セミナー情報

静電粉体塗装・塗料の基礎とトラブルシューテイング・対策

~粉体塗装・塗料の位置づけ、工程、方法、塗膜欠陥原因とトラブル対策~

・環境にやさしい粉体塗料・塗装の基礎とトラブル対策を学ぶ講座
・粉体塗装・塗料技術の基礎から学び、コスト削減や塗装工程の最適化、トラブル対策に活かそう!

セミナー詳細

開催日時 2014年05月27日(火) 10:30 ~ 17:30
開催場所 【東京】日本テクノセンター研修室
カテゴリー 成形・加工・接着接合・材料
内容 ~粉体塗装・塗料の位置づけ、工程、方法、塗膜欠陥原因とトラブル対策~

■概要
・環境にやさしい粉体塗料・塗装の基礎とトラブル対策を学ぶ講座
・粉体塗装・塗料技術の基礎から学び、コスト削減や塗装工程の最適化、トラブル対策に活かそう!

■タグ
化学 化学物質 吸着 成形加工 塗装・塗布 表面処理・めっき 粉体・微粒子 粉末治金

■日時
2014年 5月 27日(火)10:30~17:30     

■受講対象者
・粉体塗装ラインの新設や改造をされるもしくはご検討の企業の方
・今後を見据えて、純然と粉体塗料・塗装の勉強をしてみたい方
・現在粉体塗装を行っており、全体的に粉体塗装というものを振り返ってみたい方
・粉体塗料・塗装全般の初心者から中級者の方

■予備知識
・塗料・塗装の基本的知識があればわかりやすい

■修得知識
・初心者については粉体塗料・塗装の入門編的位置として、マスター可能
・中級者までの方々は、個々に習得されてきた事柄の復習、今後起きるであろう事柄等への参考となる

■講師の言葉
 粉体塗料は有機溶剤をほぼ使用しない環境に大変優しい塗料です。特に、2004年VOC排出規制の法制化決定以降、無溶剤系型塗料への動きが強まっています。
 本講座では粉体塗装の歴史に始まり、粉体塗料、塗装全般、最後に粉体塗装における主な不具合対策についてお話を行います。
 粉体塗装の利点は、環境を破壊する溶剤を含んでいないだけでなく、オーバースプレーした塗料をリサイクル使用できる点で、職場の環境改善や産業廃棄物を減らすことができることです。その他に、塗料の回収により塗装コストが安価になることや、粘度調整の必要がない、熟練者でなくても作業ができる等の利点があります。ラインの新設や改造時の一助になれば幸いです。


■プログラム
1.粉体塗料・塗装の位置づけ

2.粉体塗装について
 
(1). 粉体塗装の歴史 
 (2). 粉体塗装の現況

3.粉体塗料
 
(1). 粉体塗料とは
 (2). 粉体塗料の内容
 (3). 粉体塗料の製造方法
  (4) . 粉体塗料の取扱い方法
 (5). 粉体塗料の設計概要

4.粉体塗料工程(塗装は除く)
 
(1). 前処理
 (2). 粉体塗装設備関係

5.静電粉体塗装方法
 
(1). 静電吹付け方法
  (2) . その他の静電塗装方法

6.流動浸漬塗装

7.粉体塗装における主な塗膜欠陥原因とトラブル対策について

8.安全・環境に係わる主な法規制

9.廃棄粉体塗料の現状
 


■キーワード
粉体塗装・塗料 静電粉体塗装方法 静電吹付け方法 流動浸漬塗装 廃棄粉体塗料

■受講料 (税込)
1名:48,600円
同時複数申し込みの場合1名:43,200円

■会場

日本テクノセンター研修室
住所: 東京都新宿区西新宿二丁目7-1 小田急第一生命ビル 22階
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666

このセミナーは受付を終了しました。

次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、
以下よりお問い合わせください。

メールを送信する

カテゴリ:

電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

Page Top