セミナー情報

金属腐食の基礎と防食技術およびトラブル事例と対策~個別相談付~

~腐食の基礎、各種金属材料の耐食性、耐食性環境・腐食形態の分類および特徴、防食技術と腐食問題解決のポイント~

・腐食による金属材料の劣化メカニズムと防食技術を学ぶ講座!
・金属腐食・損傷のメカニズムから問題解決のポイントを修得し、長寿命で信頼性の高い、製品開発に活かそう!

セミナー詳細

開催日時 2014年04月24日(木) 10:30 ~ 17:30
開催場所 【東京】日本テクノセンター研修室
カテゴリー 成形・加工・接着接合・材料
内容
~腐食の基礎、各種金属材料の耐食性、耐食性環境・腐食形態の分類および特徴、防食技術と腐食問題解決のポイント~

■概要
・腐食による金属材料の劣化メカニズムと防食技術を学ぶ講座!
・金属腐食・損傷のメカニズムから問題解決のポイントを修得し、長寿命で信頼性の高い、製品開発に活かそう!

■タグ


■日時
2014年 4月 24日(木) 10:30~17:30  

■受講対象者
・自動車部品、機械部品、発電、配管、プラント、精密機械部品、金属加工に関わる方々
・機械設計、製造関連、建築設備、プラント設備等の技術者、保全関係技術者、品質関連技術者 
 材料メーカーの関連技術者
・金属特に鉄綱製品に関わる技術者の方
■予備知識
・化学、材料の基礎知識 (機械や材料工学の知識があれば、より理解が深まる)
■修得知識
・金属の腐食を科学的・系統的に理解できる
・腐食問題に遭遇した場合の問題解決手法を習得できる
・腐食・防食の基礎的問題を理解する
・各種金属材料の耐食性
・腐食性環境とは何か
・腐食形態の分類および特徴
■講師の言葉
 金属腐食の現象は複雑で多岐にわたる。遭遇する腐食問題は産業分野で千差万別である。
したがって腐食問題の理解には基礎知識の習得が必要になる。
 本講座では基礎の理解から現実の問題まで事例に基づいて網羅的に説明する
 金属材料の腐食障害はさまざまな産業分野で起こり、共通した問題と、それぞれの工業に特有な腐食障害を生じます。
本講座では共通した腐食問題の基礎を学び、それぞれの産業・技術分野で応用を考えます。
 腐食問題を扱う技術者にとって必要な基礎的な知識を習得し、実務に遭遇する腐食問題を解決できる能力を
習得できることを目指します

■プログラム
1.腐食の基礎
  (1).腐食の電気化学的考え方
  (2).腐食因子とは何か。
  (3).保護皮膜及び不動態現象の重要性

2.各種金属材料の耐食性
  (1).炭素鋼・鋳鉄
  (2).ステンレス鋼
  (3).銅および銅合金
  (4).アルミニウム合金

3.腐食性環境とは何か
  (1).淡水と水質化学
  (2).大気腐食、土壌・海水腐食
    
4.腐食形態の分類および特徴
  (1).孔食
  (2).すき間腐食
  (3).応力腐食割れ
  (4).粒界腐食腐食
  (5).微生物腐食(MIC)
  (6).異種金属接触腐食

5.防食技術について
  (1).塗装膜と環境問題
  (2).カソード防食の適用法
  (3).インヒビターの種類と機能

6.腐食問題解決への留意点

7.トラブル事例と対策 

■キーワード
腐食 電気化学 材料耐食性 腐食性環境 応力腐食割れ 異種金属接触腐食 防食技術 カソード防食

■受講料 (税込)
1名:48,600円     同時複数申込の場合1名:43,200円   
■会場
日本テクノセンター研修室
住所: 東京都新宿区西新宿二丁目7-1 小田急第一生命ビル 22階
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666

このセミナーは受付を終了しました。

次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、
以下よりお問い合わせください。

メールを送信する

カテゴリ:

電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

Page Top