セミナー情報

超音波によるバリ取り技術と処理時間短縮によるコスト削減・高品質化への応用 ~デモ付~

~3D解析に基づくバリの実態解明、各種バリ取り技術と特徴、 人手で取ることが出来ない極・微小バリの除去技術、超音波バリ取り洗浄の原理と特徴、適用事例と応用のポイント~

・使いやすく、コストと品質の大きな大きな改善につながる、超音波バリ取り技術構築のための講座
・用いる材質を選ばず、形状にとらわれず、洗浄しながらバリ取りが可能となる、超音波精密バリ取り技術を修得し処理時間の大幅な時間短縮と、製品の高品質化に活かそう!

セミナー詳細

開催日時 2014年06月24日(火) 10:30 ~ 17:30
開催場所 【東京】日本テクノセンター研修室
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備/成形・加工・接着接合・材料
内容
~3D解析に基づくバリの実態解明、各種バリ取り技術と特徴、
人手で取ることが出来ない極・微小バリの除去技術、超音波バリ取り洗浄の原理と特徴、適用事例と応用のポイント~


■概要
・使いやすく、コストと品質の大きな大きな改善につながる、超音波バリ取り技術構築のための講座
・用いる材質を選ばず、形状にとらわれず、洗浄しながらバリ取りが可能となる、超音波精密バリ取り技術を修得し処理時間の大幅な時間短縮と、製品の高品質化に活かそう!

■タグ


■日時
2014年  6月 24日(火) 10:30~17:30 

■受講対象者
・製品のバリ取りについて、より効率的な処理についてお考えの生産技術者、品質管理担当者
・微細な止まり穴、交差穴、細かいMくらいのねじ穴、0.125mmの光ファイバーコネクタ-の入り口など、
 他の方法では困難なバリ取り処理が必要な関連部門
・電子部品、半導体、携帯電話など通信機器等の関連部門の方々
・自動車、航空機産業界、精密加工品部門における機械加工、切削、研削、鍛造、成型関連部門
・金属、各種プラスチック、ゴム、複合材等の関連部門
■予備知識
・バリ除去について 興味があれば、特に必要としません、基礎からわかりやすく解説します
■修得知識 
・バリ取りの基礎知識
・3D解析に基づくバリの実態解明と、これからのバリ取り技術の提案
・超音波バリ取り技術の特徴と高品質化への応用技術
■講義のポイント 
 日々進化を続ける、精密加工製品の大量生産の時代。生産技術者、品質管理担当者は、バリに悩まされ続けてきました。
 あらゆる既存のバリ取り手段を検討、研究し、使いこなしてきました。 
しかし、自動車部品、電子通信機器部品等など、バリの徐去技術は、今だ満足できる段階に至っておらず、人手に頼らない状況が多いため、バリ取りの工程を必要とする製造を人件費の安い発展途上国に移管せざるを得ない現状があります。
 しかし、人件費の安かった中国などでも 人件費は高昇し、給料を上げてもスキルの向上を認められないバリ取り要員の確保が困難な状況になっています。
 さらに多くの精密加工品においては 人手で取ることが出来ない極・微小バリの除去が、競争を勝ち抜き、受注を増やす絶対条件になっています。
 従来の様々なバリ取り手段では、これが解決できません。この新しい精密製品の大量生産の時代のバリ取り技術として 誕生したのが 超音波バリ取り洗浄技術です。
 私は、超音波バリ取り洗浄技術の開発とその装置の普及を進める過程で、日本のバリ取り研究が、大きく停滞していることを感じてきました。
 日本・超音波洗浄技術の30年の停滞の打破を訴えてきた私ですが、バリについての基礎的研究、各種バリ取り技術の特徴と課題も同じく、今だ整理されているとは言えません、あいまいなままです。
 超音波洗浄の要、キャビティーションのキャビティ(微小真空核群)の解明なくして、超音波洗浄を理解し、大きな進化、革新は達成できません。
 バリ取りも同じです。様々なバリの詳細な解析と従来のバリ取り手段の緻密な解析無くて、安定したバリ取り技術は構築できないと 私は思います。
 本講座では、その前提の上に立ち、新しいバリ取り技術、超音波バリ取り技術の原理と特徴を様々な3D画像と高速動画で、ご覧頂きます。
 生産技術者、品質管理担当の皆様、バリの除去の担当の皆様バリについてこのセミナーがきっかけで、当たらし視点が構築していただければ」大変うれしく思うものです。
■プログラム
1.バリ取り手段の現状と、解析による解明
  (1).3D画像による解明
  (2).材質と加工手段毎のバリの実態解明

2.様々なバリ取り手段とその特徴
  (1).表面の状態変化の解明
  (2).エッジの状態変化の解明

3.超音波バリ取り洗浄の原理
  (1).最新高速映像10000分の1秒以上の動画紹介)
  (2).超音波で発生するキャビティーの解明
  (3).液体の含まれる気体の含有量とキャビティーの形状
     a.前工程である超音波洗浄の原理
       ・汚れが除去される瞬間映像
     b.超音波バリ取りの瞬間映像
     c.超音波バリ取りの原理

4.超音波バリ取りの実例と高品質化への応用
  (1).自動車部品におけるバリ取り
     a.バルブボディ
     b.トランスミッションケース
     c.噴射ノズル、他
  (2).電子部品への適用について
  (3).半導体部品への適用について
  (4).携帯電話部品への適用について
  (5).各種金属への適用について
  (6).プラスチック類ごとの適用と実例

5.超音波バリ取り装置の概要・実例

6.まとめ
  ・質疑応答

■キーワード
超音波バリ取り バリ取り技術 キャビティー 超音波バリ取り装置 キャビティーション  超音波洗浄

■受講料 (税込)
1名:48,600円     同時複数申込の場合1名:43,200円   
■会場
日本テクノセンター研修室
住所: 東京都新宿区西新宿二丁目7-1 小田急第一生命ビル 22階
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666

このセミナーは受付を終了しました。

次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、
以下よりお問い合わせください。

メールを送信する

カテゴリ:

電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

Page Top