セミナー情報

使いやすさの設計方法と機器開発への応用 ~演習付~

~ユーザビリティとユーザ中心設計、使いやすさの設計事例、デザインテクニックとしての代表的な原則~

・ユーザビリティの基礎的な理解と使いやすい機器の設計方法が修得できる講座
・演習や事例を通して、使いやすさの設計方法を修得し、製品開発に応用しよう!

セミナー詳細

開催日時 2014年05月07日(水) 10:30 ~ 17:30
開催場所 【東京】日本テクノセンター研修室
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備/ソフト・データ解析・画像・デザイン/品質・生産管理・コスト・安全/研究開発・商品開発・ビジネススキル
内容
~ユーザビリティとユーザ中心設計、使いやすさの設計事例、デザインテクニックとしての代表的な原則~

■概要
・ユーザビリティの基礎的な理解と使いやすい機器の設計方法が修得できる講座
・演習や事例を通して、使いやすさの設計方法を修得し、製品開発に応用しよう!

■タグ


■日時
2014年 5月 7日(水)10:30~17:30  

■受講対象者
・製品開発担当者、アプリ開発者、ユーザビリティ担当者、企業で使いやすさの研究に従事されている方
・携帯機器、スマートフォン、タブレット、カーナビ、デジカメ、Web、家電、医療機器他関連企業の方
■予備知識 
・特に必要ありません
■修得知識
・ユーザビリティの基礎的な理解と機器の設計方法
■講師の言葉
 使いやすさとはユーザを想定することから始まると言えるでしょう。ユーザを想定し、そのユーザの利用状況に配慮することが結果として使いやすさにつながります。
 本講座では使いやすい製品や事例を基に、使いやすい設計について演習を織り交ぜ解説いたします。デザインテクニックとして代表的な原則についても解説いたしますので、なぜそのデザインなのかを論理的に説明できる知識も身に付きます。
■プログラム
1. ユーザビリティとユーザ中心設計
  (1). ユーザビリティとは
    a. ユーザビリティの定義
    b. ユーザビリティに問題があるとどうなるか
  (2). ユーザ中心設計について
    a. 使いにくいさはなぜ生まれるのか
    b. ユーザ中心設計について

2. 使いやすさの設計事例とその解説
  (1). スマートフォン・タブレットの事例
  (2). PC・Webの事例
  (3). カーナビ・デジカメの事例

3. 基本設計段階のUCD演習
  (1). ユーザ・利用状況の想定
  (2). 要求定義
  (3). 設計解の作成
    a. 操作フロー
    b. 画面レイアウト
    c. アイコン・グラフィック
    d. 文言

4. デザインテクニック ?エンジニアの判断で可能なHCD導入-
  (1). 代表的な原則
    a. 対話の7原則
    b. 設計原則12
    c. 基本原則の紹介

■キーワード
ユーザビリティ ユーザ中心 使いやすさ UCD 対話の7原則 設計原則12

■受講料 (税込)
1名:48,600円     同時複数申込の場合1名:43,200円   
■会場
日本テクノセンター研修室
住所: 東京都新宿区西新宿二丁目7-1 小田急第一生命ビル 22階
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666

このセミナーは受付を終了しました。

次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、
以下よりお問い合わせください。

メールを送信する

カテゴリ:

電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

Page Top