セミナー情報

製品およびサービス開発に活かすための快・ストレスの評価・測定手法とそのポイント [大阪開催]

〜 「使いやすく」、「操作しやすい」、「心地良く快適な」製品の設計開発に活かすための基本と評価手法 〜

  • ヒトの「快・不快」のメカニズムを知り、付加価値の高い製品開発に活かすための講座!
  • ストレス発生メカニズムや測定法と脳のしくみ(外来刺激、ストレス反応を学び、ユーザにとって満足度が高く、魅力ある製品づくりに活かそう!

講師の言葉

 商品や各種サービス等に対する私たちの感じ方は主として各種アンケートによって調べることができますが、近年はそれらの主観評価に加えて客観的な指標による評価も求められています。またそのような心理状態と自律神経系の反応の関連を探す研究も盛んになってきています。それによりますと、ネガティブな刺激に対する自律神経の反応はポジティブな場合に比べてより強く表れる、という報告が多くみられます。これは人間と云う存在に対する示唆に富んだ面白い点です。

 本セミナーでは、人間の脳の構造と働きを最初に紹介し、外来刺激を我々の脳がどのように処理しているのか、そして最終的な感情の惹起までどのような経過を辿るのか等に関して、現時点での仮説を踏まえて解説します。次に自律神経活動の評価方法、脳波による心理状態評価法(吉田法、AAEモデル)、実験室等での測定例を紹介します。本セミナーを通して心理状態の評価に関する方法と考え方をご理解いただくと共に、人間(自分)に対する興味を深めていただければ幸いです。

セミナー詳細

開催日時 2018年01月25日(木) 10:30 ~ 17:30
開催場所 【大阪】たかつガーデン(大阪市)
カテゴリー ソフト・データ解析・画像・デザイン
受講対象者 ・企業、現場において製品やサービスに対する客観的な評価法を求めている方
・各種機械製品、自動車、車両、医療機器、福祉機器、事務機器、住宅、照明器具、衣料、その他一般消費者向け各種製品の設計開発および企画、評価に携わる方(製品の基本設計・開発者、製品の評価担当者など)
予備知識 ・特に必要ありません
修得知識 ・脳の構造と働き(医用工学系における知識程度)
・自律神経活動の解析方法
・脳波の知識(医用工学系における知識程度)
・脳波を用いた心理評価方法(AAEモデルと吉田法)
プログラム

1.はじめに


2.脳の構造と働き

 (1). 脳の構造

 (2). 快の担当部位

 (3) .外来刺激に対する脳内反応

 

3.ストレス評価法1

 (1). 心拍数

 (2). 心拍変動解析(自律神経活動解析、tone-entropy法)

 

4.ストレス評価法2

 (1). 脳波の概要

 (2). AAEモデル(anterior asymmetry and emotion model)

 (3). 吉田法

 

5.快・ストレス実測例の紹介

 (1). 足裏指圧実験

 (2). におい刺激実験

 (3). 暗算負荷実験

 (4). 音刺激実験

 (5). その他

 

*AAEモデル:anterior asymmetry and emotion model

*吉田法:故吉田倫幸博士考案が独自に開発した快適感(不快感)推定法

キーワード 脳波 AAEモデル 吉田法 
タグ 感性・脳科学・認知工学  分析
受講料 一般(1名) : 48,600円 (税込み)
同時複数申し込みの場合(1名) : 43,200円 (税込み)
会場 たかつガーデン(大阪市)
住所: 〒 543-0021 大阪府大阪市天王寺区東高津町7-11
新大阪駅からお越しの場合:
JR新大阪駅- > JR/近鉄 鶴橋駅 -> 近鉄大阪上本町駅
JR新大阪駅- > JR難波駅 -> 近鉄難波駅 -> 近鉄大阪上本町駅
JR新大阪駅- > JR天王寺駅 -> 「あべの・上本町」巡回バスにて近鉄大阪上本町駅下車
http://www.kintetsu-bus.co.jp/route/circlebus/

大阪伊丹空港からお越しの場合:
リムジンバスにて約40分
http://www.okkbus.co.jp/timetable/itm/t_ueh.html
電話番号 : 06-6768-3911
FAX : 06-6768-3170

このセミナーに参加する

申込用紙のダウンロード

メールを送信する

カテゴリ:

電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

Page Top