セミナー情報

パテントマップの作り方と使い方および新製品開発・新事業創出への活かし方 ~演習・個別相談付~

~パテントマップ活用のテクニック、立体思考によるアイデア創出のテクニック、ビジネスアイデア創出事例~

・特許情報やQFD、クリティカルシンギングなどの手法を学び、高付加価値の製品やビジネスを創り出すための実践講座
・講師自身が作成した具体的新規事業の事例を通して、新しいアイデア創出の考え方・過程・テクニックが修得出来る特別セミナー!

セミナー詳細

開催日時 2014年06月06日(金) 10:30 ~ 17:30
開催場所 【東京】会場が変更になりました。
カテゴリー 品質・生産管理・コスト・安全/研究開発・商品開発・ビジネススキル
内容
~パテントマップ活用のテクニック、立体思考によるアイデア創出のテクニック、ビジネスアイデア創出事例~
■概要
・特許情報やQFD、クリティカルシンギングなどの手法を学び、高付加価値の製品やビジネスを創り出すための実践講座
・講師自身が作成した具体的新規事業の事例を通して、新しいアイデア創出の考え方・過程・テクニックが修得出来る特別セミナー!
■タグ


■日時
2014年 6月 6日(金)10:30~17:30 

■受講対象者
・新商品・新事業に関する企画や開発に従事している人
・経営・マネジメント層の方
・特許情報やパテントマップ等の活用を考えている人
■予備知識 
・特に必要ありません
■修得知識
・特許情報活用の基礎知識
・パテントマップの作り方とその活用方法
・アイデア創出に関する方法論と具体的な進め方の理解
・事例解説、ミニ演習によるアイデア創出のヒント
■講師の言葉
 大震災・原発事故・混迷する政治等の影響から大きなパラダイムシフトが起き始めています。この価値観の転換は必ずや産業界のビジネスのあり方にも影響を及ぼします。マクロ的な社会背景に立脚しながら、ミクロの顧客ニーズを分析し、新しいビジネスアイデア(新事業や高付加価値ビジネス)を創出することは、これからの企業に強く求められる能力です。
 本セミナーでは、アイデア創出のフレームワークとしてSECIモデル、クリティカルシンキング等の手法を引用しながら、そのステップを理論的に解説し、同時に講師自身が今までに作成した具体的新規事業のビジネスアイデアを通して新しいアイデア創出の考え方・過程・テクニック等を解説していきます。
 形式知の1つである特許情報をパテントマップ活用したミニ演習や、近未来を予想する仮説に基づくミニ演習など、受講者の持つ暗黙知をスパイラル型に組み合わせた単なる座学ではない実践的なセミナーを想定しています。講義では、一部特許情報(特許明細書等)を利用しますが、それほど深く専門的な利用ではありませんので、新ビジネスを考えている方であれば気軽に参加できると思います。
 受講者の皆さんと一緒に、近未来の新しいビジネス(価値)を創出していきたいと思います。
■プログラム
1. パテントマップ活用のテクニック
  (1). 知的財産権の基礎知識
    a. 知的財産戦略の本質
    b. 産業財産権への取り組み方
  (2). パテントマップの基礎知識
    a. 特許情報とパテントマップの関係
    b. 真のパテントマップを考える
    c. 三位一体を具現化する戦術ツールがパテントマップ
  (3). パテントマップの具体的な作成手順
    a. 各種パテントマップツールの選択
    b. マップの目的と対象を明確にする
    c. 本当に役立つパテントマップを作るには
  (4). <ミニ演習>

2. 立体思考によるアイデア創出のテクニック
  (1). アイデア創出の仕組みを理解する
    a. 個人的アプローチと組織的アプローチ
    b. 立体思考とは何か
  (2). 個人的アプローチ ~アイデア創出の源は個人にある~
    a. アイデアの作り方
    b. 異業種情報の活用法 ~非連続の跳躍を目指して~
    c. 創作の三上 ~一瞬のヒラメキを求めて~
  (3). 組織的アプローチ ~アイデアを創出しやすい組織を作る~
    a. SECIモデルによる知識創造組織の在り方
    b. クリティカルシンキング ~本質的思考の習慣付け~
    c. 知的資本経営の在り方
  (4). ビジネスアイデアの考え方
    a. モノからサービスの時代に
    b. QFD(品質機能展開)的発想の重要性 ~ニーズとシーズの相関関係を知る~
    c. アイデアとビジネスの相関性 ~BtoBとBtoCの違い~
  (5). <ミニ演習>

3. ビジネスアイデア創出の事例と演習
  (1). 特許情報をヒントに新たなアイデアを創出した事例 ~規制動向を見る~
  (2). QFDを利用して潜在的ニーズをあぶり出しその解決策を創出した事例 ~ニッチを探せ~
  (3). 異業種の組み合わせから新たなビジネスモデルを創出した事例 ~農業の高付加価値化~
  (4). モノからサービスへ、ITを活用して新たな価値を創出した事例 ~ニーズの本質を探る~
  (5). <ミニ演習>

4. まとめ・総括・質疑応答

5. 個別相談(事前申込制、希望者のみ、1人5~10分程度)

■キーワード
パテントマップ SECIモデル クリティカルシンキング 立体思考 知的資本経営 ビジネスアイデア QFD

■受講料 (税込)
1名:48,600円     同時複数申込の場合1名:43,200円   
■会場
 会場が変更になりました。

工学院大学 オープンカレッジ(旧:エクステンションセンター)(東京・西新宿)
      

住所: 東京都新宿区西新宿1丁目24-1

JR「新宿駅」西口から徒歩5分
都営大江戸線「都庁前駅」
電話番号 : 03-3340-1457

■協賛
 工学院大学 オープンカレッジ

このセミナーは受付を終了しました。

次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、
以下よりお問い合わせください。

メールを送信する

カテゴリ:

電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

Page Top