セミナー情報

人間特性の計測技術と定量・データ化および製品開発への応用 ~個別相談・デモ付~

~人間特性に基づいた製品の着眼点や評価の事例、筋電図・脳波・心電図・脈波などの計測によるデータ化の方法と実際~

・使いやすさを客観化し、人間特性に基づいた製品開発へ応用するための講座
・人間特性の各種計測方法やデータ化のノウハウを修得し、本当に使いやすい製品開発へ応用しよう!

セミナー詳細

開催日時 2014年05月22日(木) 10:30 ~ 17:30
開催場所 【東京】会場が変更になりました。
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備/ソフト・データ解析・画像・デザイン/品質・生産管理・コスト・安全/研究開発・商品開発・ビジネススキル
内容
~人間特性に基づいた製品の着眼点や評価の事例、筋電図・脳波・心電図・脈波などの計測によるデータ化の方法と実際~

■概要
・使いやすさを客観化し、人間特性に基づいた製品開発へ応用するための講座
・人間特性の各種計測方法やデータ化のノウハウを修得し、本当に使いやすい製品開発へ応用しよう!

■タグ


■日時
2014年 5月 22日(木)10:30~17:30  

■受講対象者
・主に手で使う製品の研究開発に携わっている実務者、製品の使いやすさについて客観性を取り入れたいと思っている実務者(家電、医療機器、精密機器、自動車、生活用品、住宅機器、福祉機器等)
■予備知識 
・特にありませんが、可能であれば、人体の解剖学や一般的な計測方法論を知っていると理解がしやすいです
■修得知識
・使いやすさを客観視してデータとして示すために必要な方法論を、入門レベルで獲得いただけます
■講師の言葉
 現在、人間工学や感性工学、ユニバーサルデザインに基づいたといった言葉が製品の売り文句として氾濫していますが、残念ながらそれらの多くは科学的根拠に乏しいものです。人間の解剖学や生理機能を元にした製品の発想と計測データは、使いやすさを客観化し、さらに製品特徴のコミュニケーションツールとしても有用です。
 ここではまず事例を概観して開発時の着眼点や評価方法を知っていただき、使いやすさを論 じるうえで欠かせない感性やアフォーダンス、人間にとっての自然な状態とはなにか、というコンセプトを解説します。その後、他人が使いにくいと思っていることや、本人が使いやすいと思っている理由を説明する課題を行い、人間を科学的に・分析的に捉えることの有効性を実感していただきます。さらに各種計測方法の実際を知っていただくことで、具体的なツールとして使いこなす入口としていただきたいと思います。また受講者から当日寄せられるテーマに対して、人間工学的な側面からアドバイスをお伝えする時間を設ける予定です。
■プログラム
1. 人間特性に基づいた着眼点や評価の事例
  (1). 生活用品
    a. 紙包装
    b. 歯ブラシ
    c. 洗剤ボトル
    d. 飲料用ボトル
    e. シェーバー
    f. カメラグリップ
    g. 筆記具
  (2). 医療器具
    a. 超音波診断装置のプローブ
    b. 外科用剪刀
    c. テープメジャー
    d. 輸液バッグ
    e. その他
  (3). その他
    a. 鉄道車両用手すり
    b. 化粧行為

2. 使いやすさとは
  (1). 感性の解釈
  (2). アフォーダンスは脳の中にある
  (3). 自然な動き、無理のない姿勢とは

3. デザイナの役割(ワークショップ)
  (1). 他人が使いにくいと思うことへの気付き
  (2). 本人が使いやすいと思う理由の説明

4. 大きな個人差
  (1). 身体寸法:平均ではない自分の寸法
  (2). 身体機能:力や巧緻性、利き手
  (3). ものの使い方

5. 計測によるデータ化の方法
  (1). データの必要性と示し方
  (2). 測定の実際(デモンストレーション)
    a. 運動(角度や加速度)
    b. 筋電図
    c. 脳波
    d. 心電図
    e. 脈波
    f. 統計処理 

■キーワード
人間特性 使いやすさ 感性 アフォーダンス 身体寸法 身体機能 筋電図 脳波 心電図 脈波

■受講料 (税込)
1名:48,600円     同時複数申込の場合1名:43,200円   
■会場
 会場が変更になりました。

工学院大学 オープンカレッジ(旧:エクステンションセンター)(東京・西新宿)
      

住所: 東京都新宿区西新宿1丁目24-1

JR「新宿駅」西口から徒歩5分
都営大江戸線「都庁前駅」
電話番号 : 03-3340-1457

■協賛
 工学院大学 オープンカレッジ

このセミナーは受付を終了しました。

次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、
以下よりお問い合わせください。

メールを送信する

カテゴリ:

電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

Page Top