セミナー情報

開発・設計における製品化プロセスと設計手順書作成法・目標達成のノウハウ

~ユーザーの立場から見た満足感を得る製品開発・設計、高付加価値と信頼性を確保した開発設計の狙いとプロセス・設計手順書作成、設計・開発目標達成のノウハウ、情報・デ-タの扱い方と設計ファイル作成法とポイント~

・新規製品開発における品質の向上、低コスト化、開発・開発期間短縮化のための
・製品企画、構想設計、詳細設計における手順書の作り方を学び、製品開発期間の短縮、設計者の即戦力化、
 技術伝承、技術力向上、設計力向上に活かそう!

セミナー詳細

開催日時 2014年04月17日(木) 10:30 ~ 17:30
開催場所 【東京】日本テクノセンター研修室
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備
内容
~ユーザーの立場から見た満足感を得る製品開発・設計、高付加価値と信頼性を確保した開発設計の狙いとプロセス・設計手順書作成、設計・開発目標達成のノウハウ、情報・デ-タの扱い方と設計ファイル作成法とポイント~

■概要
・新規製品開発における品質の向上、低コスト化、開発・開発期間短縮化のための
・製品企画、構想設計、詳細設計における手順書の作り方を学び、製品開発期間の短縮、設計者の即戦力化、
 技術伝承、技術力向上、設計力向上に活かそう!
■タグ


■日時
2014年 4月 17日(木)10:30~17:30  

■受講対象者
・一応、技術に興味がある方とするが、特に制限しない
・質問を頂ければ、さし障りない限り、何でもお答えします
■予備知識 
・技術的興味がある方なら、特に必要としない、理解できるようにお話します
■修得知識
・社内で製品企画、基本設計、見積もり設計、詳細設計の手順書の作成計画を立案し、自らが担当する
設計企画・設計業務を手順書化できるようになります。
・パテントマップおよび設計ファイルシステムの作成
■講師の言葉
 製品の開発、設計と設計手順書作成の関わりおよび実務上の留意点については、
講師の富士重工㈱スバル技術本部において、28年間に亘り新規製品開発を遂行したベテラン技術者の立場から経験談を交え、わかりやすく解説します。
 著名な開発には、乗用車レガシ-などに搭載したボクサ-エンジンやCVT(金属ベルト式無段変速機)などがあります。
レガシ-開発の際、10万km連続走行世界記録達成で信頼性技術を担当し、社長賞を頂きました。
また伝熱やトライボロジ-の研究成果で、東京大学から工学博士の学位を授与されました。
 その後、技術士事務所を設立、技術コンサルタントとして、24年間に亘り多くの企業の技術部門において開発設計や信頼性技術の指導に当っております。
 最近の業務では、商品開発の効率向上のための計画作り、シミュレ-ションを取り入れた設計、信頼性技術や技術情報をまとめた設計ファイル作製などが多いです。
 本講座は講師における50年の経験を活かした、現役技術者の集大成であり、必ずや受講者の方のお役にたつと信じております。
■プログラム
1.開発・設計に必要な考え方
  (1).開発・設計の条件を探る
  (2).目標イメ-ジの組立と設計の感性
  (3).ユ-ザの満足感と不満の解消
  (4).経営から見た商品開発
  (5).時代の波に乗るには

2.開発設計の狙いとプロセス
  (1).設計企画と開発の狙い
  (2).開発・設計プロセスと設計手順書
  (3).アイデアジェネレ-ション
  (4).開発内容を徹底的にレビュ-する
  (5).設計の着手評価と意志決定
  (6).高付加価値と信頼性の考え方

3.開発・設計体制の構築
  (1).技術シ-ズ育成法
  (2).設計手法
  (3).既存技術の応用
  (4).新技術を応用した設計
  (5).既存技術と新技術をどのようにミックスするか
  (6).設計基準と評価基準の確立

4.設計・開発の進め方
  (1).製品タ-ゲットの追求と設定
  (2).製品化設計のプロセス
  (3).設計遂行時のチェックポイント
  (4).構成要素の考え方
  (5).低コストのしくみを追求する
  (6).シミュレーション解析の遂行

5.設計・開発目標達成のノウハウ
  (1). 設計・開発を支えるテクノロジ-
  (2).手法としてのデザインレビュー
  (3).VA(価値解析)の進め方
  (4).目標設定とPERTの使い方
  (5). FTAとFMEAの利用法

6.設計・開発に情報・データをどのように利用するか
  (1).情報ソ-スと情報収集に関して
  (2).設計・開発のための情報・デ-タの扱い方
  (3).情報・デ-タの処理方法
  (4).デ-タバンクの考え方・まとめ方
  (5).パテントマップに関して
  (6).設計ファイルシステム 

■キーワード
開発設計 開発・設計プロセス 設計手順書 設計手法 構成要素 デザインレビュー FTA・FMEA VA 情報・データ処理 設計ファイル

■受講料 (税込)
1名:48,600円     同時複数申込の場合1名:43,200円   
■会場
日本テクノセンター研修室
住所: 東京都新宿区西新宿二丁目7-1 小田急第一生命ビル 22階
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666

このセミナーは受付を終了しました。

次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、
以下よりお問い合わせください。

メールを送信する

カテゴリ:

電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

Page Top