セミナー情報

流体力学・混相流の基礎および数値シミュレーションによる解析手法と活用法

会場が変更になりました。 ~単相流・混相流の基礎と物理的意味、混相流シミュレーションのノウハウ、活用事例~

・流体力学・混相流の基礎、混相流シミュレーションのよりよい理解を得るためのノウハウや活用の仕方を学ぶ講座
・混相流の基礎と数値シミュレーションの実例を学び、製品開発に活用しよう!



セミナー詳細

開催日時 2014年08月26日(火) 10:30 ~ 17:30
開催場所 【東京】
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備/ソフト・データ解析・画像・デザイン
内容 会場が変更になりました。


~単相流・混相流の基礎と物理的意味、混相流シミュレーションのノウハウ、活用事例~

■概要
・流体力学・混相流の基礎、混相流シミュレーションのよりよい理解を得るためのノウハウや活用の仕方を学ぶ講座
・混相流の基礎と数値シミュレーションの実例を学び、製品開発に活用しよう!



■タグ
エネルギー エネルギーマネジメントシステム シミュレーション・解析 データ解析 画像 機械 最適化・応力解析 制御 電気 流体解析

■日時
2014年 8月26 日 (火) 10:30~17:30

■受講対象者
・混相流の数値シミュレーションに関する初学者
・自動車、プラント、航空機、エンジン、流体機械、船舶、ターボ機器、構造物他の関連企業の方

■予備知識
・初歩的な流体力学の知識が必要です


■修得知識
・混相流の数値計算原理、計算手法の概要、計算上のノウハウ、解析例


■講師の言葉
 単相流の数値シミュレーションは、汎用ソフトが多数存在するように、比較的完成された技術となっている。様々な産業・技術分野において、単相流の数値シミュレーションが活用されるようになっていることは周知の事実であろう。しかし、混相流は理解することが難しい現象を数多く含んでおり、流体力学の中でも研究が進んでいない分野である。このため、混相流の数値シミュレーションは、モデル化が困難な場合が多く、実用化が遅れている。
 本講座では、混相流の数値シミュレーションに焦点を当て、各種現象を理解するとともに、混相流シミュレーションの現状を平易に解説する。まず、単相流と混相流の支配方程式を紹介し、物理的な意味を説明する。次いで、数値シミュレーションの基礎技術として、支配方程式の離散化手法と計算アルゴリズムを解説する。また、数値シミュレーション上の注意点を紹介し、より良い解を得るためのノウハウを説明する。最後に、混相流シミュレーションの実例を紹介し、混相流シミュレーション技術の現状を解説する。

■プログラム
1.流体力学・混相流の基礎
 (1).単相流の支配方程式と物理的意味
 (2).混相流の支配方程式と物理的意味
   a.固気混相流
   b.固液混相流
   c.気液混相流
   d.三相流

2.数値シミュレーションの基礎
 (1).支配方程式の離散化手法
 (2).計算アルゴリズム
 (3).混相流における物理モデル
 (4).混相流シミュレーションのノウハウ

3.活用事例
 
(1).圧縮機翼の電気化学加工プロセス
 (2).サンドエロ―ジョン現象
 (3).溶融液滴の付着現象
 (4).ターボ機械における着氷現象

■キーワード
流体力学 単相流 混相流 固気混相流 固液混相流 気液混相流 三相流 数値シミュレーション


■受講料 (税込)
1名:48,600円
同時複数申し込みの場合1名:43,200円

■会場

NATULUCK飯田橋会議室(東京・飯田橋)      

住所: 東京都千代田区飯田橋4-7-4
   飯田橋グランプラス2F エスプリ
   JR 総武線飯田橋駅東口徒歩5分
   東京メトロ飯田橋駅A4出口徒歩5分


このセミナーは受付を終了しました。

次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、
以下よりお問い合わせください。

メールを送信する

カテゴリ:

電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

Page Top