セミナー情報

溶接・接合技術の基礎とトラブル対策のノウハウ・事例

~溶接・接合の基礎、各種アーク溶接技術とトラブル対策、最新の可視化技術とその応用~

・最新の可視化技術を通して溶接・接合技術の基礎を学び、トラブル対策に活かすための講座
・アーク溶接技術の基礎やプラズマ診断のノウハウを学び、トラブル対策に役立てよう!

セミナー詳細

開催日時 2014年07月04日(金) 10:30 ~ 17:30
開催場所 【東京】日本テクノセンター研修室
カテゴリー 成形・加工・接着接合・材料/品質・生産管理・コスト・安全/研究開発・商品開発・ビジネススキル
内容 ~溶接・接合の基礎、各種アーク溶接技術とトラブル対策、最新の可視化技術とその応用~

■概要
・最新の可視化技術を通して溶接・接合技術の基礎を学び、トラブル対策に活かすための講座
・アーク溶接技術の基礎やプラズマ診断のノウハウを学び、トラブル対策に役立てよう!

■タグ
はんだ レーザ レーザ加工 接着・溶着 溶接・接合

■日時
2014年 7月4日 (金) 10:30~17:30

■受講対象者
・製造業分野において溶接・接合技術に携わることになった技術者
・非破壊検査など品質管理部門において溶接・接合技術の知識を必要とする技術者
・アーク溶接技術の研究開発部門に所属する研究者・技術者
・工業高校や技術専門学校などで溶接・接合技術を教育する教員・指導員
・大学などで熱プラズマ応用を模索する研究者
・熱プラズマ計測や高温計測などに興味のある研究者



■予備知識
・特に必要としません。基礎からわかりやすく解説します


■修得知識
・アーク溶接技術の基礎と基本的なトラブル対策
・溶接アーク現象の定量的な理解と溶融池形成の基本メカニズム
・動的に変動する溶接アークにおけるプラズマ診断のノウハウ


■講師の言葉
 アーク溶接技術は、素材から製品の組み立てに至るものづくりの中核を成す生産加工プロセスとして、あらゆる製造業分野に浸透し活用されている。アーク溶接という生産加工プロセスは、高々1立方センチメートルという空間の中で「電極−アークプラズマ−溶融金属−母材」という固体、液体、気体、プラズマの4つの状態が相互に干渉し合う複雑な高温プロセスである。溶接に携わる研究者・技術者は、この点を十分に理解し、基本的な溶接アーク現象を十分に理解しておくことが肝要である。   一方、高速度ビデオカメラや計測機器に代表されるように、アーク溶接プロセスで生じる現象の「可視化」技術の進展は著しい。今まで見えなかったものが見えるようになったときのインパクトは極めて大きく、現象を支配している自然法則を瞬間的かつ直感的に捉えることができる可能性を秘めている。溶接に携わる研究者・技術者にとって、可視化は、それ自身が目的ではなく、溶接プロセスで生じる現象の理解と予測のための活用に、その主目的がある。本講義では、最新の可視化技術を通してアークの基本について解説するとともに、トラブル対策を交えながらアーク溶接技術についてやさしく解説する。


■プログラム
1.はじめに(基礎)
 (1).各種接合法とその接合機構
 (2).金属の接合方法の分類
 (3).溶接・接合の長所と短所
 (4).溶接部の構成

2.アーク現象とトラブル対策
 (1).直流回路と放電
 (2).アークの発生
 (3).アークとプラズマ
 (4).プラズマの輸送係数とアーク特性
 (5).アークの構造
 (6).電磁ピンチ力とプラズマ気流
 (7).アークの硬直性と磁気吹き
 (8).電極現象と溶滴移行形態
 (9).溶接姿勢とビード形状

3.アーク溶接装置とトラブル対策
 (1).溶接電源の外部特性と動作点
 (2).アーク長の自己制御作用
 (3).交流アーク溶接機と電撃防止装置
 (4).交流アーク溶接機の許容使用率
 (5).直流アーク溶接機とインバータ制御
 (6).ワイヤ送給装置

4.各種アーク溶接法とトラブル対策
 (1).シールドの概念と主なアーク溶接法の概要
 (2).被覆アーク溶接
 (3).ティグ溶接
 (4).プラズマアーク溶接
 (5).マグ溶接・ミグ溶接
 (6).サブマージアーク溶接

5.アーク溶接の自動化とトラブル対策
 (1).アーク溶接ロボットとティーチング
 (2).ワイヤタッチセンサ
 (3).アークセンサ
 (4).視覚センサ

6.熱切断法とトラブル対策
 (1).熱切断法の分類
 (2).ガス切断
 (3).プラズマ切断
 (4).レーザ切断

7.溶接・接合現象の可視化とその応用
 (1).溶接・接合技術における可視化と意義
 (2).アーク溶接の数値シミュレーション
   a.モデル化の基本
   b.数値シミュレーション例1 -溶接アーク現象-
   c.数値シミュレーション例2 -ヒューム生成現象-
 (3).アーク溶接の計測
   a.アークプラズマ計測の基本
   b.イメージ分光によるプラズマ温度のダイナミック測定
   c.イメージ分光による溶滴・溶融池温度のダイナミック測定
 (4).ティグ溶接の可視化とその技術開発への応用
 (5).可視化によるアーク溶接技術の展望

■キーワード
アーク現象 アーク溶接装置 交流アーク溶接機 直流アーク溶接機 ティグ溶接 プラズマアーク溶接 
マグ溶接・ミグ溶接 サブマージアーク溶接


■受講料 (税込)
1名:48,600円
同時複数申し込みの場合1名:43,200円

■会場

日本テクノセンター研修室
住所: 東京都新宿区西新宿二丁目7-1 小田急第一生命ビル 22階
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666

このセミナーは受付を終了しました。

次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、
以下よりお問い合わせください。

メールを送信する

カテゴリ:

電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

Page Top