セミナー情報

モチベーションを向上させ、自発性をもった社員の育成・指導法 ~演習付~

~行動への心理的なブレーキの原因と対処法、自分で考えて行動する自発性を持たせる関わり方~

・やる気に火をつけ、チームをまとめるための講座
・部下や後輩、チームメンバーの個々のやる気(モチベーション)を正しく把握、対処する方法を学び、日々のマネジメントに活かそう!

セミナー詳細

開催日時 2014年06月16日(月) 10:30 ~ 17:30
開催場所 【東京】日本テクノセンター研修室
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備/成形・加工・接着接合・材料/化学・環境・異物対策/ソフト・データ解析・画像・デザイン/品質・生産管理・コスト・安全/研究開発・商品開発・ビジネススキル
内容 ~行動への心理的なブレーキの原因と対処法、自分で考えて行動する自発性を持たせる関わり方~
■概要
・やる気に火をつけ、チームをまとめるための講座
・部下や後輩、チームメンバーの個々のやる気(モチベーション)を正しく把握、対処する方法を学び、日々のマネジメントに活かそう!
■タグ
コミュニケーション システム営業 ヒューマンスキル モチベーション・コミュニケーション 教育 人材育成

■日時
2014年 6月 16日(月)10:30~17:30     
■受講対象者
・部下が1名以上いて、モチベーション向上の具体策を知りたい人
■予備知識
・必要ありません
■修得知識
・苦手な社員への対応のヒントを得る
・コミュニケーションによってモチベーションを高める方法が分かる
・行動を上手に促す方法が分かる
・自発性をもった指導法が分かる
■講師の言葉
 「人の能力の差はせいぜい5倍、しかしやる気の差は100倍の差になる。」といったのは、日本電産の永守社長です。
 では、やる気(モチベーション)に火をつけるためにどうすればいいのか?
 よく年俸制による給与アップや昇進機会の提供などが、手法として論じられますが、これらがやる気を向上させるのはあくまで一時的なものにすぎません。
 皆さん、部下の声に耳を傾けてみると、「上司から褒められた時」「自分が必要とされている時」「会社の成長に貢献ができていると感じるとき」「自分が認められた時」などが聞こえてきませんか?
 つまり、金銭やポストといった経済・地位報酬ではなく、コミュニケーション・関係性報酬がほとんどの場合やる気を向上させています。逆にそれらが与えられないとき、やる気は低下しています。 
 今回は、部下や後輩・チームメンバーの個々に異なるやる気(モチベーション)を正しく把握する視点を学び、どのようなコミュニケーション・関係性報酬を提供すればよいかを知り、翌日からのマネジメントに生かしていくことを目的にしています。
■プログラム
1. 相手のモチベーションを高めるコミュニケーションスキル
  (1). 相手と自分のコミュニケーション診断する
    a. ディスカッション どんな時にモチベーションは上がるか、下がるか?
    b. コミュニケーションには4つのスタイルがある
    c. 自分と周囲の人のコミュニケーションスタイルとズレの原因を知る
  (2). タイプ別のコミュニケーション対処法を知る
    a. 4つのタイプ別に褒め方、叱り方、仕事の任せ方、説明の仕方のコツを知る
    b. 具体的な自分のケースで考える
    c. 参加者のケースで講師がアドバイス、フィードバックする

2. 相手が行動しない原因をつかみ、上手に対処する方法
  (1). ディスカッション:なぜ行動しないのか
  (2). 行動のブレーキへの対処、モチベーション不足への対処のコツとは  
  (3). 心理的なブレーキへの原因と対処法を学ぶ
    a. ブレーキ1 何をやるか決めていない 
    b. ブレーキ2 いつやるか、どこでやるか決めていない
    c. ブレーキ3 初めてやる内容なので手順が分からない
    d. ブレーキ4 最初から時間的に無理がある
    e. ブレーキ5 面倒くさい
    f. ブレーキ6 失敗が怖い
    g. ブレーキ7 周囲の目を気にしている
    h. ブレーキ8 過去に失敗体験がある
    i. ブレーキ9 自分に自信がない
  (4). モチベーションの不足原因と対処法を学ぶ
    a. スイッチ1 ビジョンを再確認する
    b. スイッチ2 ご褒美を用意する
    c. スイッチ3 罰を用意する
    d. スイッチ4 誰かに宣言する
    e. スイッチ5 約束する
    f. スイッチ6 お金を投資する
    g. スイッチ7 ベビーステップで始める
    h. スイッチ8 期間限定で始める

3. 自分で考えて動く部下に育てるためにどうするか?
   :部下が自分で考えて行動する自発性を持たせる関わり方
  (1). シンプル質問で考えさせる
    a. 受け止める質問
    b. 思考を広げる質問
    c. 思考を深め整理する質問
  (2). やる気を上げる集中型傾聴
    a. レベルA ただ聴く
    b. レベルB 話したくなるように聴く
    c. レベルC 気づくように聴く

4. クロージング アクションプランとコミットメント
  (1). アクションプランの作成
  (2). 本日の振り返り
■キーワード
モチベーション やる気 関係性報酬 コミュニケーション 行動のブレーキ 傾聴 

■受講料 (税込)
1名:48,600円
同時複数申し込みの場合1名:43,200円

■会場
日本テクノセンター研修室
住所: 東京都新宿区西新宿二丁目7-1 小田急第一生命ビル 22階
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666

このセミナーは受付を終了しました。

次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、
以下よりお問い合わせください。

メールを送信する

カテゴリ:

電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

Page Top