セミナー情報

統合化BOMの基礎と効果的で戦略的な活用法

~統合化BOMの考え方と重要技術、モデルデータによる統合化BOMとVEを融合した事例、メカ・エレキ・ソフトで連携する統合化BOM作成法~

・VE手法を融合した方法で統合化BOMを理解し、納期短縮、設計生産性の向上、製品原価構造の低減に活かす講座
・・活用事例を通して、統合化BOM技術を修得し、競争力強化、生産性向上に役立てよう!
・統合化BOMは設計、調達、生産における発生問題に対して、上流工程から前倒しで解決します。


セミナー詳細

開催日時 2014年04月08日(火) 10:30 ~ 17:30
開催場所 【東京】日本テクノセンター研修室
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備/成形・加工・接着接合・材料/ソフト・データ解析・画像・デザイン/品質・生産管理・コスト・安全/研究開発・商品開発・ビジネススキル
内容
~統合化BOMの考え方と重要技術、モデルデータによる統合化BOMとVEを融合した事例、メカ・エレキ・ソフトで連携する統合化BOM作成法~

■概要
・VE手法を融合した方法で統合化BOMを理解し、納期短縮、設計生産性の向上、製品原価構造の低減に活かす講座
・・活用事例を通して、統合化BOM技術を修得し、競争力強化、生産性向上に役立てよう!
・統合化BOMは設計、調達、生産における発生問題に対して、上流工程から前倒しで解決します。


■タグ


■日時
2014年 4月 8日(火)10:30~17:30  

■受講対象者
・企業内で新製品開発やコストリダクションの役割を担っている方
・ものつくりの人材として将来を託されている方
・設計管理、生産管理、製品開発、経営企画、情報システム他、関連部門の方
■予備知識 
・特に専門的な知識は必要ありません。
バリューエンジニアリング(VE)の基礎やBOMなど分かり易く説明します。
■修得知識
・日常使われている誰でも理解できる製品(瞬間湯沸かしポット)をモデルデータにしたワーキング形式のセミナーです。見える形で習得できます。
また、更に理解から実施化にあたってはオプションでデータの持ち帰りも可能です。
■講師の言葉
 BOM(部品表)は企業で最も重要な情報であるが、その使い方で企業の競争力強化や内部の生産性向上や価値創造への障害になっています。
 統合化BOMは現場からできた考えです。20年の多くの企業のコンサルティング現場での解決方法を普遍化して統合化BOMの考えが出来上がり、大手グローバル企業でも活用されてきました。
 今回は統合化BOMとバリューエンジニアリング(VE)の手法を融合した統合化VEの方法論で新製品開発の進め方をモデルデータのもと紹介して統合化BOMを理解頂きます。製品の機能的な見方、製品構造化(プラットフォーム戦略)、設計がメカ・エレキ・ソフトとして統合化BOMが作成される手順などが見える形で理解できます。
 企業戦略への活用、製品開発を極限まで短縮する、ものつくりの人材育成にお役立てください。
■プログラム
1. BOMの基礎
  (1). BOMの歴史とBOM活用での問題認識

2. 統合化BOMの考え方と重要技術
  (1). 6つの機能BOMと統合化BOMの基本的な考え方
  (2). 4つの統合化戦略の考え方と戦略事例

3. 統合化BOMを理解するためのワークショップ
モデルデータで統合化BOMとVEを融合した事例で紹介します
  (1). 製品開発のフレームワーク
  (2). 顧客要求VOCとテアダウンVAで機能設計
  (3). 製品構造化設計
  (4). メカ、エレキ、ソフトで連携する統合化BOM作成法

4. 統合化BOMの活用事例の紹介
  (1). グローバルで勝ち残る企業のコストガバナンス
  (2). 設計生産を統合する統合化BOMとPLM活用
  (3). 統合化生産管理システムで生産リードタイムを抜本短縮
  (4). コストが下がれば品質が上がる統合化品質革新

5.社内に統合化BOMを展開するためのポイント
  (1). 統合化BOMのツールの事例了解とその活用法
  (2). 統合化BOMを上手に社内展開するための組織活用と役割

6.質疑応答 

■キーワード
統合化BOM 部品表 モデルデータ 顧客要求VOC テアダウンVA 機能設計 製品構造化設計 コストガバナンス PLM 生産リードタイム

■受講料 (税込)
1名:48,600円                     同時複数申込の場合1名:43,200円   
■会場
日本テクノセンター研修室
住所: 東京都新宿区西新宿二丁目7-1 小田急第一生命ビル 22階
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666

このセミナーは受付を終了しました。

次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、
以下よりお問い合わせください。

メールを送信する

カテゴリ:

電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

Page Top