セミナー情報

図解による明確で分かりやすい伝え方技術実践講座 ~演習付~

~グラフで相手を説得する、アイデアの発想と収束、状況認識を共有する~

・プロジェクト現場で使える図解の技法が修得できる講座
・問題構造を整理し、原因や影響を分析し、複数の対応策を考え、最適な解決策を図式化や解決シナリオで効果的に提示できるスキルを身につけるための特別セミナー!

セミナー詳細

開催日時 2014年04月30日(水) 10:30 ~ 17:30
開催場所 【東京】日本テクノセンター研修室
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備/成形・加工・接着接合・材料/化学・環境・異物対策/ソフト・データ解析・画像・デザイン/品質・生産管理・コスト・安全/研究開発・商品開発・ビジネススキル
内容
~グラフで相手を説得する、アイデアの発想と収束、状況認識を共有する~

■概要
・プロジェクト現場で使える図解の技法が修得できる講座
・問題構造を整理し、原因や影響を分析し、複数の対応策を考え、最適な解決策を図式化や解決シナリオで効果的に提示できるスキルを身につけるための特別セミナー!

■タグ


■日時
2014年 4月 30日(水)10:30~17:30  

■受講対象者
・問題意識を持ち、顧客からも上司からも頼りにされ、そして部下からもパートナーからも問題解決を迫られているエンジニアやリーダの方
■予備知識 
・特に必要ありません
 (仕事について問題意識を持ち、問題構造を共有し、その解決について勉強したいと考えている方が望ましい)
■修得知識
・問題についての理解、原因分析の方法、対応策の立案方法、リスクマネジメント、将来問題の認識の仕方、あるべき姿と現状のギャップ分析、認識の共有方法強みと弱みそして機会と脅威の分析、課題の発見、アイデア発想法、意志決定のための方法
■講師の言葉
 プロジェクトの現場で、常に問題解決を迫られている管理者・技術者は、顧客、ステークホルダー、チームメンバと認識の共有は解決シナリオの図式化を求められます。
 有能なエンジニアは、顧客からも上司からも頼りにされ、そして部下からもパートナーからも問題解決を求められます。問題構造を整理し、原因分析、影響分析、複数の対応策を考え、最適な解決策を図式化や解決シナリオで提示することを期待されます。
 本研修では、これらの演習を通じて、具体的に問題構造を分析し、解決策を提示できるスキルを養成します。

■プログラム
1. 図解の必要性と効果
  (1). プロジェクトリーダに求められるスキル
  (2). 顧客・上司が期待する報告

2. グラフで説得、QC7つ道具
  (1). 特性要因図、
  (2). チェックシート
  (3). パレート図
  (4). ヒストグラム
  (5). 層別
  (6). 散布図
  (7). 管理図

3. アイデアの発想と収束 新QC7つ道具を中心に
  (1). BS
  (2). KJ法
  (3). マインドマップ
  (4). 親和図法
  (5). 連関図法
  (6). 系統図法
  (7). マトリクス図法
  (8). アローダイアグラム図法
  (9). PDPC法
  (10). マトリックスデータ解析法

4. 図解による状況認識の共有
  (1). SWOT分析
  (2). クロスSWOT分析
  (3). 事業ドメイン
  (4). WBS図法
  (5). デシジョンツリー分析 

■キーワード
図解 QC7つ道具 新QC7つ道具 問題解決 解決シナリオ 特性要因図 パレート図 ヒストグラム 管理図 マインドマップ マトリクス図法 アローダイアグラム図法 マトリックスデータ解析法 SWOT分析 WBS図法 デシジョンツリー分析

■受講料 (税込)
1名:48,600円     同時複数申込の場合1名:43,200円   
■会場
日本テクノセンター研修室
住所: 東京都新宿区西新宿二丁目7-1 小田急第一生命ビル 22階
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666

このセミナーは受付を終了しました。

次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、
以下よりお問い合わせください。

メールを送信する

カテゴリ:

電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

Page Top