セミナー情報

生体信号取得・生体信号処理の基礎と留意点・応用例

~生体信号取得の注意点とデジタル化・デジタル信号処理・生体信号の解析・応用事例~

・デジタル信号処理などの既存技術を有効活用し、製品開発や感性評価などに活かすための講座!
・ユーザーの使い勝手を考慮した製品開発やデザインなどに応用するために必要な生体信号処理の基礎知識を身につける講座!

セミナー詳細

開催日時 2014年05月30日(金) 10:30 ~ 17:30
開催場所 【東京】日本テクノセンター研修室
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備/化学・環境・異物対策
内容 ~生体信号取得の注意点とデジタル化・デジタル信号処理・生体信号の解析・応用事例~
■概要
・デジタル信号処理などの既存技術を有効活用し、製品開発や感性評価などに活かすための講座!
・ユーザーの使い勝手を考慮した製品開発やデザインなどに応用するために必要な生体信号処理の基礎知識を身につける講座!
■タグ
医療機器 実験計画・多変量解析 商品開発 信号処理 生体工学 使いやすさ・ユーザビリティ 人間工学
■日時
2014年 5月30日 (金) 10:30~17:30
■受講対象者
・生体から得られる信号の処理に興味をお持ちの技術者
・生体信号を製品応用にお考えの技術者
■予備知識
特にありません
■修得知識
・生体から得られる情報の種類と計測する上での注意点
・デジタル信号処理の基礎的な知識
・生体信号処理を用いた解析の実例
・製品などへの応用事例
■講師の言葉
 1990年代から、ユーザの使い勝手を考慮した製品設計が推奨されるようになった。ユーザの状態を客観的に把握する方法として生体信号の計測・処理が用いられ、これまでにマッサージチェアなどに応用されてきた。現在でも、自動車事故防止の観点から、ドライバ(=自動車のユーザ)の状態を把握する方法などとして生体信号は注目されている。
 本講義では、生体信号の計測と処理について基礎から応用事例までをわかりやすく解説する。対象としては初学者を想定しており、事前の知識がなくても内容が理解できるように構成されている。
 最初に生体から得られるさまざまな信号について説明し、それらの信号をコンピュータに取り込んで解析する方法を解説する。その際、一般的な信号にも用いられるデジタル信号処理についても説明する。実際の心電図・脳波などの信号を解析する方法とともに製品への応用事例についても述べる。本講義を通じて生体信号処理の基礎が理解でき、受講者自身の製品開発などに役立つ知識を得ることができる。
■プログラム
1. 生体から得られる信号
  (1). 電気信号―心電図、脳波、筋電図など
  (2). センサを通じて得られる信号
    a. 物理センサ
    b. 化学センサ

2. 生体信号の取得

  (1). 電極、センサの種類
  (2). 信号のデジタル化(サンプリング、量子化)
  (3). 注意点―個人差、再現性など

3. デジタル信号処理

  (1). 信号の表現:時間領域と周波数領域
  (2). ノイズの低減―同期加算、移動平均、デジタルフィルタ
  (3). 周波数領域での解析

4. 生体信号処理
  (1). 心電図の解析
  (2). 筋電図の解析
  (3). 加速度センサを用いた日常生活のモニタリング
  (4). 注意点

5. 生体信号の応用事例
  (1). 製品への応用事例
  (2). 感性評価への応用事例
  (3). 応用が期待される分野
■キーワード
生体信号 電気信号 心電図 デジタル信号処理 サンプリング ノイズ 周波数 加速度センサ 感性評価
■受講料 (税込)
1名:48,600円
同時複数申し込みの場合1名:43,200円
■会場
日本テクノセンター研修室
住所: 東京都新宿区西新宿二丁目7-1 小田急第一生命ビル 22階
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666

このセミナーは受付を終了しました。

次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、
以下よりお問い合わせください。

メールを送信する

カテゴリ:

電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

Page Top