セミナー情報

プラスチック製品設計・成形加工技術の基礎講座 ◆◆ ものづくり小規模事業者等人材育成事業補助金対象講座 ◆◆

~射出成形金型・成形加工、プラスチック材料、形状設計のポイント、成形不良対策にも活かせる知識を総合的に学ぶ~ *本講座は、ものづくり小規模事業者等人材育成事業補助金対象講座です。経費の一部に補助金が出ます。 詳しくはこちらへ → http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/2013/131128JinzaiKoubo.htm

・小型化、薄型化、軽量化などの市場要求に応え、望み通りの成形品を得るための講座
・金型・材料・成形加工に関する十分な知識を修得し、高品質でバランスの取れた成形加工技術へ活かそう!
・成形品サンプルを展示しますので、図や写真だけでは分かりにくいものも見て触って理解を高められる講座です

セミナー詳細

開催日時 2014年01月14日(火) 10:30 ~ 17:30
開催場所 【東京】日本テクノセンター研修室
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備/化学・環境・異物対策/ソフト・データ解析・画像・デザイン
内容 ~射出成形金型・成形加工、プラスチック材料、形状設計のポイント、成形不良対策にも活かせる知識を総合的に学ぶ~

*本講座は、ものづくり小規模事業者等人材育成事業補助金対象講座です。経費の一部に補助金が出ます。
詳しくはこちらへ → http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/2013/131128JinzaiKoubo.htm

■概要
・小型化、薄型化、軽量化などの市場要求に応え、望み通りの成形品を得るための講座
・金型・材料・成形加工に関する十分な知識を修得し、高品質でバランスの取れた成形加工技術へ活かそう!
・成形品サンプルを展示しますので、図や写真だけでは分かりにくいものも見て触って理解を高められる講座です
■タグ
プラスチック 高分子 射出成形 成形加工

■日時
2014年 1月 14日(火)10:30~17:30

■受講対象者
・プラスチック成形品の製品設計者および金型設計者
・研究・開発、成形加工、品質保証、資材購買、営業等に携わる方で、プラスチックに関する基礎知識を必要とする方
■予備知識
・基礎から説明いたしますので、特に必要はありません
■修得知識
・プラスチックの諸成形法
・射出成形金型と成形加工
・プラスチック材料特性と選定
・成形品の形状設計ポイント
・射出成形不良の原因と対策

■講師の言葉
 「プラスチック」は我々のあらゆる生活の中へ浸透しており、スマートフォン等の進歩の早い製品にもプラスチックは使用されています。小型化、薄型化、軽量化、省電力化、機能・性能の高度化、低コスト化などは、これから開発される製品に当然のように要求されてきます。製品設計者はこれら市場の要求に応えるため、製品要件を明確にして設計に当らねばなりません。なお、欲しい形状を図面に描いただけでは、設計者が望む通りの成形品は得られません。成形品を作る手段となる「金型」「プラスチック材料」「成形加工」に関する十分な知識を持ち、これらのバランスの取れた設計をすることが重要となります。また、「成形不良」の発生メカニズムを知ることは、適切な形状設計を行う上でも重要です。
 本講座では、プラスチックの製品設計に必要な基礎知識を総合的に学びます。当日はいろいろなプラスチック成形品サンプルを持参します。図や写真だけではわかりにくいものも、実際に見て触っていただくことにより理解が深まるものと思います。

■プログラム
1. プラスチック製品を取り巻く環境
  (1). 設計から納品までの全工程概観
  (2). プラスチックの諸成形法
    a. 射出成形法
    b. 押出成形法
    c. ブロー成形
    d. 真空(圧空)成形
    e. 圧縮成形

2. 射出成形金型
  (1). 金型の構造
    a. 2プレート
    b. 3プレート
    c. ホットランナー
  (2). 金型の機能
    a. 流す(スプルー/ランナー/ゲート)
    b. 形を作る(キャビティ/アンダーカット処理法)
    c. 固める(冷却/温調器)
    d. 取り出す(離型/エジェクタの仕方例)

3. 射出成形加工
  (1). 射出成形機の機能
    a. 射出装置
    b. 型締装置
  (2). 成形サイクル
    a. サイクル時間の内訳
    b. 保圧とゲートシール
    c. 加工条件と成形品重量

4. プラスチック材料
  (1). 材料の特性
    a. 熱可塑性および熱硬化性
    b. 結晶性および非結晶性
    c. 性能向上のための特性改質(アロイなど)
  (2). 材料の種類
    a. 汎用プラスチック
    b. エンジニアリングプラスチック
    c. 熱硬化性プラスチック
    d. 熱可塑性エラストマー
    e. 生分解性プラスチック
  (3). プラスチック材料の選定
  (4). さらに理解を深める材料物性用語

5. 成形品の形状設計ポイント
  (1). 金型構造や成形加工、材料特性を把握して総合的に設計する
    a. パーティングライン
    b. 抜き勾配
    c. アンダーカット
    d. ゲート
  (2). 機能形状の設計ポイント
    a. フック形状
    b. リブ形状
    c. ネジボス形状

6. 射出成形不良のメカニズムと対策
  (1). 成形不良と要因との関係(特性要因図、4M)
  (2). 成形不良アイテムと関連事項・メカニズムの解説
    a. バリ
    b. ショートショット(関連:ヘジテーション)
    c. ウェルドライン
    d. そり変形
    e. ヒケ、ボイド
    f. 寸法精度(関連:指示基準/成形収縮/PVT特性)
    g. シルバーストリーク
    h. こすれ
    i. クラック、白化
    j. ガス焼け(関連:エアーベント)

7. 海外視察
   K2013(ドイツ、デュッセルドルフ)報告
   K2013:プラスチック・ゴムに関する世界最大規模の展示会

■キーワード
射出成形 ホットランナー 押出成形 ブロー成形 真空成形 圧縮成形 アンダーカット ゲート ショートショット ウエルドライン ヒケ ボイド シルバーストリーク

■受講料 (税込)
1名:47,250円
同時複数申し込みの場合1名:42,000円

■会場
日本テクノセンター研修室
住所: 東京都新宿区西新宿二丁目7-1 小田急第一生命ビル 22階
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666

このセミナーは受付を終了しました。

次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、
以下よりお問い合わせください。

メールを送信する

カテゴリ:

電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

Page Top