セミナー情報

転がり軸受・リニア軸受における信頼性設計と騒音・振動対策

~ワイブル分布、P-S-N曲線、P-F-L曲線の基礎と応用、振動およびアコースティック・エミッションによる異常検出の最新技術~

・ワイブル分布を効果的に用いて信頼性の高い機械設計に応用するための講座
・信頼性データの効果的な収集と活用法、高速化に対応した騒音・振動の発生機構と低減対策などを修得し、トラブルのない製品開発へ活かそう!

セミナー詳細

開催日時 2014年04月21日(月) 10:30 ~ 17:30
開催場所 【東京】日本テクノセンター研修室
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備/品質・生産管理・コスト・安全
内容
~ワイブル分布、P-S-N曲線、P-F-L曲線の基礎と応用、振動およびアコースティック・エミッションによる異常検出の最新技術~

■概要
・ワイブル分布を効果的に用いて信頼性の高い機械設計に応用するための講座
・信頼性データの効果的な収集と活用法、高速化に対応した騒音・振動の発生機構と低減対策などを修得し、トラブルのない製品開発へ活かそう!

■タグ


■日時
2014年 4月 21日(月)10:30~17:30  

■受講対象者
・機械系企業の研究開発,設計,実験,生産,信頼性,品質保証分野等の技術者
■予備知識
・大学や高等専門学校の機械工学科系卒業レベルの基礎知識
・機械要素および機械力学の基礎知識
■修得知識
・ワイブル分布の原理に基づいて転がり機械要素全般にわたる寿命と信頼性予測法および信頼性データの収集と処理法を修得できる
・リニア軸受の音と振動の測定方法,発生機構,およびその対策法を修得することができます
■講師の言葉
[第1部] 
 転がり軸受をはじめリニア軸受やボールねじ、ボールスプライン等転がり機械要素に分類される機械部品は、高い剛性で精密な支持と案内作用、大きな推力で微細な送りおよび滑らかな動力の伝達などができる上、低摩擦でロスが少ないので、省力化トライボロジ要素として工作機械、生産機械、輸送機械など様々な分野で多用される。
 一方、このような要素の転動体は繰返し圧縮力をうけ、理想的な運転条件でも軌道はいずれ疲れに起因して破損する。機械装置に信頼性を織り込むには、信頼性データの裏付の基に標準化され、作り込みが十分な品質の安定した機械部品が、いかに適切に使われるかにかかっている。
 本講では、機械に信頼性を付与するための統計的基礎知識を述べ、ワイブル分布の原理と応用を中心に正規分布や対数正規分布との関連を含め、各種確率紙の成り立ちの原理ならびに材料の評価に対するP-S-N(Probabilistic Stress-life)曲線と転がり機械要素の評価に対するP-F-L(Probabilistic Force-life)曲線に至る基礎と応用について簡潔に講述する。

[第2部] 
 リニア軸受(直線運動を案内するための転がり軸受)は、すべり案内に比べて、スティックスリップ現象がなく、正確な位置決めができるため、従来より、工作機械、ロボット、精密X-Yテーブルなどに広く用いられています。近年、これらの機械は高速化の傾向にあり、リニア軸受の音・振動の低減が重要な課題となっています。
 このセミナーでは、これまでの研究成果に基づいて、リニア軸受の騒音と振動の測定方法、発生機構および低減法をやさしく概説いたします。さらに、振動およびアコースティックエミッションによるリニア軸受の異常検出に関する最新の研究成果をご紹介します。

■プログラム
第1部 誰にも聞けない機械の信頼性設計―基礎と応用―
1. はじめに

2. 基本事項
  (1). 信頼性とは
  (2). 数理統計上のキーワード
  (3). 確率乗法定理

3. ワイブル分布と対数正規分布
  (1). .ワイブル分布の始まり
 (2). 材料の静的強さと寸法効果
 (3). 材料の疲れ強さと寸法効果
 (4). P-S-N曲線
 (5). ワイブル分布と確率紙
 (6). 対数正規分布

4.転がり軸受のP-F-L曲線

5. おわりに

第2部 リニア軸受の騒音・振動の発生機構と低減法

1. はじめに

2. リニア軸受の音・振動の測定方法

3. 音の基本特性

4. キャリッジの固有振動

5. 音の発生機構と低減法

6. 玉通過振動
  (1). 玉通過振動の発生機構
  (2). 玉通過振動を低減法

7. 振動およびアコースティックエミッションによるリニア軸受の異常検出
  (1). 傷の検出
  (2). 潤滑状態の検出

8. おわりに 

■キーワード
転がり軸受 リニア軸受 転動体 ワイブル分布 P-S-N曲線 P-F-L曲線 キャリッジ 玉通過振動 アコースティックエミッション 異常検出
■受講料 (税込)
1名:48,600円     同時複数申込の場合1名:43,200円   
■会場
日本テクノセンター研修室
住所: 東京都新宿区西新宿二丁目7-1 小田急第一生命ビル 22階
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666

このセミナーは受付を終了しました。

次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、
以下よりお問い合わせください。

メールを送信する

カテゴリ:

電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

Page Top