セミナー情報

プラスチック加飾技術の基礎と質感・高級感を向上させる多様な加飾事例 ~デモ付~

~加飾技術の全体像、個々の加飾技術・トレンド、今後の技術・市場動向~

・数名の講師が具体的な加飾手法について紹介!
・多種多様な加飾技術について修得し、製品差別化につながる加飾コンセプトのアプローチが理解できる講座!
・加飾技術について幅広く把握することで高付加価値な自社製品に合った手法が分かる特別講座!

セミナー詳細

開催日時 2014年05月16日(金) 10:30 ~ 17:30
開催場所 【東京】日本テクノセンター研修室
カテゴリー 成形・加工・接着接合・材料
内容 ~加飾技術の全体像、個々の加飾技術・トレンド、今後の技術・市場動向~
■概要
・数名の講師が具体的な加飾手法について紹介!
・多種多様な加飾技術について修得し、製品差別化につながる加飾コンセプトのアプローチが理解できる講座!
・加飾技術について幅広く把握することで高付加価値な自社製品に合った手法が分かる特別講座!
■タグ
プラスチック 樹脂・フィルム 商品開発 塗装・塗布 表面処理・めっき
■日時
2014年 5月16 (金) 10:30~17:30
■受講対象者
・加飾技術による品質の向上、差別化を目指す研究、開発、企画、デザイン、品質担当者
・自動車、モバイル機器、家電製品、OA機器、家庭用品、化粧品などに関わる方、樹脂製品に関わる方、塗装、メッキ、蒸着などの表面処理に関わる方
■予備知識
特になし
■修得知識
・付加価値をだす加飾技術の基礎から最新動向まで
■講師の言葉
 多くの製品が急速にコモデティ化している。特に、スマートフォンや電子書籍ビューワーなどデジタルデバイス類は劇的に変化している。コモデティ化に対抗する価値として、人間の感覚や経験などのヒューマンファクターが注目されるであろう。メッキ、塗装、フィルム加飾など、従来の加飾と技術動向を概観し今後を考える。
 従来では、加飾技術を主としたトレンドが理解されてきたであろう。すなわち、塗装やメッキやフィルム加飾のような製造からのアプローチである。しかし、コモデティ化の元では、技術リソースアプローチでは差別化要因とならない。技術リソースアプローチから加飾コンセプトアプローチへと変らざるを得ないのであろう。
■プログラム
1. 加飾技術の全般

2. オンデマンド水圧転写画像形成 ~デモ付~

3. フィルム加飾

4. 銀鏡塗装 ~デモ付~

5. 構造加飾(発色概要)

6. 加飾市場の紹介

それぞれの内容について、各講師が紹介予定
■キーワード
加飾技術 フィルム加飾 塗装 銀鏡 発色 プラスチック モバイル機器 自動車 電子機器 製品開発 脱コモディティ化
■受講料 (税込)
1名:48,600円
同時複数申し込みの場合1名:43,200円
■会場
日本テクノセンター研修室
住所: 東京都新宿区西新宿二丁目7-1 小田急第一生命ビル 22階
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666

このセミナーは受付を終了しました。

次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、
以下よりお問い合わせください。

メールを送信する

カテゴリ:

電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

Page Top