セミナー情報

フィラー(添加剤・充填剤等)の活用によるプラスチック複合材料の高機能・高性能化技術

~フィラーの複合化技術、フィラーのカップリング処理と最適利用技術、フィラーと樹脂の混合方法とそのポイント、擬集と分散の使い分け、樹脂・フィラー配合設計技術・トラブル対策~

・高分子ポリマー単独では得られない物性や機能を付与する技術を学ぶ講座
・プラスチック複合材料の高性能化・高機能化を図るためのフィラーの使用方法、制最適な分散配合と制御法を修得し、用途に応じた機能を持つ製品つくりに活かそう!

セミナー詳細

開催日時 2014年05月30日(金) 10:30 ~ 17:30
開催場所 【東京】日本テクノセンター研修室
カテゴリー 化学・環境・異物対策
内容
~フィラーの複合化技術、フィラーのカップリング処理と最適利用技術、フィラーと樹脂の混合方法とそのポイント、擬集と分散の使い分け、樹脂・フィラー配合設計技術・トラブル対策~

■概要
・高分子ポリマー単独では得られない物性や機能を付与する技術を学ぶ講座
・プラスチック複合材料の高性能化・高機能化を図るためのフィラーの使用方法、制最適な分散配合と制御法を修得し、用途に応じた機能を持つ製品つくりに活かそう!

■タグ


■日時
2014年 5月 30日(金) 10:30~17:30  

■受講対象者
・プラスチックのフィラーに関連する技術者 、配合設計技術者
・プラスチック製品に関連する技術者、担当者、管理担当部門
・耐熱性、機械特性、難燃性の向上を目的とした、自動車・航空機等における熱可塑性樹脂の利用  関連部門
・新しい合成法等による高性能化技術による既存素材からの代替材としての利用分野(自動車・自動車内装、家電、携帯電話・スマートフォン、PC、医療、食品容 器、各種樹脂部品、建材 などプラスチックのフィラーに関連する技術者)
■予備知識
・特に必要としません、基礎からわかりやすく解説します
■修得知識  
・フィラーに対するカップリング剤の基礎知識
・フィラーにおける基本的特性の把握(有機、無機、金属材料など)
・界面化学における基本物性
・樹脂/フィラー系の機械的特性、熱的特性、流動特性などの把握
・樹脂/フィラー系におけるトラブル対策
・カップリング剤の最適利用技術の修得
・フィラーの基本的特性評価技術の修得
・樹脂/フィラー系材料の特性評価および配合設計技術
■講師の言葉 
本講座では、実務に即、活かせる知識修得を目的にした
・フィラーに対する最適なカップリング処理の在り方
・トラブル対策
・樹脂中へのフィラーの最適な分散混合技術
・フィラーの分散状態の評価方法等に、ついて
 実例を提示して具体的に解説いたします。
 実用材料を対象として、業務に対する諸問題を解決するためのヒントや実例を、提示しながら、わかりやすく解説します。
■プログラム
1.最近におけるフィラーの複合化技術
  ・ナノ材料を含めて

2.フィラー表面の水

3.フィラー特性
  (1).粒度分布測定時の留意点
  (2).表面凹凸構造とカップリング処理
  (3).表面張力の取り扱い
  (4).板状フィラーの有用性

4.フィラーのカップリング処理
  (1).フィラー表面の酸性度
  (2).カップリング剤の分子量、粘度、添加量の影響
  (3).表面処理装置によるカップリング処理の違い
  (3).スプレドライ法の効能
  (4).金属不純物の影響(熱劣化、変色)
  (5). カップリング剤の樹脂への塗布
  (6).フィラーへの吸着性に及ぼす溶媒の影響

5.フィラーと樹脂との混合方法
  (1).樹脂粘度の影響
  (2).軟質系材料のブリード現象(フィラー形状、加工条件、析出現象)
  (3).樹脂劣化の問題(フィラーや樹脂の酸性度・塩基性度)
  (4).混練順序の影響(樹脂、フィラーの種類、添加剤)
  (5).マスタバッチの効能

6.凝集と分散の使い分け
  (1).耐衝撃性と剛性のバランス
  (2).高熱伝導性材料の作製

7.最近のフィラー分散状態評価技術
  (1).顕微鏡的手法
  (2).X線的手法
  (3).音響学的手法
  (4).レオロジー的手法
  (5).色彩学的手法 

■キーワード
フィラー フィラー複合化 フィラー特性 カップリング剤 ブリード現象 混練 添加剤 フィラー分散 擬集 高熱伝導性材料

■受講料 (税込)
1名:48,600円     同時複数申込の場合1名:43,200円   
■会場
日本テクノセンター研修室
住所: 東京都新宿区西新宿二丁目7-1 小田急第一生命ビル 22階
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666

このセミナーは受付を終了しました。

次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、
以下よりお問い合わせください。

メールを送信する

カテゴリ:

電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

Page Top