セミナー情報

自動車の燃費向上に向けた回生制動・エネルギー回収技術とその応用

~電動車両(HEV、PHEV、EV)の省エネ技術、回生制動の基礎と実用例~

・回生制動の基礎から実際までを体系的に理解する講座
・自動車における最新のエネルギー回収・再利用技術を修得し、燃費改善に活かすための特別セミナー!

セミナー詳細

開催日時 2014年05月15日(木) 10:30 ~ 17:30
開催場所 【東京】会場が変更になりました。
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備
内容
~電動車両(HEV、PHEV、EV)の省エネ技術、回生制動の基礎と実用例~

■概要
・回生制動の基礎から実際までを体系的に理解する講座
・自動車における最新のエネルギー回収・再利用技術を修得し、燃費改善に活かすための特別セミナー!

■タグ


■日時
2014年 5月 15日(木)10:30~17:30   

■受講対象者
・製品企画部門、開発担当者、車両・部品関連技術者
■予備知識
・理工系の一般知識があることが好ましい
■修得知識
・エネルギ回収の基礎と省エネ面から見た電動車両の基礎について理解したうえで、回生制動の基礎から実際までを体系的に理解出来ることを目標としている
■講師の言葉
 厳しくなる燃費規制に対応して、エンジンの効率改善や各部損失の低減と並んで、従来廃棄されてきたエネルギーを回収・再利用することで燃費の改善を図る手法にも注目が集まっている。
 ここでは、燃費改善手法を基礎から理解することを念頭に、従来の燃費改善手法の概要について解説した後、エネルギー回収・再利用手法について体系的に解説する。
 その上で、EV、PHEV、HEVなどの電動車両で重要な意味を持っている回生制動の理解を深めるために、電動車両各形態の基礎について解説した後、基礎から実用例、関連する課題など広く解説する。
 あわせて、最近活発になってきたエンジン車の回生制動についても基礎から将来動向までを紹介する。
■プログラム
1. 自動車の燃費を左右する要素と燃費向上技術の概要
  (1). 燃費を左右する要素とその寄与度
  (2). 動力発生源の効率改善手法
  (3). 動力伝達系以降のロスの低減手法

2. ロスの回生(回収/再利用)手法の概要
  (1). 車両の運動/位置エネルギーの回生(回生制動)
  (2). ロスの直接的な回収/回生(廃熱等)
  (3). 回収エネルギーを利用したシステムの高効率化

3. 電動車両(HEV/PHEV/EV)の省エネ手法の概要
  (1). HEVの省エネ技術の概要
  (2). EV・PHEVの構成と効率を左右する要素
  (3). 各電動車両の電池に要求される要件と得失

4. 電動車両の回生制動
  (1). 回生制動の原理と技術の変遷
  (2). 回生制動の効果の大きさとそれを左右する要素
    a. 車両の違いと運用方法の影響
    b. 大型貨物HEVの可能性
    c. 構成部品の満たすべき要件
  (3). 回生制動を支える要素部品とその動向
  (4). 回生・摩擦制動協調制御の現状と課題

5. 回生制動によるガソリン車の燃費向上
  (1). 回生時優先発電による燃費向上手法の原理
  (2). 電動車両との違いと回収可能エネルギーを決める要素
  (3). 実用例と将来動向
  (4). 将来の発展形態と可能性

6. まとめと今後の課題

■キーワード
回生制動 回収エネルギー 燃費向上 回生・摩擦制動協調制御

■受講料 (税込)
1名:48,600円     同時複数申込の場合1名:43,200円   
■会場
 会場が変更になりました。

工学院大学 オープンカレッジ(旧:エクステンションセンター)(東京・西新宿)
      

住所: 東京都新宿区西新宿1丁目24-1

JR「新宿駅」西口から徒歩5分
都営大江戸線「都庁前駅」
電話番号 : 03-3340-1457

■協賛
 工学院大学 オープンカレッジ

このセミナーは受付を終了しました。

次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、
以下よりお問い合わせください。

メールを送信する

カテゴリ:

電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

Page Top