セミナー情報

組込ソフト開発におけるテスト設計手法の改善とテスト結果分析・評価による品質向上 ~演習付~

~組込みスキル標準とソフトウェアテスト管理、組込み系ソフトウェアテストの特徴と品質確保、  製品開発時の単体と機能テストの重要性、テスト・結果分析による品質向上と管理のポイント~

・他社に勝る品質と短期納期化に対応するための講座
・検証コストを押さえたテスト管理と分析手法を講師事例から修得し、高品質なソフトウェア開発に活かそう!

セミナー詳細

開催日時 2014年06月10日(火) 10:30 ~ 17:30
開催場所 【東京】日本テクノセンター研修室
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備/ソフト・データ解析・画像・デザイン/品質・生産管理・コスト・安全
内容
~組込みスキル標準とソフトウェアテスト管理、組込み系ソフトウェアテストの特徴と品質確保、
  製品開発時の単体と機能テストの重要性、テスト・結果分析による品質向上と管理のポイント~


■概要
・他社に勝る品質と短期納期化に対応するための講座
・検証コストを押さえたテスト管理と分析手法を講師事例から修得し、高品質なソフトウェア開発に活かそう!

■タグ


■日時
2014年 6月 10日(火) 10:30~17:30   

■受講対象者
・組込ソフトウェア開発部門担当者
・ソフトウェア関連部門若手担当者
・ソフトウェア開発経験者
・テスト実施担当者やリーダ-の方々  
■予備知識 
・組込ソフトウェア開発またはソフトウェアテスト経験
■修得知識
・組込ソフトウェアテスト手法を習得することができるようになります。
・テスト結果分析と評価が行えるようになります。
・モバイルアプリケーションについて品質を確保する上での観点および対策を修得できます
■講師の言葉
 本講座では、組込ソフトウェア開発現場おけるテスト設計手法およびテスト結果分析と評価手法
および分析手法を含め解説します。
 また、最近急速に普及しているモバイルアプリケーションについても、品質を確保する上での観点
および対策を合わせて解説します。
 講師が実際の現場で体験した成功事例および失敗事例を含め紹介し、明日から使える現場の視点に立った講義をいたします。
■プログラム
1.ノイズトラブルを起こさないために
  (1)組込みスキル標準に見るテスト関連技術者の定義
  (2)品質マネジメントの要素技術
  (3)テスト管理に求められる技術
  (4)結果評価/分析/改善提案に求められる技術

2.製品の品質とソフトウェアテスト
  (1)製品開発におけるソフトウェアの品質
  (2).テストに何を求めるのか
  (3).組込み系ソフトウェアテストの特徴
  (4).効果的なソフトウェアテストのフェーズ作り

3.単体テスト
  (1).単体テストとは
  (2).製品開発における単体テストの方向性
  (3).単体テストのホワイトボックステストとブラックボックステスト
  (4).グレーボックステストの活用

4.パステスト

5.機能テスト
  (1).基盤機能/ミドルウェア事前確認テストの重要性
  (2).機能/結合テストに求められるテスト手法
  (3).システム構成要素の明確化とリソースパス

6.状態遷移テスト

7.テスト実行管理

8.テスト結果分析と評価
  (1).テスト結果分析の意味と目的
  (2).結果分析の2つの方向性
  (3).結果分析による品質水準管理

9.モバイルアプリケーション開発における品質対策
  (1).「エミュレータ」と「実機」
  (2).「想定環境」と「実環境」
  (3).「想定操作」と「実操作」
  (4).「想定事象」と「実事象」
  (5).「想定工数」と「実工数」

■キーワード
ソフトウェアテスト 組込みスキル標準  ホワイトボックステストとブラックボックステスト 組込み機能テスト システム構成要素 アプケーシィン開発 状態推移テスト
■受講料 (税込)
1名:48,600円     同時複数申込の場合1名:43,200円   
■会場
日本テクノセンター研修室
住所: 東京都新宿区西新宿二丁目7-1 小田急第一生命ビル 22階
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666

このセミナーは受付を終了しました。

次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、
以下よりお問い合わせください。

メールを送信する

カテゴリ:

電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

Page Top