セミナー情報

実務で役立つ材料力学の基礎と安全設計・強度設計への応用とそのポイント ~演習付~

~ 実践で活かす材料力学の基礎知識と設計、応力とひずみ、破壊のメカニズムと事故防止策への応用 ~

機械・構造物の安全設計、強度設計に不可欠な材料力学を基礎から実用のポイントまでを学ぶ講座!
具体的な事故事例を参考にしながら、材料力学の基礎から設計開発の実務で効果的に活用するポイントまでをエキスパートに学ぼう!!

セミナー詳細

開催日時 2014年06月05日(木) 10:30 ~ 17:30
開催場所 【東京】日本テクノセンター研修室
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備/成形・加工・接着接合・材料
内容 ~ 実践で活かす材料力学の基礎知識と設計、応力とひずみ、破壊のメカニズムと事故防止策への応用 ~

■概要
  • 機械・構造物の安全設計、強度設計に不可欠な材料力学を基礎から実用のポイントまでを学ぶ講座!
  • 具体的な事故事例を参考にしながら、材料力学の基礎から設計開発の実務で効果的に活用するポイントまでをエキスパートに学ぼう!!

    ■タグ
    プラント 機械 強度設計 材料力学・有限要素法 疲労

    ■日時
    2014年 6月 5日(木) 10:30~17:30  

    ■受講対象者
    ・機械、自動車、各種構造物等の設計、開発、生産技術、他多くのものづくりに関与されている方

    ■予備知識
    ・高校での簡単な物理/数学レベルの知識があるとよい

    ■修得知識
    ・事故の本質が理解でき、事故防止のために必要な知識の一端が習得でき、機械の設計開発生産技術の向上に役立つ

    ■講師の言葉
     実際に発生した事故例とその原因を考え、機械による事故を防止する設計施工への材料力学の基礎と応用について述べます。事故は簡単なチェック、計算ミス、施工ミス、管理ミスなどヒューマンエラーに基づく場合が多くあります。しかし簡単な材料力学の知識を正確に持っていれば、未然に防げる事故例も多いのも事実です。この講座では材料力学の基礎から実際の設計への応用が可能な複合荷重を受ける軸の計算を目標に述べます。まず実際に発生した事故例を数例紹介しとその原因を考えます。その中で我々が学んでおかなくてはいけない事項が見えてきます。その後材料力学の基礎知識である、材料特性。材料の応力-ひずみ線図、破壊の仕方とその理論的クライテリアを学びます。一軸引張りから二軸引張り-せん断応力作用下での複雑な現象にも挑みます。最後に事故例が多いボルト締結体に関しても実際への応用が図れる事故防止のための簡単な設計法を紹介します。

    ■プログラム
    1.事故例とその原因
     (1).地震によるLPガス用配管フランジ締結部からの漏えい事故
     (2).大型トレーラ暴走事故
     (3).チエーン破断による落下死亡事故
     (4).鋼矢板保持鋼材ボルト破断による崩壊事故
     (5).ボルトの緩みによる鉄道事故
     (6).コースタ支持軸疲労破断による事故
     (7).その他

    2.材料の基本特性と破断の理論
     (1).応力とひずみの定義
     (2).延性材料と脆性材料の応力-ひずみ線図
     (3).一軸引張りにおける破壊のクライテリア-壊れる形態とその理論
     (4).二軸引張りとせん断による材料の破壊のクライテリア
     (5).簡単な演習

    3.ねじりを受ける丸棒の応力
     (1).ねじりトルクとせん断応力の関係
     (2).簡単な演習

    4.実際に起こる破断と応力計算と設計への応用
     (1).引張りとねじりを受ける丸棒の応力と設計
     (2).曲げとねじりを受ける軸の設計

    5.簡単な材料力学を用いてのボルトによる事故を防止する技術
     (1).事故防止のためのボルト締結体の簡単な設計法
     (2).ねじのゆるみ防止法
     (3).ボルト締め付け技術

    ■キーワード
    材料力学 破断 応力 ひずみ 破壊 せん断 応力計算 ボルト ゆるみ防止 強度設計 安全設計 ねじれ

    ■受講料 (税込)
    1名:48,600円
    同時複数申し込みの場合1名:43,200円

    ■会場
    日本テクノセンター研修室
    住所: 東京都新宿区西新宿二丁目7-1 小田急第一生命ビル 22階
    - JR「新宿駅」西口から徒歩10分
    - 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
    - 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
    電話番号 : 03-5322-5888
    FAX : 03-5322-5666

  • このセミナーは受付を終了しました。

    次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、
    以下よりお問い合わせください。

    メールを送信する

    カテゴリ:

    電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

    Page Top