セミナー情報

接着技術の基礎と接着強度・耐久性向上への応用

~分子間力のはたらき、強さの予測、接着破壊予測、接着耐久性向上策~

・くっつくという現象を分子論的観点から解説し、接着強さ・耐久性向上に活かすための講座
・製品設計・品質管理やトラブルシューティングに必須な接着現象の基礎を修得し、実務に応用しよう!

セミナー詳細

開催日時 2014年04月07日(月) 10:30 ~ 17:30
開催場所 【東京】日本テクノセンター研修室
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備/成形・加工・接着接合・材料/化学・環境・異物対策/ソフト・データ解析・画像・デザイン
内容
~分子間力のはたらき、強さの予測、接着破壊予測、接着耐久性向上策~

■概要
・くっつくという現象を分子論的観点から解説し、接着強さ・耐久性向上に活かすための講座
・製品設計・品質管理やトラブルシューティングに必須な接着現象の基礎を修得し、実務に応用しよう!

■タグ


■日時
2014年 4月 7日(月)10:30~17:30   

■受講対象者
・接着の基礎知識を身につけたい方
・接着に関係する材料を開発されている方
・接着についてお困りの方
 (電子部品・プラスチック・ゴム・金属・表面技術その他関連企業の方)

■予備知識
・有機化学の基礎知識
・物理科学の基礎知識

■修得知識
・接着現象と接着界面の相互作用エネルギーに関する知識
・接着している物の強さに関する知識
・接着耐久性に関する知識

■講師の言葉
 くっつくという現象は、接着剤や粘着剤を用いてものと物とをくっつけることは勿論のことシーリング、塗装、印刷は言うに及ばず、インサート成形、アウトサート成形、多相成形などのプラスチック成形加工、ポッティング、封止やアンダーフィルなどの電子部品アセンブリーなど様々の加工工程に於いて重要なポイントとなっている。これらの工程に係る製品設計、品質管理やトラブルシューティングには接着現象についての基礎知識が必須である。
 本セミナーでは、くっつく理屈を分子論的観点からわかりやすく解説し、くっついている物の接着強さや接着耐久性を支配する因子や接着強さと接着耐久性を向上する基礎的な考え方を紹介する。
■プログラム
1. ものと物とがくっつくわけ
  (1). ものと物とがくっつく基本は分子間力
  (2). その他の接着理論
  (3). 分子間力ってなに?

2. 分子間力のはたらき
  (1). 分子間力と表面自由エネルギー
  (2). 表面自由エネルギーと界面自由エネルギー
  (3). 表面自由エネルギーと表面張力
  (4). 表面張力、界面張力とぬれ
  (5). 臨界表面張力

3. くっついている強さを予測する
  (1). くっついているエネルギー:接着仕事
  (2). 液体-液体間の接着仕事
  (3). 固体-液体間の接着仕事
  (4). 固体-固体間の接着仕事
    a. GoodとGirifalcoの提案
    b. Fowkesの提案
    c. 拡張Fowkes式による接着仕事の計算

4. くっついている強さを実測する
  (1). 接着強さの測り方
  (2). 接着強さに影響を与える因子
    a. 応力分布
    b. 粘弾性
    c. 内部応力

5. 接着エネルギーと接着破壊強さ

6. 接着強さを大きくする方法
  (1). 界面の強化
  (2). 粘弾性的配慮

7. くっつけた物を長持ちさせるための基礎知識
  (1). 接着耐久性に及ぼす因子
  (2). 接着耐久性の理論
  (3). 接着耐久性の向上策 

■キーワード
接着 分子間力 表面自由エネルギー 表面張力 界面張力 接着強さ 内部応力 接着破壊強さ 接着耐久性
■受講料 (税込)
1名:48,600円     同時複数申込の場合1名:43,200円   
■会場
日本テクノセンター研修室
住所: 東京都新宿区西新宿二丁目7-1 小田急第一生命ビル 22階
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666

このセミナーは受付を終了しました。

次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、
以下よりお問い合わせください。

メールを送信する

カテゴリ:

電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

Page Top