工
   ・ガラスパネルに対する今後の動向
   ・ガラスの端面加工における切削加工の適用とその特性
   ・化学強化ガラスの切抜き加工における切削特性

3.ガラス加工における今後の展開とトラブル対策
 
(1).ガラスの切削加工における課題
 (2).ウォータジェットによるガラスの微細溝加工(参考)

第2部 硬脆材料の超微細機械加工と機能表面の開発例

1.硬脆材料の超微細塑性加工
 (1).超微細塑性加工装置
 (2).微細ダイヤモンド工具
 (3).超微細塑性加工装置による各種材料の加工例
 (4).超微細加工における硬脆材料の臨界加工量

2.硬脆材料の臨界加工量に及ぼす静水圧の影響
 (1).高静水圧環境切削加工実験装置
 (2).高静水圧環境下での硬脆材料の切削加工特性
 (3).高静水圧環境下での押込み加工試験
 (4).延性脆性遷移機構および静水圧の影響

3.超微細加工を利用した機能表面の開発・高能率化
 (1).表面微細構造により発現する表面機能
 (2).各種機能表面の紹介
 (3).超微細塑性加工を利用した金属ナノドットアレイの開発
 (4).金属ナノドットアレイの光学機能とバイオセンサーへの応用

■キーワード
硬脆材料 微細切削 エンドミル切削 マイクロ検査基板 ウォータジェット ナノドットアレイ

■受講料 (税込)
1名:48600円
同時複数申し込みの場合1名:43200円

■会場

日本テクノセンター研修室
住所: 東京都新宿区西新宿二丁目7-1 小田急第一生命ビル 22階
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666

このセミナーは受付を終了しました。

次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、
以下よりお問い合わせください。

メールを送信する

カテゴリ:

電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

Page Top