セミナー情報

製品使用感をより向上させる組込み機器の画面設計基礎講座 ~1人1台PC実習付~

~ヒューマンインタラクションの基礎、よいインタラクションデザインのデザイン原則・パターン、ユーザーエクスペリエンスデザイン演習 ~

・使い勝手を良くし、ユーザーの使用体験を向上するユーザー・エクスペリエンスデザインを修得する講座
・製品使用感をより向上させるために有用な手法を修得し、より使いやすい機器の開発に活かそう!

*PCは弊社でご用意いたします

セミナー詳細

開催日時 2014年04月01日(火) 10:30 ~ 17:30
開催場所 【東京】日本テクノセンター研修室
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備/ソフト・データ解析・画像・デザイン
内容
~ヒューマンインタラクションの基礎、よいインタラクションデザインのデザイン原則・パターン、ユーザーエクスペリエンスデザイン演習 ~
■概要
・使い勝手を良くし、ユーザーの使用体験を向上するユーザー・エクスペリエンスデザインを修得する講座
・製品使用感をより向上させるために有用な手法を修得し、より使いやすい機器の開発に活かそう!

*PCは弊社でご用意いたします
■タグ


■日時
2014年 4月 1日(火) 10:30~17:30  

■受講対象者
・情報機器、複写機、デジタルカメラ、カーナビ、エアコン、冷蔵庫、掃除機、ロボット、アプリケーションソフト、Webサイトのユーザーインターフェース、操作画面の設計者、評価者、リーダー
■予備知識
・特に必要ありませんが、何らかのプログラミング知識があるとよいです

■修得知識 
・インタラクションデザインに関する知識
・情報機器、アプリケーションソフト、Webサイトの使い勝手を良くするための知識
・インタラクションデザイン手法を現場で実践する力

■講師の言葉 
  近年、スマートフォンやタブレット端末のユーザーインターフェースデザインに代表される様に、ユーザーが製品を使用する過程を体験と捉え、そのユーザ体験を高めるデザイン手法、ユーザーエクスペリエンスデザインが着目されてきています。これからは、複写機、デジカメ、カーナビ、エアコン、冷蔵庫、掃除機、ロボットといった組み込み機器でも、取り入れられて行くでしょう。このデザインのアプローチは、ハードウェアに制約のある組込み機器であっても、製品使用感をより向上させるために有用な手法と考えられます。
 本講座は、ヒューマンインタラクションデザインの基礎や、使い勝手を良くするデザイン原則、デザインパターンを体系的に学習すると共に、実際にユーザーエクスペリエンスデザインプロセスによって画面設計を行い、プロトタイピングする演習(Android使用)を行います。学習した内容は、情報機器やアプリケーションソフト、Webサイト関連の仕事に活用でき、良い製品を生み出して行くお手伝いができれば良いと考えております。
■プログラム
1.ヒューマンインタラクションの基礎
  (1). 認知工学とは
  (2). 人間の知覚
  (3). 人とコンピューターのインターフェース
  (4). メンタルモデル
  (5). メタファ
  (6). アフォーダンス
  (7). ヒューマンインターフェース
     a.入力インターフェース
     b.出力インターフェース
  (8). GUI
     a.GUIの基本
     b.WYSIWYG
     c.WIMPインターフェース

2.デザイン原則・パターン
  (1). ノーマンのデザイン原則
     a.可視性
     b.よい概念モデル
     c.自然な対応付け
     d.フィードバック
  (2). シュナイダーマンの対話設計における8つの黄金律
     a.一貫性
     b.ショートカットの用意
     c.フィードバックの提供
     d.達成感を与える対話の実現
     e.簡単なエラーの処理
     f.逆操作が可能
     g.主体的制御権の提供
     h.短期記憶の負担の減少
  (3). デザイン原則・ガイド事例
  (4). デザインパターン事例

3.組込み機器の画面設計
  (1). 組込み機器の画面課題
  (2). 解決策まとめ
  (3). 組込み機器GUIアーキテクチャ
  (4). GUIプログラミングの特徴
     a.一般的な実装方法
     b.MVCアーキテクチャ

4.インターフェースの評価技法
  (1). 専門家による評価
  (2). ユーザーによる評価
  (3). その他の評価
  (4). 行動分析

5.コンピュータインタラクション最新事例
  (1). 空間型インターフェース
  (2). ノンバーバルインターフェース
  (3). 考察演習

6.画面デザイン方法論
  (1). 情報アーキテクチャ(IA)
  (2). 人間中心設計(HCD)
  (3). ユーザーエクスペリエンス(UX)デザイン

7.組込み機器とUXデザイン

8.UXデザインプロセス
  (1). 演習の進め方
  (2). 例えば何を作るか
  (3). グループ演習
  (4). グループ発表

8.UXデザインプロセス
  (1). ユーザー調査
  (2). ペルソナ
  (3). ストーリーボード
  (4). 要件からデザインへ
  (5). プロトタイピング
  (6). ユーザビリティテスト

9.Androidを使ったプロトタイピング
  (1). Android概要
  (2). Androidアプリ開発方法
    a.プロジェクト作成
    b.AndroidManifestの編集
    c.値定義
    d.画面作成
    e.Javaソースコードプログラミング
    f.AVDによる動作確認

10.UXデザイン演習
  (1). 演習の進め方
  (2). 例えば何を作るか
  (3). グループ演習
  (4). グループ発表

■キーワード
ヒューマンインタラクション GUI ユーザビリティテスト インタラクションデザイン デザインパターン ユーザーエクスペリエンス プロトタイピング
■受講料 (税込)
1名:49,680円    同時複数申込の場合1名:44,280円   
■会場
日本テクノセンター研修室
住所: 東京都新宿区西新宿二丁目7-1 小田急第一生命ビル 22階
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666

このセミナーは受付を終了しました。

次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、
以下よりお問い合わせください。

メールを送信する

カテゴリ:

電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

Page Top