セミナー情報

不思議遊星歯車減速機の基礎と効率改善設計法

~転位係数の最適化、かみあい率均等化設計法、歯面摩擦係数の決定法とポイント~

・今までネックとなっていた効率の低さを改善する設計法を修得するための講座
・最高効率が出せる不思議遊星歯車のかみあい率均等化設計法を修得し、機械設計に活かそう!
*PCは弊社でご用意いたします

セミナー詳細

開催日時 2014年06月23日(月) 10:30 ~ 17:30
開催場所 【東京】日本テクノセンター研修室
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備
内容
~転位係数の最適化、かみあい率均等化設計法、歯面摩擦係数の決定法とポイント~

■概要
・今までネックとなっていた効率の低さを改善する設計法を修得するための講座
・最高効率が出せる不思議遊星歯車のかみあい率均等化設計法を修得し、機械設計に活かそう!
*PCは弊社でご用意いたします
■タグ


■日時
2014年 6月 23日(月)10:30~17:30   

■受講対象者
・これから遊星歯車減速機に本格的に取り組む機械技術者
■予備知識 
・機械設計の一般的な予備知識
・インボリュート歯車の予備知識
・歯車減速機設計の一般的な予備知識
■修得知識
・転位インボリュート歯車の詳しい設計法
・インボリュート歯車の効率算出法
・不思議遊星歯車減速機の効率改善設計法
■講師の言葉
 奇妙な名称をもつことで知られる不思議遊星歯車減速機は、わずか6個の歯車を使用するだけで小型に構成でき、しかも高減速比が得られるという特長をもっている。そのため、著名な研究者らによって注目されたが、効率が低いことがネックとなり、これまで適用分野が限定されていた。
 そこで演者は、この欠点の改良に取り組み、効率改善設計法を見出した。転位インボリュート歯車の近寄りかみあい率と遠退きかみあい率を均等化する設計法である。
 本セミナーでは、先ず不思議遊星歯車減速機構の基礎を平易に、つづいて効率改善設計法について詳しく述べる。
■プログラム
1. 不思議遊星歯車減速機構の基礎
  (1). 試作例(宇宙マニピュレータ等)
  (2). 遊星歯車減速機の分類
  (3). 従来の不思議遊星歯車減速機機構の効率
  (4). 高効率化設計法の概要
  (5). 名称の由来
  (6). 機構の概要
  (7). なぜキャリアが必要か

2. 従来機構で得られる最高の理論効率
  (1). 高効率化のための歯数組み合わせの系統的な分類
  (2). 歯車対の効率影響係数
  (3). 高効率化のための目的関数
  (4). かみあい率因子の制約領域
  (5). 目的関数の最適化
  (6). 従来設計法で得られる最高効率

3. 高効率化を目的とする転位係数の最適化
  (1). 転位係数を最適化するための諸値の変換
  (2). 目的関数の特徴(効率の尾根)
  (3). 転位係数の制約領域
  (4). 転位係数の最適化
  (5). 最適転位係数

4. 近寄り・遠退きかみあい率均等化による効率改善設計法
  (1). 従来設計法による高効率化の限界
  (2). 「かみあい率一定」条件の設定
  (3). 近寄りかみあい率と遠退きかみあい率を均等化する設計法
  (4). 設計手順
  (5). かみあい率均等化設計法で得られる減速機の最高効率

5. 歯面摩擦係数の決定法
  (1). 重力振子法の原理
  (2). 歯車対の歯面摩擦係数の高精度測定法
  (3). 歯面摩擦係数の歯形方向分布
       完全一歯かみあい
       不完全一歯かみあい
       二歯かみあい
  (4). 平均歯面摩擦係数の算出法

■キーワード
不思議遊星歯車減速機構 転位インボリュート歯車 転位係数 目的関数 近寄り・遠退きかみあい率 歯車摩擦係数 重力振子法 歯形方向分布 

■受講料 (税込)
1名:48,600円     同時複数申込の場合1名:43,200円   
■会場
日本テクノセンター研修室
住所: 東京都新宿区西新宿二丁目7-1 小田急第一生命ビル 22階
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666

このセミナーは受付を終了しました。

次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、
以下よりお問い合わせください。

メールを送信する

カテゴリ:

電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

Page Top