セミナー情報

GA(遺伝的アルゴリズム:Gentic Algorithm)による移動体(自動車・船舶・脚型ロボット等)の制御技術とその応用 ~デモ付~

~経験・獲得データに基づく動作モデルの構築と経路計画、数式化や動きが制限される移動体制御法、遺伝的アルゴニズムの基礎、自動駐車システム・自動着岸システムへの適用、移動体・実機への適用と留意点~・人間の制御に近い発想(遺伝的アルゴニズム)に基づく、移動体制制御のための講座・船や自動車などの移動体を実際に動かして計測した情報に基づく経路計画と制御法,および応用へのポイントについて修得し機器制御・製品開発に活かそう!


~経験・獲得データに基づく動作モデルの構築と経路計画、数式化や動きが制限される移動体制御法、遺伝的アルゴニズムの基礎、自動駐車システム・自動着岸システムへの適用、移動体・実機への適用と留意点~
・人間の制御に近い発想(遺伝的アルゴニズム)に基づく、移動体制制御のための講座
・船や自動車などの移動体を実際に動かして計測した情報に基づく経路計画と制御法,および応用へのポイントについて修得し機器制御・製品開発に活かそう!

■タグ


■日時
2014年 6月 19日(木) 10:30~17:30  

■受講対象者
・制御の知識,経験を持たない初心者の方
・移動体の経路計画に興味のある方
・一般的な制御理論とは異なる制御方法に興味のある方
・摩擦係数など不確かな要素を含む移動体の制御に興味のある方
・前進後退を繰り返す必要がある狭い場所への自動駐車システム等の制御関連部門
■予備知識
・特に必要としません、基礎からわかりやすく解説します
■修得知識 
・離散的な獲得データに基づく移動体の経路計画や制御に関する知識
・遺伝的アルゴリズムの基礎から実際の移動体に応用するまでの知識
■講義のポイント 
 人間が船を操縦する場合,船に関する運動方程式やパラメータを詳しく知らなくても、多少の練習をすることで操船できるようになります、
また、目標位置に到達するまでの経路もその都度考えて生成します。
 本講座では、従来の制御工学よりは、上記のような人間の制御に近い発想に基づき、移動体を実際に動かして計測した情報に基づいた経路計画と制御のテクニックについてご説明します。
 具体的には、1/6スケールの模型自動車による自動駐車システムや1/10スケールの模型船による自動着岸システムに適用した例を取り上げて、基礎的なところから段階を踏みながらご説明します。
また、障害物回避や評価関数の違いによる影響などをシミュレーションによるデモで確認しながらご説明します。
■プログラム
1.はじめに
  (1).この講座のねらい
     a.経験に基づく動作モデルの生成
     b.目標位置に到達するための経路計画
(2).対象とする移動体
     a.動作モデルの数式化が困難な移動体
     b.動きが制限される移動体

2.生物の遺伝と工学的な模倣
  (1).生物の遺伝
  (2).工学的な模倣(遺伝的アルゴリズム)
  (3).重要となる用語の説明

3.遺伝的アルゴリズムの基礎
  (1).遺伝子の表現(コーディング)
    a.整数と実数の表現方法
    b.ハミング距離とグレイコード
  (2).遺伝子操作
  (3).評価と選択
  (4).シミュレーションのデモ
  ・交叉や突然変異の役割についての理解

4.自動駐車システムへの適用
  (1).コーディング
  (2).動作モデル(離散)の生成
  (3).評価関数の生成
  (4).障害物回避
  (5).シミュレーションのデモ

5.自動着岸システムへの適用
  (1).コーディング
  (2).動作モデル(連続)の生成
  (3).評価関数の生成
  (4).外乱の影響
  (5).シミュレーションのデモ

6.実機へ適用する際の難しさと対策
  (1).測定誤差の問題と対策
  (2).動きにばらつきがある場合の対策
  (3).サンプリング時間の問題と最適化
  (4).探索経路の最適化と準最適化
  (5).繰り返し探索する必要性
  (6).到達精度の問題と対策

7.その他の移動体への応用
  (1).小型ホバークラフトへの応用
  (2).魚の尾ひれを模倣した船への応用
  (3).故障を想定した脚型ロボットへの応用

■キーワード
動作モデル 遺伝的アルゴニズム 自動車駐車システム 自動着岸システム  障害物回避  探索経路最適化 到達精度 移動体制御
■受講料 (税込)
1名:48,600円     同時複数申込の場合1名:43,200円   
■会場
日本テクノセンター研修室
住所: 東京都新宿区西新宿二丁目7-1 小田急第一生命ビル 22階
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666

セミナー詳細

開催日時 2014年06月19日(木) 10:30 ~ 17:30
開催場所 【東京】日本テクノセンター研修室
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備/ソフト・データ解析・画像・デザイン
内容
~経験・獲得データに基づく動作モデルの構築と経路計画、数式化や動きが制限される移動体制御法、遺伝的アルゴニズムの基礎、自動駐車システム・自動着岸システムへの適用、移動体・実機への適用と留意点~
・人間の制御に近い発想(遺伝的アルゴニズム)に基づく、移動体制制御のための講座
・船や自動車などの移動体を実際に動かして計測した情報に基づく経路計画と制御法,および応用へのポイントについて修得し機器制御・製品開発に活かそう!

■タグ


■日時
2014年 6月 19日(木) 10:30~17:30  

■受講対象者
・制御の知識,経験を持たない初心者の方
・移動体の経路計画に興味のある方
・一般的な制御理論とは異なる制御方法に興味のある方
・摩擦係数など不確かな要素を含む移動体の制御に興味のある方
・前進後退を繰り返す必要がある狭い場所への自動駐車システム等の制御関連部門
■予備知識
・特に必要としません、基礎からわかりやすく解説します
■修得知識 
・離散的な獲得データに基づく移動体の経路計画や制御に関する知識
・遺伝的アルゴリズムの基礎から実際の移動体に応用するまでの知識
■講義のポイント 
 人間が船を操縦する場合,船に関する運動方程式やパラメータを詳しく知らなくても、多少の練習をすることで操船できるようになります、
また、目標位置に到達するまでの経路もその都度考えて生成します。
 本講座では、従来の制御工学よりは、上記のような人間の制御に近い発想に基づき、移動体を実際に動かして計測した情報に基づいた経路計画と制御のテクニックについてご説明します。
 具体的には、1/6スケールの模型自動車による自動駐車システムや1/10スケールの模型船による自動着岸システムに適用した例を取り上げて、基礎的なところから段階を踏みながらご説明します。
また、障害物回避や評価関数の違いによる影響などをシミュレーションによるデモで確認しながらご説明します。
■プログラム
1.はじめに
  (1).この講座のねらい
     a.経験に基づく動作モデルの生成
     b.目標位置に到達するための経路計画
(2).対象とする移動体
     a.動作モデルの数式化が困難な移動体
     b.動きが制限される移動体

2.生物の遺伝と工学的な模倣
  (1).生物の遺伝
  (2).工学的な模倣(遺伝的アルゴリズム)
  (3).重要となる用語の説明

3.遺伝的アルゴリズムの基礎
  (1).遺伝子の表現(コーディング)
    a.整数と実数の表現方法
    b.ハミング距離とグレイコード
  (2).遺伝子操作
  (3).評価と選択
  (4).シミュレーションのデモ
  ・交叉や突然変異の役割についての理解

4.自動駐車システムへの適用
  (1).コーディング
  (2).動作モデル(離散)の生成
  (3).評価関数の生成
  (4).障害物回避
  (5).シミュレーションのデモ

5.自動着岸システムへの適用
  (1).コーディング
  (2).動作モデル(連続)の生成
  (3).評価関数の生成
  (4).外乱の影響
  (5).シミュレーションのデモ

6.実機へ適用する際の難しさと対策
  (1).測定誤差の問題と対策
  (2).動きにばらつきがある場合の対策
  (3).サンプリング時間の問題と最適化
  (4).探索経路の最適化と準最適化
  (5).繰り返し探索する必要性
  (6).到達精度の問題と対策

7.その他の移動体への応用
  (1).小型ホバークラフトへの応用
  (2).魚の尾ひれを模倣した船への応用
  (3).故障を想定した脚型ロボットへの応用

■キーワード
動作モデル 遺伝的アルゴニズム 自動車駐車システム 自動着岸システム  障害物回避  探索経路最適化 到達精度 移動体制御
■受講料 (税込)
1名:48,600円     同時複数申込の場合1名:43,200円   
■会場
日本テクノセンター研修室
住所: 東京都新宿区西新宿二丁目7-1 小田急第一生命ビル 22階
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666

このセミナーは受付を終了しました。

次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、
以下よりお問い合わせください。

メールを送信する

カテゴリ:

電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

Page Top