セミナー情報

流体・熱関連振動とトラブルシューティング

~流体・熱関連振動に関わる流体力学の基礎、ポンプ-配管系の振動、剥離流、噴流による音及び流体振動の発生、実例による流体・熱関連振動現象とその対策事例~

・効果的な振動・騒音対策のための講座
・流体機械における流体・熱関連振動現象を見極める考察力を身につけ、防止対策と正常な状態に戻すための手法を、事例から修得し、改善と対策に活かそう!

セミナー詳細

開催日時 2014年04月04日(金) 10:30 ~ 17:30
開催場所 【東京】日本テクノセンター研修室
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備/化学・環境・異物対策
内容
~流体・熱関連振動に関わる流体力学の基礎、ポンプ-配管系の振動、剥離流、噴流による音及び流体振動の発生、実例による流体・熱関連振動現象とその対策事例~

■概要
・効果的な振動・騒音対策のための講座
・流体機械における流体・熱関連振動現象を見極める考察力を身につけ、防止対策と正常な状態に戻すための手法を、事例から修得し、改善と対策に活かそう!

■タグ


■日時
2014年 4月 4日(金) 10:30~17:30  

■受講対象者
・各種機械・設備の業務に携わっている方々で、機械振動の基礎から応用面に興味を持っておられる技術者
・振動・騒音の低減に携わっている技術者等
■予備知識 
・流体工学・熱工学や物理学の基礎知識を持っていることが望ましい
■修得知識
・流体・熱関連振動の関わる流体・熱力学の基礎
・実際の流体・熱関連振動とその事例解説から、現場設備で発生する異常振動現象を見極める基礎知識
・実プラントにおける的確な調査計画が立案できる基礎知識
・異常流体・熱関連振動問題を解決するためのトラブルシューティングの考え方を修得し、対策指針立案の基礎
■講師の言葉
 流体機械を使用し、流れをともなった設備は数多くあり、これらの設備に発生する振動問題は、構造体を崩壊させるほどの大きな現象を引き起こす。
この現象は流体・熱関連振動とよばれる現象で、設計時予測できる場合もあるが、ほとんどが設備起動直後や熱を伴う現象では定常状態時に超・低周波音を伴った異常振動が突如現れる驚異の現象である。
機械・構造振動では固体の振動を扱うが、流体関連振動では熱を伴った流体の振動を扱い、かつ流体が構造物を加振する現象を取りあつかうので、流体の挙動について熟知することが重要となる。
 例えば、アメリカ合衆国ワシントン州タコマナローズ吊り橋崩壊事故は有名である。この巨大構造物が流体関連振動により、やく19m/sの風で崩壊したのである。この事件は、自然界の中で“風が止まり、振動がおさまるか”、或いは“橋が崩壊するか”のどちらかしかない状況を強いられた事例である。
 この様に流体・熱関連振動は非常に重篤な現象を生み出す現象で、今日では数値解析による解析の進歩も著しく、解析からの現象解明が進んできているが、特に、熱が絡んだ現象は必ずしも理論解析ができるものばかりではない。
 現場で本現象に出くわした場合、まず流体・熱関連振動現象を現象論的に理解考察することが非常に重要である。
そして、技術者は本問題を現場で解決しなければならない責務を覆っている。
 本講座においては、実問題を例にして流体関連振動現象を解説し、その防止対策指針を解説する。
そこから、本流体・熱関連振動現象の基礎となる“流れの挙動”と“振動”の関係を予測する力を養い、その対策案を立案できる力を養って頂くことを目的とする。

■プログラム
1.流体・熱関連振動に関わる流体力学の基礎
  (1).流れによる励起振動
  (2).流れによる励起振動の分類
  (3).流れのモデル化と相似則 
  (4).剥離流
  (5).物体に直交する流れによる励起振動
     a.カルマン渦の発生メカニズム
     b.円形断面、異形断面 柱によるカルマン渦
     c.カルマン渦の発生周波数とロックイン現象
     d.円柱の曲げ振動
     e.円管群による渦励起振動と気柱共鳴

  (6).物体に平行な流れによる励起振動
     ・円管群と平行流による配管の振動
  (7).管内流れによる気柱振動
     ・ポンプ-配管系の振動
  (8).剥離流、噴流による音及び流体振動の発生
  (9).熱に起因する燃焼振動
     a.燃焼と音・振動
     b.燃焼振動

2.実例による流体・熱関連振動現象とその対策事例
  (1).円管群に直交する流れによる自励振動と共鳴
      a.事例1:火力発電所ボイラ熱交換器部
      b.事例2:熱交換器
  (2).遠心送風機の旋回失速と流体・熱関連振動
      a.事例1:並列2基遠心送風機とダクト系の振動
      b.事例2:遠心送風機とダクト系の振動
      c.事例3:遠心送風機の軸受け強度不足による流体関連振動と超・低周波音
  (3).熱風炉、燃焼器と気柱共鳴・振動
      a.事例1:炉内燃焼共鳴現象
      b.事例2:火力発電ボイラ用混焼バーナが起因した燃焼振動
      c.事例3:旋回流付きバナーによるガス処理炉の燃焼振動と共鳴現象
  (4).航空機テスト設備における流体関連振動
      ・事例1:航空機テスト設備による流体関連振動と超・低周波音
  (5).ポンプー配管系の振動
      ・ポンプー配管系の管内振動

■キーワード
流体・熱関連振動 流体力学 励起振動 配管の振動 流体振動 流体・熱関連振動現象

■受講料 (税込)
1名:48,600円     同時複数申込の場合1名:43,200円   
■会場
日本テクノセンター研修室
住所: 東京都新宿区西新宿二丁目7-1 小田急第一生命ビル 22階
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666

このセミナーは受付を終了しました。

次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、
以下よりお問い合わせください。

メールを送信する

カテゴリ:

電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

Page Top