セミナー情報

時系列データ解析・予測技術の基礎と実データへの応用

~各モデルの特徴とその構築・使用方法、実際のデータを用いてのモデル作成から予測に至る具体的な手順と解析法~

・初心者でもデータの前処理から各種モデルの作成方法、予測に至る一貫した手順が修得できる講座
・不規則に変動するデータから将来の動向を予測する実用的なツールである時系列データ解析・予測技術を基礎から学び、より深い、より幅広い応用に活かそう!

セミナー詳細

開催日時 2014年03月25日(火) 10:30 ~ 17:30
開催場所 【東京】日本テクノセンター研修室
カテゴリー ソフト・データ解析・画像・デザイン/品質・生産管理・コスト・安全/研究開発・商品開発・ビジネススキル
内容
~各モデルの特徴とその構築・使用方法、実際のデータを用いてのモデル作成から予測に至る具体的な手順と解析法~

■概要
・初心者でもデータの前処理から各種モデルの作成方法、予測に至る一貫した手順が修得できる講座
・不規則に変動するデータから将来の動向を予測する実用的なツールである時系列データ解析・予測技術を基礎から学び、より深い、より幅広い応用に活かそう!

■タグ


■日時
2014年 3月 25日(火)10:30~17:30  

■受講対象者
・時系列データ解析を業務(工業、金融等)に活かしたい方
・センシング、エネルギー、医療機器、気象、マーケティングそのほか他関連企業で、実験、分析、データ解析を扱っている方
■予備知識 
・予備知識は特に必要としない
■修得知識
・時系列データ解析の基礎が理解でき使えるようになる

■講師の言葉
 時系列データ解析の目的は、時間的にしかも不規則に変動する対象を分析し、将来の動向を予測することで、工学、金融などさまざまな分野で使用され、実用的な解析および予測ツールとして役立っています。
 本セミナーは初心者にも理解できるように、時系列データ解析の基礎からその応用まで、一貫して習得できるように構成しました。具体的には、データの前処理から初め、各種のモデルの作成方法から予測に至る一貫した手順を学びます。時系列モデルの作成はどのような言語でもプログラムできますが、基礎を学ぶことで、より深い、より幅広い応用が可能になります。  初めての方はもちろん、ある程度実務経験のある方にも有用なセミナーになることと思います。

■プログラム
1. 不規則データの統計処理
  (1).確率統計の基礎
  (2).自己相関関数、偏自己相関関数、パワースペクトラムなどデータの統計量の意味と計算方法
  (3).データの加工、定常化の捉え方とその扱いなどの前処理

2. 時系列モデルの表し方
  (1).データの不規則変動を表すモデルの一般的な構成方法
  (2).モデルの性質と特徴
  (3).反転可能性と定常性

3. 自己回帰,移動平均,自己回帰移動平均の各モデル
  ・各モデルの特徴とその構築方法、使用方法など

4. 定常モデルと非定常モデル
  (1).非定常性の処理方法
  (2).ボックス・ジェンキンスによる定常化
  (3).自己回帰和分移動平均モデルと季節変動の処理方法

5. 時系列モデルによる予測方法
  (1).条件付期待値
  (2).最適な予測値
  (3).予測誤差

6. モデルの選択と実データを用いた時系列データ解析
  (1).ボックス・ジェンキンスの方法
  (2).対数尤度、情報量規準AIC
  (3).実際のデータを用いてモデルの作成から予測に至る具体的な手順

7. 金融システム、マーケティングへの応用
 ・各章で述べた応用例以外に、金融等への実例を踏まえて、時系列モデルの有用性を説明し、さらに高度な方法として、非線形時系列解析、カオス解析などへ展開する

■キーワード
時系列データ 不規則データ 自己回帰 移動平均 自己回帰移動平均 定常モデル 非定常モデル ボックス・ジェンキンス 対数尤度 情報量規準AIC

■受講料 (税込)
1名:47,250円     同時複数申込の場合1名:42,000円   

■会場
日本テクノセンター研修室
住所: 東京都新宿区西新宿二丁目7-1 小田急第一生命ビル 22階
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666

このセミナーは受付を終了しました。

次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、
以下よりお問い合わせください。

メールを送信する

カテゴリ:

電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

Page Top