セミナー情報

60GHzミリ波通信技術:WiGigの概要と実装ポイント

~WiGig無線機の技術背景、ミリ波無線機のアプリケーション、技術動向、課題~

・ミリ波無線機の基礎から最新技術・実用化スケジュールなどを学び、製品開発へ活かすための講座
・現状の無線LANに比べ、100倍以上高速な伝送レートが実現でき、スマートフォンやノートPCへの搭載が見込まれているWiGig技術を先取りし、製品開発への応用を急げ!

セミナー詳細

開催日時 2014年04月10日(木) 10:30 ~ 17:30
開催場所 【東京】日本テクノセンター研修室
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備/ソフト・データ解析・画像・デザイン
内容
~WiGig無線機の技術背景、ミリ波無線機のアプリケーション、技術動向、課題~

■概要
・ミリ波無線機の基礎から最新技術・実用化スケジュールなどを学び、製品開発へ活かすための講座
・現状の無線LANに比べ、100倍以上高速な伝送レートが実現でき、スマートフォンやノートPCへの搭載が見込まれているWiGig技術を先取りし、製品開発への応用を急げ!

■タグ


■日時
2014年 4月 10日(木)10:30~17:30  

■受講対象者
・無線機設計者
・高周波ボード設計者
・高周波パッケージ設計者
・ボード・パッケージ材料開発者
・アンテナ設計者
・アナログ回路設計者
・スマートフォン、ノートPC、携帯端末等の開発者
■予備知識
・電気の基本的知識
■修得知識
・無線通信の基本的知識
・無線通信速度の動向
・ミリ波無線機の概要、従来の無線機との違い
・回路技術開発動向
■講師の言葉
 スマートフォンの普及により、携帯端末で扱うデータ量が爆発的に増加しています。同時に、無線通信速度としても、より高速な通信が可能な技術が要求されています。このような中、60GHzのミリ波帯を使う無線通信WiGigでは、現状の無線LANに比べて100倍以上高速な数Gbpsの伝送レートが実現できるため、スマートフォンやノートパソコンへの搭載に向けて期待が高まっています。60GHz帯では世界共通で最大9GHz近い通信帯域の利用が可能であり、実際に10Gbps以上の無線通信を実証する報告例が増えています。
 本セミナーでは、ミリ波無線機の基礎から、最新技術と動向、そして、市場動向など、その最前線を徹底解説いたします。

■プログラム
1. ミリ波とは?
  (1). ミリ波の特徴
  (2). ミリ波のアプリケーション(通信、レーダー、イメージング)

2. WiGig無線機の技術背景
  (1). 無線通信速度の飛躍的向上要求
  (2). 60GHzを用いるミリ波無線通信
  (3). ミリ波無線機のアプリケーション
  (4). 各国の周波数割り当て状況
  (5). ミリ波伝播特性(伝播損失、指向性、回折、干渉)
  (6). 60GHz帯無線規格(WiGig, IEEE802.11ad/802.15.3c, WirelessHD)
  (7). IEEE802.11acとの比較(5GHz帯利用規格)

3. ミリ波無線機の技術動向
  (1). CMOSトランジスタの技術動向
  (2). 受動素子
  (3). 能動素子
  (4). 各社開発動向

4. ミリ波無線機の課題と将来展望・実用化スケジュール
  (1). 無線伝送速度の将来展望
  (2). 消費電力
  (3). CMOSプロセス技術とワンチップ化
  (4). デジタルアシスト無線機
  (5). ミリ波無線機のテストコスト 

■キーワード
ミリ波 WiGig 伝播特性 IEEE802.11ad IEEE802.15.3c WirelessHD  CMOSトランジスタ 受動素子 能動素子 デジタルアシスト無線機
■受講料 (税込)
1名:48,600円     同時複数申込の場合1名:43,200円   
■会場
日本テクノセンター研修室
住所: 東京都新宿区西新宿二丁目7-1 小田急第一生命ビル 22階
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666

このセミナーは受付を終了しました。

次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、
以下よりお問い合わせください。

メールを送信する

カテゴリ:

電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

Page Top