セミナー情報

マネジメント力と戦略への活かし方実践講座

~「自社」の分析と把握、「自社」の社内向け戦術法、「自社」の市場・社会での戦略法~

・自らの技能、知力を体系化して、活用する方法を学び、企業戦略に活かそう!
・組織力を高め、自社の戦略に活かすための特別講座!

セミナー詳細

開催日時 2014年05月02日(金) 10:30 ~ 17:30
開催場所 【東京】日本テクノセンター研修室
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備/成形・加工・接着接合・材料/化学・環境・異物対策/ソフト・データ解析・画像・デザイン/品質・生産管理・コスト・安全/研究開発・商品開発・ビジネススキル
内容 ~「自社」の分析と把握、「自社」の社内向け戦術法、「自社」の市場・社会での戦略法~

■概要
・自らの技能、知力を体系化して、活用する方法を学び、企業戦略に活かそう!
・組織力を高め、自社の戦略に活かすための特別講座!

■タグ
イノベーション コミュニケーション ヒューマンスキル モチベーション・コミュニケーション 業務改善 経営・マネジメント

■日時
2014年 5月 2日 (金) 10:30~17:30

■受講対象者
・リーダー、係長、マネージャー以上の方、または見込みの方
・経営者、管理職の方
・マネジメント&イノベーション力を日常にしたい方、自己実現を目指したい方、是非参加してください

■予備知識
・マネジメントの基本知識(常識的知識)

■修得知識
・マネジメント体系とその応用方法

■講師の言葉
 マネジメントは、企業の知識・技術の特異性と、市場・社会の期待を重ね合わせ、市場と社会をリードするのが目的のはずです。そこに、企業が生き残り、発展していく道があります。企業の一つ一つの部署が役割と目的を知覚し、集中し、同時にすべての部署が一つにまとまるのが一番良いはずです。さらに、すべての人材が、自らの力が十分に発揮できるようにしなければなりません。現実には難しい。ですが、少しでも、あるべき姿に近づけるようしたい。
 マネジメントは、人材と商品、知識・技術と市場・社会を体系化し、構造化し、機能化するためのものです。マネジメントは社内に働きかけますが、機能する場が市場・社会でなければなりません。社内が活性化する、人材の一人一人がイキイキとしているのは、市場と社会で「自社」が機能しているからです。
 マネジメントは、戦術と戦略の違いと特徴を認識して、現在と未来の市場に機能させなければ意味がありません。儲けるためだけのマネジメントは組織を疲弊させるのは多くの人が知っているでしょう。リーダーの役割は、現在を軸にして、未来を設計し、近未来を作りだし、「自社」を市場と社会で機能化させているはずです。
マネジメント知識を展開させて、自らの技能、知力を体系化して、十分に活用できる方法をまとめてみましょう。

■プログラム
1.マネジメント意識チェック
  (1)マネジメント体系を確認する
  (2).マネジメント、イノベーションの基本
  (3).成長と目標設定の方法

2.「自社」の状態を分析し把握する
  (1).人材の知力・行動力を、把握する
     ・揺るがぬ基準を持って、できるだけ成長を含めて分析する
     ・時間軸を持って客観視できるようにする
  (2).「自社の特異」を全員が把握できるようにする
     ・知識の特異、技術の特異を整備する
     ・特異の活用状態を把握する
  (3).「自社」と市場・社会の関係性を「見える化」する
     ・商品(製品&サービス)を分類する
     ・商品の成長性を計測する
     ・「自社」の市場形成条件を探り、市場適正を確認する

3.「自社」の社内向け戦術
  (1).戦術と戦略の違いとその定義
  (2).企業内での戦術
     ・知識と技術、商品と人材の機能化を図る
     ・人材の強みの集合で特異を作りだす
     ・知識、技術、市場、社会の情報流を作りだす
  (3).知識労働者の扱い
     ・知識生産性の効率は未来を創ることである
     ・未来に向けての成果を重視する
  (4).資源を生み出す
     ・知識と技術を資源に置き換え、社会に供給する
     ・資源材料を構築する
  (5).チームワーク
     ・今と未来の成果を明らかにする
     ・信頼をスタートにし、信頼を大きくする
     ・成果評価から人材の最大を引き出す

4.「自社」の市場・社会での戦略
  (1).コミュニケーション
     ・コミュニケーションの意味を確認する
     ・社外とのコミュニケーション計る
  (2).戦略要素
     ・社内要因と社外要因を取り出し、区分し、体系化する
  (3).戦略策定
     ・社会要素が戦略要素になる
     ・戦略要素の構造化で、機能を作りだす
     ・戦略をチェックリストにする。(戦略のない経営はない)

5.意思決定について
  (1).定量的意識決定から定性的意思決定へ
     ・定量は現在から近未来で、定性は未来への戦略材料となる
  (2).劣後順位と時間管理で強みの集中を計る
  (3).リスクの最小化でイノベーション機会を計る

6.まとめ
  (1).「自社」機能と市場・社会の関係をチェックする
  (2).「自社」の特異を列記する

特典(フォローアップの1ヶ月間)
 本研修にはフォローアップ期間を1ヶ月間つけています。研修終了後、職場に戻って、実践をしながら学んだことを確認してください。その過程での疑問、問題が起こった場合、対策にお応えします。

■キーワード
マネジメント リーダー 企業の成果 リーダー性 部下育成 企業の目的 チームリーダー 
人間力 リーダー指導力 仕事成果 仕事効果 目標達成 目標設定 管理能力

■受講料 (税込)
1名:54,000円
同時複数申し込みの場合1名:48,600円

■会場
日本テクノセンター研修室
住所: 東京都新宿区西新宿二丁目7-1 小田急第一生命ビル 22階
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666

このセミナーは受付を終了しました。

次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、
以下よりお問い合わせください。

メールを送信する

カテゴリ:

電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

Page Top