セミナー情報

ナノミリング・分散とメカノケミストリーの基礎と応用およびトラブル対策

~粉砕・微粉砕・分散のメカニズム、粉砕機の特徴と選定、メカノケミストリーの応用とトラブル対策~

・粉砕法による微粒子製造法の基礎と応用を学び、メカノケミストリー効果への応用を学ぶ講座!
・粉砕・微粉砕の最適操作、効果的微粒子製造方法を習得し、有価物・エネルギー回収に活かそう!

セミナー詳細

開催日時 2014年05月19日(月) 10:30 ~ 17:30
開催場所 【東京】日本テクノセンター研修室
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備/成形・加工・接着接合・材料/化学・環境・異物対策
内容

~粉砕・微粉砕・分散のメカニズム、粉砕機の特徴と選定、メカノケミストリーの応用とトラブル対策~

■概要
・粉砕法による微粒子製造法の基礎と応用を学び、メカノケミストリー効果への応用を学ぶ講座!
・粉砕・微粉砕の最適操作、効果的微粒子製造方法を習得し、有価物・エネルギー回収に活かそう!

■タグ
エネルギー エネルギーマネジメントシステム ナノテクノロジー リサイクル 化学 化学物質 環境 機械 金属 金属材料 材料 材料力学・有限要素法 真空 分散 粉体・微粒子

■日時
2014年  5月 19日(月)10:30~17:30    

■受講対象者
・粉砕法による微粒子製造法にご関心のある開発担当者
・ナノミリング、分散やメカノケミストリーに関わる初学者  
・粉砕に関わる現場実務者

■予備知識
・特に必要としない


■修得知識
・粉砕で微粒子粉体を効率よく製造するコツが得られる
・操作において、メカノケミカル効果として発現する微粒子の凝集現象、粉体の活性などが理解でき、その防止策(安全策)と しての知識も得られる
・微粉砕を反応現象として利用するという知恵も得られる

■講師の言葉
 ナノサイズ微粒子並びにその製造への関心が高まっている。ナノ細部微粒子は、CVDなど、いわゆる物質を気体や液体から成長させて合成する方法が一般的であるが、粉砕法でも製造できることが確認され、注目されるようになっている。  
 本講演では、粉砕法による微粒子製造法について基礎と応用を分かり易く解説する。また、この方法では、メカノケミカル効果が発現する。メカノケミストリーの応用は、あまり知られていないかもしれないが、熱を使わないことが最大の特長で、固体同士で化学変化させる、複数の原料粉から新規な有価物(粉)が生成、その後化学的処理/物理的処理で原料から有価物を回収、エネルギー効率が低いので付加価値が高くないと既存プロセスに対応できない、「粉砕+(化学的処理+物理的処理)」で高付加価値物質(粉)を得ることも可能である。応用として、薄膜、積層体、ナノ分散混合物、表面コーテングなどが挙げられ、各種電子部品の性能向上、物質の被覆・被膜形成(安定化)などへの応用が可能である。


■プログラム
1.粉砕(ミリング)の基礎知識
 
(1).粉体の生成~ビルドアップ法(成長法)とブレークダウン法(粉砕法)
 (2).粉砕による微粒子製造のメリット・効果
 (3).粉砕・分散の目的
 (4).粉砕現象の理解
 (5).粉砕速度論とその表示法

2.ナノミリング(微粉砕)・分散のメカニズム
 
(1).ナノミリング・分散の定義
 (2).ナノミリング・分散による成分の均質化
 (3).ナノミリング・分散の評価と考え方
 (4).ナノミリング・分散による産物とその特性
  
3.粉砕・分散機(メカノケミカル反応装置)の特徴と選び方
 
(1).粉砕・分散機(メカノケミカル反応装置)の分類と特性
 (2).粉砕・分散機(メカノケミカル反応装置)の選定基準
 (3).遊星ミルや媒体攪拌ミルによる超微粉砕・分散

4.最適粉砕・分散操作、粉砕・分散機構造とスケールアップの最適化
 
(1).DEMシミュレーション概要
 (2).最小限度の実験情報とシミュレーション情報の融合による最適処理とスケールアップ法
 (3).各種微粉砕・分散機への展開

5.微粉砕に付随する現象と応用 ~メカノケミストリー~
 
(1).メカノケミカル法の基本原理と応用
 (2).結晶構造変化と非加熱での材料合成のモデル
 (3).機能性粉体合成
 (4).応用:微粉砕+化学的処理/物理的処理による有価物回収(各種原料のリサイクル)
 (5).応用:各種バイオマスからの高純度水素などの製造(エネルギー回収) 

6.ナノミリング(微粉砕・メカノケミカル処理)におけるトラブルとその対策
 
(1).微粉砕・分散の不良
 (2).粒子設計と混合条件による改善
 (3).付着・帯電性を考慮した対策
 (4).偏析防止
 (5).コンタネーションの原因とその除去
 (6).異物の検出方法と除去対策
 (7).微粉砕・分散を良くするためのポイント

■キーワード
粉砕 ミリング ナノミリング メカノケミカル反応装置  メカノケミストリー リサイクル 粉砕

■受講料 (税込)
1名:48,600円
同時複数申し込みの場合1名:43,200円

■会場

日本テクノセンター研修室
住所: 東京都新宿区西新宿二丁目7-1 小田急第一生命ビル 22階
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666

このセミナーは受付を終了しました。

次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、
以下よりお問い合わせください。

メールを送信する

カテゴリ:

電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

Page Top