セミナー情報

電子機器・ファンレス・小型密閉機器における熱設計の基礎・放熱対策 ~デモ付~

~伝熱の基礎、小型ファンレス機器の熱問題と熱設計の狙い、ファンレス密閉機器の放熱経路、  密閉ファンレス筐体の熱計算方法、基板・筐体による部品の熱対策、熱設計のポイント・例~

・小型・高密度化、省電力、静音化や耐候性の追求によるファンレス・密閉化機器の熱対策に対応するための講座
・従来の熱対策では、設計工数及びコストの増加が避けられないファンレス小型密閉機器製品の熱設計について、上流段階からの熱設計ルールとプロセスの構築法を修得し、新しい熱対策、設計手法の確立による製品開発に活かそう!

セミナー詳細

開催日時 2014年06月17日(火) 10:30 ~ 17:30
開催場所 【東京】日本テクノセンター研修室
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備/ソフト・データ解析・画像・デザイン
内容
~伝熱の基礎、小型ファンレス機器の熱問題と熱設計の狙い、ファンレス密閉機器の放熱経路、
  密閉ファンレス筐体の熱計算方法、基板・筐体による部品の熱対策、熱設計のポイント・例~


■概要
・小型・高密度化、省電力、静音化や耐候性の追求によるファンレス・密閉化機器の熱対策に対応するための講座
・従来の熱対策では、設計工数及びコストの増加が避けられないファンレス小型密閉機器製品の熱設計について、上流段階からの熱設計ルールとプロセスの構築法を修得し、新しい熱対策、設計手法の確立による製品開発に活かそう!

■タグ


■日時
2014年 6月 17日(火) 10:30~17:30  

■受講対象者
・電子機器設計者、放熱デバイス/材料開発者、品質保証業務に携わる方
・筐体(自然空冷、強制空冷、シエルフ実装)、部品(単体、基板実装、パルス発熱)、
ヒートシンク(熱交換器型、複数部品搭載型)等の熱設計、放熱対策等の関連部門の方々
■予備知識
・高校の物理で習得する程度の伝熱知識
■修得知識 
・伝熱の基礎知識
・部品・基板設計における放熱知識、温度測定の注意点
・密閉ファンレス筐体の熱計算方法
・基板による部品の熱対策 
・筐体(ケース)による熱対策
・筐体を活用した放熱、接触熱抵抗の考え方と対策および熱設計への応用
■講義のポイント 
 スマートフォンやタブレット端末などのファンレス密閉の小型携帯機器はここ数年市場が急拡大し、
今後も成長が期待できる分野である。
しかし、ハードウェアの高性能化や画面の高精細化、機器の小型軽量化により、内部消費電力密度は増大傾向にある。
このようなファンレス小型密閉機器では、基板や筐体への熱拡散を主体とした放熱技術が必要である。
また低温やけど防止のため、表面温度も下げる必要がある。
 本講座では小型携帯型電子機器の放熱対策のポイントとその注意点を中心に解説する。
■プログラム
1.小型ファンレス機器の熱問題と熱設計の狙い
  (1).電子機器の容積と消費電力:自然空冷限界
  (2).最近のタブレット端末の仕様
  (3).温度が高いと発生する問題(半導体寿命)
  (4).温度が高いと発生する問題(電解コンデンサ)
  (5).温度が高いと発生する問題:低温やけど

2.伝熱の基礎知識
  (1).伝熱の基礎式(熱のオームの法則)
  (2).熱伝導の計算式(1次元定常熱伝導)
  (3).対流のメカニズム
  (4).対流熱伝達の計算式(自然対流・強制対流)
  (5).放射のメカニズムと基礎式

3.密閉ファンレス筐体の熱計算方法
  (1).伝熱基礎式から機器の温度を予測する方法
  (2).タブレット端末の放熱能力の限界の計算

4.ファンレス密閉機器の放熱経路
  (1).電子機器の放熱経路
  (2).熱対策の3分類
  (3).密閉筺体の典型的な放熱経路(伝導冷却)
  (4).密閉筺体の熱設計の考え方

5.基板による部品の熱対策
  (1).小型部品の熱は基板で逃がす
  (2).基板の放熱能力を表す等価熱伝導率
  (3).適切なサーマルビアの本数
  (4).高熱伝導基板の注意
  (5).低熱伝導基板の熱設計

6. 筐体(ケース)による熱対策
(1).放射伝熱で部品の温度を下げる
(2).筐体への熱伝導による温度低減
(3).接触熱抵抗を低減するには?
(4).熱伝導シート使用上の注意
(5).サーマルグリース使用上の注意

7.小型部品の温度測定に関する注意事項
(1).熱電対の太さと種類による温度差
(2).熱電対のとめ方による温度差
(3).放射温度計(サーモグラフィ)の測定誤差 

■キーワード
熱設計 ファンレス機器 伝熱 対流熱伝達 放射伝熱 密閉筐体 基板熱対策筐体熱対策  熱伝導シート 密閉ファンレス筐体 低温やけど 

■受講料 (税込)
1名:48,600円     同時複数申込の場合1名:43,200円   
■会場
日本テクノセンター研修室
住所: 東京都新宿区西新宿二丁目7-1 小田急第一生命ビル 22階
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666

このセミナーは受付を終了しました。

次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、
以下よりお問い合わせください。

メールを送信する

カテゴリ:

電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

Page Top