セミナー情報

ホットメルト接着剤による低圧成形技術の基礎と応用例および効果的な導入のポイント

~初期生産立上げ時の注意事項、量産までの管理法、設計・使用実例およびそのポイント~

・無溶剤化、作業環境や生産性の向上を実現するホットメルト成形を効果的に導入するための講座
・射出成形出来る接着剤を使った成形技術を習得し、生産性の向上と大幅なコストダウンを実現しよう!
・樹脂の適切な選定、金型設計、試作過程の注意点やポイントなどを分かりやすくアドバイスいたします。

セミナー詳細

開催日時 2014年06月26日(木) 10:30 ~ 17:30
開催場所 【東京】日本テクノセンター研修室
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備/成形・加工・接着接合・材料/化学・環境・異物対策/ソフト・データ解析・画像・デザイン
内容 ~初期生産立上げ時の注意事項、量産までの管理法、設計・使用実例およびそのポイント~
■概要
・無溶剤化、作業環境や生産性の向上を実現するホットメルト成形を効果的に導入するための講座
・射出成形出来る接着剤を使った成形技術を習得し、生産性の向上と大幅なコストダウンを実現しよう!
・樹脂の適切な選定、金型設計、試作過程の注意点やポイントなどを分かりやすくアドバイスいたします。
■タグ
センサ はんだ 基板・LSI設計 樹脂・フィルム 成形加工 接着・溶着 蓄電
■日時
2014年 6月 26日(木)10:30~17:30     
■受講対象者
・製造現場において生産技術に関わる方
・ホットメルト低圧成形の基礎から学びたい方
・製品(特にセンサー、スイッチ、基板、バッテリ等の電子部品)の設計、開発、企画等に関わり、ホットメルト低圧成形工法を適用しようとしている技術者の方
■予備知識
・特に必要ありません
■修得知識
・ホットメルト低圧成形工法の基礎(材料、使用例、設備)から応用
・プロジェクトを進めるに当っての注意事項等
■講師の言葉
  10数年前の日本への本格導入以来採用実績例を増やしてきたホットメルト低圧成形工法ですが、一部の本格導入を達成した以外の先では未だに導入にあたっては、適切な樹脂選定、金型設計、しいてはプロジェクトの進め方等に困難を極めるケースもあり、本工法の円滑な導入に至らないケースが見受けられます。
 本講義では過去によくあった本工法の基本的な紹介、アプリケーション例の紹介にとどまらず、プロジェクトの初期段階における重要なポイントである樹脂選定から金型を用いた試作時の注意事項、本格量産までも視野にいれた金型設計、試作過程の進め方等を解説いたします。またプロジェクトをできる限り効率的に最短で完結するために必要な内容について説明します。
■プログラム
1. ホットメルト接着剤を用いた低圧成形工法の基礎
  (1). ホットメルト低圧成形工法の概要
  (2). ホットメルト低圧成形工法の特徴
  (3). ホットメルト接着剤
    a. 熱可塑と熱(反応)硬化の違い
   b. ポリアミド系ホットメルト
   c. ポリオレフィン系ホットメルト
   d. 反応型ウレタン系ホットメルト

2. ホットメルト低圧成形工法の実使用例

3. ホットメルト低圧成形工法に適した製品設計例
   (1). ホットメルト成形部の適切なデザイン例
  (2). 生産性を考慮したデザイン例

4. 適切なプロジェクト進行のノウハウと注意点
   (1). 樹脂選定時の注意点
  (2). 金型を用いた試作時の注意点
     ・ 金型設計からみた留意事項
  (3). 適切な設備選定
  (4). 初期生産立ち上げ時の注意点

5. ホットメルト低圧成形工法の今後の展開

■キーワード
ホットメルト ポリアミド 低圧成形工法 樹脂選定 金型設計 ウレタン ポリオレフィン 
■受講料 (税込)
1名:48,600円
同時複数申し込みの場合1名:43,200円

■会場
日本テクノセンター研修室
住所: 東京都新宿区西新宿二丁目7-1 小田急第一生命ビル 22階
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666

このセミナーは受付を終了しました。

次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、
以下よりお問い合わせください。

メールを送信する

カテゴリ:

電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

Page Top