セミナー情報

設計品質向上と設計リスクの未然防止策 ~演習付~

~設計におけるリスクマネジメントとその手法・予防設計手法・顧客満足向上のための設計~

・演習を通して実践・実務で活かす有効なポイントを身につける講座!
・リスクマネジメントを意識した設計手法の有効な運用方法を習得し、製品設計の段階で品質トラブルを未然に防止しよう!

セミナー詳細

開催日時 2014年04月10日(木) 10:30 ~ 17:30
開催場所 【東京】会場が変更になりました。
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備
内容 ~設計におけるリスクマネジメントとその手法・予防設計手法・顧客満足向上のための設計~
■概要
・演習を通して実践・実務で活かす有効なポイントを身につける講座!
・リスクマネジメントを意識した設計手法の有効な運用方法を習得し、製品設計の段階で品質トラブルを未然に防止しよう!
■タグ
設計・製図・CAD 品質管理 FMEA・FTA
■日時
2014年 4月10日 (木) 10:30~17:30
■受講対象者
設計担当者、設計チームのリーダー、係長、課長等
■予備知識
設計の業務の流れと設計レビューの知識があると理解が深まります
■修得知識
製品設計の業務の再認識。設計におけるリスクマネジメントの具体的な手法と取組み方を修得できる
■講師の言葉
 製品設計は、企画した機能を様々な要求事項や制約事項の上で、具体的な形として実現し、顧客へ提供することで、顧客満足に対する対価としての収益を持続的に会社にもたらす事業の源泉です。
 製品設計には、製造工程、製品コスト、コンカレントエンジニアリング、フロントローディング、品質管理やPL法等、考慮すべき事項は多岐に渡ります。そのなかでも、品質トラブルは、その大小に係らず事業活動に大きな影響を与え、企業の存続さえも危うくします。
 本講座では、製品設計の段階で品質トラブルを未然に防止するために、リスクマネジメントの考え方を基に、製品設計において実施すべきリスクマネジメントの手法として、FMEAやFTA等の手法、DRBFMによる設計レビューの有効な運用について、演習を交えて紹介し、実践・実務で実施するためのポイントを示します。
■プログラム
1. 製品設計の仕事
  (1). 専門的能力の確認
    a. 製品設計の仕事
    b. 要求事項
    c. 制約事項
    d. Pattern / Module
    e. 問題解決

2. リスクマネジメント
  (1). リスクマネジメントの手順
  (2). リスクの主要要因
  (3). リスク分析
  (4). リスク評価
  (5). リスクへの対応

3. リスクマネジメントによる設計手法(演習を含む)
  (1). FMEA
  (2). FTA
  (3). フロントローディング・コンカレントエンジニアリング
  (4). DRの問題点

4. 予防設計手法(演習を含む)
  (1). DRBFMの手順
  (2). DRBFMのポイント

5. 機能の変質
  (1). Pattern/Module再考

6. 品質管理とリスクマネジメントを意識した開発設計
  (1). 品質管理と設計品質

7. 顧客満足向上のための設計
  (1). ISO10377
  (2). 強みと弱み

8. 実践・実務に向けたポイントの整理
  (1). 実践・実務における問題点
  (2). 問題点の整理とポイント

9. まとめ
■キーワード
設計品質 設計リスクマネジメント 製品設計 FMEA FEA 安全設計 DRBFM

■受講料 (税込)
1名:48,600円
同時複数申し込みの場合1名:43,200円
■会場
 会場が変更になりました。

工学院大学 オープンカレッジ(旧:エクステンションセンター)(東京・西新宿)

住所: 東京都新宿区西新宿1丁目24-1

JR「新宿駅」西口から徒歩5分
都営大江戸線「都庁前駅」
電話番号 : 03-3340-1457

■協賛
 工学院大学 オープンカレッジ

このセミナーは受付を終了しました。

次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、
以下よりお問い合わせください。

メールを送信する

カテゴリ:

電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

Page Top