セミナー情報

ヒューマンエラーの未然防止とその具体的な対応法

~ヒューマンエラーの発生要因・エラー撲滅の勘所・防止対策手法・事例~

・経験を基に実例を交え、基本的な対策手法から本質的な対策につながるノウハウまで解説する講座!
・ヒューマンエラー防止の手法や組織管理を習得し、事故や製品不良の未然防止・安全確保に活かそう!

セミナー詳細

開催日時 2014年06月20日(金) 10:30 ~ 17:30
開催場所 【東京】日本テクノセンター研修室
カテゴリー 品質・生産管理・コスト・安全
内容 ~ヒューマンエラーの発生要因・エラー撲滅の勘所・防止対策手法・事例~
■概要
・経験を基に実例を交え、基本的な対策手法から本質的な対策につながるノウハウまで解説する講座!
・ヒューマンエラー防止の手法や組織管理を習得し、事故や製品不良の未然防止・安全確保に活かそう!
■タグ
ヒューマンエラー 海外進出・中国 業務改善 生産管理 品質管理
■日時
2014年 6月20日 (金) 10:30~17:30
■受講対象者
・工場経営幹部、生産技術、品質保証、安全衛生関係の管理者、技術者
・ものづくりの現場で散発的あるいは恒常的な不良に悩まされている方
■予備知識
特にありません
■修得知識
このセミナーを受講するとヒューマンエラーの基本知識の習得が出来、その本質が理解できます。そしてその対策についても具体的な対応が可能となるとなるよう事例を含めた知識が習得できます。
■講師の言葉
 「工場内で事故や不良が散発し、いろいろ手を打っているつもりだがなかなか収束しない」このようなお悩みを持っている方はいませんか。
 このような事故/不良は一度ヒューマンエラーというものを広い視点から見直し、ヒューマンエラーはなぜどのように起きるのか、どのような対策をとればよいかについて検討する必要があります。
 本講座ではこのような観点から製品不良や安全衛生のヒューマンエラーを解説し、それぞれのエラーに対し基本から見直し、本質的な対策が可能となるよう実例を含め分かり易く説明いたします。
■プログラム
1. ヒューマンエラーはなぜ起きるのか?
  (1). ヒューマンエラーによる大事故例
  (2). ヒューマン(人間)の基本特性
  (3). ヒューマンエラーの多い企業構造
  (4). なぜヒューマンエラーは減らないのか

2. ヒューマンエラーとは?
  (1). 昔の事故原因
  (2). ヒューマンエラーとは?
  (3). 人間工学的視点からのヒューマンエラー
  (4). 産業心理学的視点からのヒューマンエラー
  (5). システム面からのヒューマンエラー

3. エラーから学ぶ
  (1). エラーの分析手法
  (2). 原因遡及と分析フロー
  (3). 再発防止策/未然防止策

4. ヒューマンエラーの撲滅
  (1). ヒューマンエラー撲滅8つの勘所
  (2). 安全文化の構築と事故防止のモデル
  (3). ヒューマンエラー対策の視点と対策手法
    a. ミスを減らす考え方
    b. 見える化
    c. ポカヨケ対策の種類
  (4). よくある不良の未然防止策

5. 事例紹介
  (1). 本事例のポイント(問題点)
    a. すべてポカヨケで対応は出来ない
    b. すべて機械で対応も出来ない
    c. 時間、手間がかかる
    d. 従来の組織ではやりきれない
  (2). 改善推進体制の例
  (3). 成功に導くための留意点
■キーワード
ヒューマンエラー ポカミス 人間工学 産業心理学 安全文化 見える化 原因訴求 再発防止 未然防止
■受講料 (税込)
1名:48,600円
同時複数申し込みの場合1名:43,200円
■会場
日本テクノセンター研修室
住所: 東京都新宿区西新宿二丁目7-1 小田急第一生命ビル 22階
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666

このセミナーは受付を終了しました。

次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、
以下よりお問い合わせください。

メールを送信する

カテゴリ:

電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

Page Top