セミナー情報

磁気イメージングの基礎と電流・経路可視化による電子部品故障解析とその応用・例 ~デモ付~

~磁気イメージングの基礎、磁気抵抗効果と装置化技術と応用、高分解能化と画像可視化技術、  応用分野に応じた装置改良、不良解析(Li電池、LSI)事例~

・非破壊検査による電流経路可視化と解析・故障箇所特定のための講座
・磁気を使い電流の流れを可視化するとができる、磁気イメージング技術と用途に応じた装置改良活用・例を、修得し、不良原因の解明に活かそう!

セミナー詳細

開催日時 2014年06月18日(水) 10:30 ~ 17:30
開催場所 【東京】日本テクノセンター研修室
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備/成形・加工・接着接合・材料/ソフト・データ解析・画像・デザイン/品質・生産管理・コスト・安全
内容
~磁気イメージングの基礎、磁気抵抗効果と装置化技術と応用、高分解能化と画像可視化技術、
  応用分野に応じた装置改良、不良解析(Li電池、LSI)事例~

■概要
・非破壊検査による電流経路可視化と解析・故障箇所特定のための講座
・磁気を使い電流の流れを可視化するとができる、磁気イメージング技術と用途に応じた装置改良活用・例を、修得し、不良原因の解明に活かそう!

■タグ


■日時
2014年 6月 18日(水) 10:30~17:30   

■受講対象者
・非破壊検査、非侵襲画像診断、電子部品、電池の画像診断にご興味がある関連部門
・電子部品、プリント基板、電池の不良解析への応用を検討されている方々
■予備知識
・大学卒業程度の工学、(電磁気学)の基礎知識
■修得知識 
・磁気イメージングの基礎理論と技術
・応用分野に応じた装置改良・例
■講師の言葉 
 近年、電子部品の微細化、プリント基板配線の高密度化が進み、電気的な故障が発生した場合、その原因となる
故障箇所の特定が困難になってきた。
 また、次世代のリチウムイオン2次電池の開発では、高いエネルギー密度を実現するために採用するリチウム金属負極において、
充電時に発生するデンドライド状結晶による正負極短絡の抑制技術の重要性が高まってきた。
そこで本研究では物体内部の電流を非破壊映像化する装置を開発しこれまで多くのデバイスの不良原因の解明に貢献してきた。
 本講座では、磁気イメージングの理論と技術について、特に理論的側面について丁寧に解説致します。
更に不良解析の事例を紹介するとともに、ナノスケールの分解能を達成することが可能な最新の映像化法の原理を解説します。
■プログラム
1.磁気イメージングの基礎理論 1
  (1).電流と磁場
  (2).磁場の再構成 ?
     ・ Rothの方法

2.磁気イメージングの基礎理論 2
  (1).磁場の基礎方程式
  (2).電磁場再構成理論

3.磁気イメージング装置
  (1).磁気力 超伝導方式等
  (2).磁気抵抗効果と装置化技術
  (3).さまざまな応用

4.磁気イメージングの理論 3
  (1).高分解能化に向けた基礎理論
     ・X線CTを例に
  (2).積分幾何学的再構成理論

5.応用分野に応じた装置改良
  (1).電池
  (2).LSI配線

■キーワード
磁気イメージング 磁場の基礎方程式 磁気イメージング装置 高分解能化 Li電池 LSI配線
■受講料 (税込)
1名:48,600円     同時複数申込の場合1名:43,200円   
■会場
日本テクノセンター研修室
住所: 東京都新宿区西新宿二丁目7-1 小田急第一生命ビル 22階
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666

このセミナーは受付を終了しました。

次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、
以下よりお問い合わせください。

メールを送信する

カテゴリ:

電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

Page Top