セミナー情報

遅れ破壊(水素脆性)の基礎と破損防止策 ~個別相談付~

~分かりやすい遅れ破壊メカニズム・環境や材料との相関・現実的な対策とそのノウハウ~

・致命的なトラブルにつながる遅れ破壊について、講義や質疑を通して身につける講座!
・水素だけの視点では分からない遅れ破壊の本質を材料・力学・環境の3要因から理解し、事故の未然防止に活かそう!

セミナー詳細

開催日時 2014年04月17日(木) 10:30 ~ 17:30
開催場所 【東京】日本テクノセンター研修室
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備
内容 ~分かりやすい遅れ破壊メカニズム・環境や材料との相関・現実的な対策とそのノウハウ~
■概要
・致命的なトラブルにつながる遅れ破壊について、講義や質疑を通して身につける講座!
・水素だけの視点では分からない遅れ破壊の本質を材料・力学・環境の3要因から理解し、事故の未然防止に活かそう!
■タグ
水素 フランジ・ガスケット プラント 機械 金属 構造物 車載機器・部品 表面処理・めっき
■日時
2014年 4月17日 (木) 10:30~17:30
■受講対象者
・自動車、機械、構造物、建設、橋梁、設備、プラントなどに関わる方
・設計、生産技術、開発、品質管理、保全等に関わる方
・遅れ破壊について基礎から修得したい技術者、研究者
■予備知識
遅れ破壊または破壊に対する問題をかかえているあるいは興味がある方ならば、予備知識の必要はありません
■修得知識
・事故防止の指針が得られ、今後の業務に反映できます
■講師の言葉
 遅れ破壊は材料、力学、環境の3要因により生じるとされています。その破壊防止策はこれらの要因の理解が大事です。研究は古くから行われてきておりますが、研究者、技術者の専門により、取り組み方が1要因に偏りがちです。この3要因の全てを理解する研究者、技術者が少ないのが実情です。構造物の設計、金属材料、破壊力学、腐食工学に関して第一線で研究・技術に長年従事した経験を活かし、3要因に偏りのなく、平易に講義を致します。環境の大きな要因である水素に関しては、装置の発展により、定量化が可能となり、役割が徐々に明らかになってきています。
 教科書に記載している綺麗事のみならず、破壊防止策としてのノウハウとしての生々しい情報もお話しします。高専・大学・大学院では講義を受けていない、先輩から教えてもらえない情報、学会と協会では質問できない、教えてくれない、得られない情報を取得する絶好のチャンスです、受講をお待ちしています。
■プログラム
1. 遅れ破壊の基礎
  (1). 遅れ破壊とは
  (2). 遅れ破壊の模擬試験
  (3). 過去の遅れ破壊の仮説
水素脆性、水素割れとも呼ばれている遅れ破壊の防止策は力学、環境、材料の3大要因の把握がポイントです。その評価特性は破壊強度、破壊時間、破壊伸び、き裂進展速度、下限応力拡大係数と多岐にわたっています。遅れ破壊評価試験の標準化の必要性を述べます。

2. 遅れ破壊と力学
  (1). 遅れ破壊と時間依存型破壊 
  (2). 破壊力学の有効性
  (3). 時間依存型破壊の遅れ破壊と疲労破壊との相違
  (4). 遅れ破壊条件
  (5). 遅れ破壊マップの作成試案
  (6). 臨界水素濃度の概念
遅れ破壊の評価に応力集中の概念が含まれていないことが多く、遅れ破壊の本質に迫るには問題がありました。遅れ破壊に必要な真の応力、遅れ破壊に必要な真の水素量を述べます。

3. 遅れ破壊と環境
  (1). 環境とは
  (2). 腐食の影響
  (3). 拡散性水素と非拡散性水素の定量とその役割
大気暴露で生じた錆の生成は材料内に水素吸蔵をもたらします。吸蔵した水素において、比較的容易に移動可能な拡散性水素が遅れ破壊の環境要因であることを述べます。

4. 遅れ破壊と鉄鋼材料
  (1). 強度依存
  (2). 組織制御の有効性
  (3). 粒界破壊
遅れ破壊は大きな材料強度依存をもたらす事は昔から知られています。遅れ破壊が問題となっている高力ボルトでは、遅れ破壊防止策の一つとして強度軽減が講じられています。

5. 遅れ破壊とその防止策
  (1). 拡散性水素量の低減による破壊防止策
  (2). 遅れ破壊事例
力学、環境、材料の3大要因を把握し、対策を講じることが必要です。
■キーワード
遅れ破壊 水素 強度依存 破損防止 破面 破壊時間 亀裂進展 応力腐食割れ破壊マップ ボルト 構造物 自動車 燃料電池 水素脆性
■受講料 (税込)
1名:48,600円
同時複数申し込みの場合1名:43,200円

■会場
日本テクノセンター研修室
住所: 東京都新宿区西新宿二丁目7-1 小田急第一生命ビル 22階
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666

このセミナーは受付を終了しました。

次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、
以下よりお問い合わせください。

メールを送信する

カテゴリ:

電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

Page Top