セミナー情報

高精度GNSS技術の基礎と応用

~マルチGNSSとは何か、高精度化手法、高精度測位の実運用手法、マルチGNSSによる実証実験~

・高精度測位を対象にしたアルゴリズムや実現手法を最新技術を交え解説する講座
・GPSからマルチGNSSへ移行する高精度測位の手法と運用を学び、システム開発に活かそう!

セミナー詳細

開催日時 2014年07月24日(木) 10:30 ~ 17:30
開催場所 【東京】日本テクノセンター研修室
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備/ソフト・データ解析・画像・デザイン
内容 ~マルチGNSSとは何か、高精度化手法、高精度測位の実運用手法、マルチGNSSによる実証実験~

■概要
・高精度測位を対象にしたアルゴリズムや実現手法を最新技術を交え解説する講座
・GPSからマルチGNSSへ移行する高精度測位の手法と運用を学び、システム開発に活かそう!

■タグ
アンテナ クラウドコンピューティング セキュリティ・暗号 ネットワーク 信号処理 通信 電磁波 放送 無線 GNSS GPS GPU

■日時
2014年 7月24日 (木) 10:30~17:30

■受講対象者
・衛星を利用した高精度測位を始められる方
・実運用に向けた手順について知りたい方
・ナビゲーション、携帯情報端末、測量技術他、関連企業の方

■予備知識
・衛星測位の基礎知識があれば理解が深まります

■修得知識
・高精度測位の手法とその実運用について修得できます

■講師の言葉
 衛星測位は、GPSのみの時代からマルチGNSSの時代へ変化しています。現在はその過渡期で、今後もコンシューマ向けのサービスが継続されると予想されます。その中でも特に高精度測位を対象にしたアルゴリズムや実現手法について紹介したいと思います。
 具体的には、広く知られている1m以内程度の精度のデファレンシャル技術や数cmの精度のリアルタイムキネマティック技術を紹介し、実運用面で重要なVRSの実際についても紹介します。さらに今後期待されている高精度単独測位(PPP)技術について、日本の準天頂衛星をからめて説明いたします。
 技術紹介だけでなく、実際に我々で実験を行った際の動画等もとりいれて、受講者の方が持ち帰ってすぐに実験できるよう、できるだけわかりやすく紹介したいと思います。


■プログラム
1.マルチGNSSとは?
 (1).GPS、GLONASS、BeiDou、Galileo、QZSS
 (2).マルチGNSSの利点と不利な点

2.高精度化するための手法
 (1).DGNSS
 (2).RTK-GNSSとVRS
 (3).PPP

3.高精度測位を実運用するための手法
 (1).基準局の設置と受信機の選定
 (2).補正データの伝送
 (3).受信機側のソフト開発
 (4).実運用されているサービスの紹介

4.マルチGNSSによる実証実験結果
 (1).東京都内での測位結果
 (2).海外の都市部での測位結果

5.今後の方向性


■キーワード
マルチGNSS GPS GLONASS BeiDou Galileo QZSS DGNSS RTK-GNSS VRS PPP

■受講料 (税込)
1名:48,600円
同時複数申し込みの場合1名:43,200円

■会場

日本テクノセンター研修室
住所: 東京都新宿区西新宿二丁目7-1 小田急第一生命ビル 22階
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666

このセミナーは受付を終了しました。

次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、
以下よりお問い合わせください。

メールを送信する

カテゴリ:

電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

Page Top