セミナー情報

グローバル競争を勝ち抜く研究開発マネジメントの事例と実現手法 ~演習付~

~成果を高めた実績のある研究開発の推進・マネジメントの手法・ツール、課題解決ディスカッション~

・研究開発部門の競争力を高めるために実績のある方法論を習得する講座!
・的確な研究テーマの選定、開発スピードの向上、収益向上への貢献など研究開発部門の成果を高める特別講座!

セミナー詳細

開催日時 2014年05月28日(水) 10:30 ~ 17:30
開催場所 【東京】日本テクノセンター研修室
カテゴリー 品質・生産管理・コスト・安全/研究開発・商品開発・ビジネススキル
内容 ~成果を高めた実績のある研究開発の推進・マネジメントの手法・ツール、課題解決ディスカッション~
■概要
・研究開発部門の競争力を高めるために実績のある方法論を習得する講座!
・的確な研究テーマの選定、開発スピードの向上、収益向上への貢献など研究開発部門の成果を高める特別講座!
■タグ
研究開発 問題解決・アイデア発想
■日時
2014年 5月28日 (水) 10:30~17:30
■受講対象者
CTO、研究開発部門マネージャー、研究・企画部門等の部長、課長、リーダー
■予備知識
特になし (課題意識を持っていると望ましい)
■修得知識
グローバル競争に勝ち抜くための、研究開発マネジメント改革に関わる、先進事例、成功要件、改革の進め方
■講師の言葉
 グローバル競争を勝ち抜くために、研究開発部門には、技術確立ではなく、事業確立、ビジネスモデル確立が求められています。しかもこれを、研究開発部門に閉じこもって行うのではなく、社内そして世界の知見を活用して実施しなければなりません。そのためには、新しいマネジメント方法、そして一人ひとりの研究者の新しい思考と行動が必要です。
 本セミナーでは、先行する欧米企業の事例や、日本を代表する研究開発ハイパフォーマーの実績、ノウハウをもとに、上記問題に対処する方法を紹介します。
■プログラム
1. 研究開発マネジメントの先進事例
  (1). 日本企業の倍以上の知的生産性を実現する研究開発モデル
  (2). 技術で勝る日本企業を開発スピードで凌駕するオープンイノベーション
  (3). 経営に無くてはならない研究開発であり続けるための研究開発部門の自己変革
  (4). 高い業績を上げたハイパフォーマーのノウハウ(大手企業CTO、フェロー)

2. 研究開発マネジメントの成功要件
  ~以下を実現する研究開発推進方法論(コンセプト、技術、標準プロセス、ツールのセット)を紹介~
  (1). 達成すべき事業規模に強い執着心を持つ
  (2). 開発の大きな方向を明示し、それ以外をやらない決断をする
  (3). 重要テーマを見出し、確固たるリソース傾斜配分を決断する
  (4). マネジメントの視点、知見を遂行側に提供し、遂行側の創造力とやる気を喚起する
  (5). 研究段階からグローバルな衆知結集、フロントローディングを推進する

3. 研究開発遂行の成功要件
  ~以下を実現する研究開発マネジメント方法論(コンセプト、技術、標準プロセス、ツールのセット)を紹介~
  (1). 原動力となる、危機感・夢を持つ
  (2). 成功までのシナリオが理路整然と言えるまで、考えることを怠けず、仮説を突き詰める
  (3). 触発、衆知結集の力を知っており、日々情報を獲得し続け、社内外の知見を得続ける
  (4). 常識の外に答えがあることを知っており、ここぞという時、ダメを承知で思い切ってやる
  (5). 認められないことを人のせいにせず、意図を持って人の気持ちを変える

  ※上記(2章、3章)方法論は、100以上の成功プロジェクトと、数十人のノーベル賞クラスの研究者、大手企業のフェロー、CTOやハイパフォーマーのノウハウ分析によって確立し、現在大手企業の研究開発部門、新規事業開発プロジェクト、インキュベーション部門で採用され、成果を上げています。

4. 研究開発マネジメント改革の進め方
  (1). 欧米大手企業の研究開発革新事例
  (2). 成功要件と進め方(日本型研究開発モデルの改革)

5. ディスカッション
  ・参加者の課題を俎上に上げ、講師と参加者で解決のためのディスカッションを行います。
■キーワード
研究開発マネジメント 研究開発ハイパフォーマー インキュベーション 重要テーマ テーマ選定
■受講料 (税込)
1名:48,600円
同時複数申し込みの場合1名:43,200円
■会場
日本テクノセンター研修室
住所: 東京都新宿区西新宿二丁目7-1 小田急第一生命ビル 22階
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666

このセミナーは受付を終了しました。

次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、
以下よりお問い合わせください。

メールを送信する

カテゴリ:

電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

Page Top