セミナー情報

濡れ・表面エネルギーの基礎とコーティングおよび産業技術への応用

〜 微小液滴の性質、液滴の生成、微小液滴のぬれ性、液滴の付着と拡張性、産業上の応用 〜

  • ぬれ・表面処理の基礎から学び、コーティングや洗浄などの技術開発に活かすための講座
  • 表面エネルギーを基本としたアプローチから、生産現場や研究開発・トラブルフォローといった実務上での取り組み方について、実例を交えながら解説する特別セミナー!

講師の言葉

 微小液滴を使いこなすためには、接触角やぬれ性現象などの基本ルールを理解することが必要です。本講座では、ぬれ・表面処理等に注目し、表面エネルギーを基本としたアプローチを丁寧に講習します。また、生産現場から研究開発・トラブルフォローといった実務上での取り組み方について、実例を交えて解説します。初心者の方にも分かりやすく、基礎から学んでいただけます。日頃のトラブルおよび技術開発に対する相談も個別に対応します。

セミナー詳細

開催日時 2018年01月24日(水) 10:30 ~ 17:30
開催場所 【東京】日本テクノセンター研修室
カテゴリー 化学・環境・異物対策
受講対象者 ・濡れ、コーティング、ウェットプロセスに従事する技術者の方
・これから初めて取り組むこととなる技術者および初学者の方
予備知識 ・基礎工学一般、基礎物理の知識
修得知識 ・日々のトラブル対策について、原因を追究しながら解決策を求める力が身につく
プログラム

1.微小液滴の性質

  (1).表面張力と表面エネルギー(ベクトルとスカラー量)

  (2).サイズ効果(接触角、粘性)

  (3).気液界面(乾燥と対流)

  (4).飛翔、噴射、跳躍(動的挙動)

  (5).ピンニング(支配要因)

 

2.液滴の生成 

  (1).ジェット噴射(液滴生成)

  (2).液滴凝縮(液滴成長)

  (3).超音波噴霧(液滴細分化)

  (4).液だれ(自由落下)

 

3.微小液滴のぬれ性

  (1).ぬれ性の基礎(接触角とは)

  (2).ぬれ性の基本式(Youngの式)

  (3).表面粗さとぬれ性(Wenzelの式)

  (4).複合材料のぬれ性(Cassieの式)

  (5).ぬれ性の時間変化(Newmanの式)

  (6).液滴成長の2つのモード(アイランド型と凝集型)

  (7).液滴の乾燥と対流(ウォータマーク:乾燥痕)

  (8).エネルギーとしての濡れ(接触角θよりもcosθ)

  (9).ピンニング効果(ぬれ分布の抑制)

  (10).時間濡れ(高速カメラ観察)

  (11).動的濡れ性(前進、後退角)

 

4.液滴の付着と拡張性

  (1).表面エネルギーの測定方法(分散、極性成分)

  (2).付着エネルギーによる解析(Dupreの式)

  (3).拡張エネルギーによる解析(Sパラメータ、円モデル)

 

5.産業上の応用

  (1).インクジェット技術

  (2).ペースト技術

  (3).洗浄技術

  (4).コーティング

  (5).表面処理

  (6).撥水化と親水化処理

  (7).表示パネル

  (8).バイオサイエンス

 

6.質疑応答(日頃の技術相談)

  開発・改良・現場トラブルにも個別に応じます

キーワード 微小液滴 濡れ 表面エネルギー コーティング 製造プロセス 表面張力 ベクトル スカラー量 接触角 粘性 気液界面 乾燥 対流 飛翔 噴射 跳躍 ピンニング 支配要因 液滴凝縮 ぬれ性 インクジェット技術 ペースト技術 洗浄技術 撥水化 親水化処理
タグ エネルギー  薄膜  表面処理・めっき 
受講料 一般(1名) : 48,600円 (税込み)
同時複数申し込みの場合(1名) : 43,200円 (税込み)
会場 日本テクノセンター研修室
住所: 〒 163-0722 東京都新宿区西新宿小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666

このセミナーに参加する

申込用紙のダウンロード

メールを送信する

カテゴリ:

電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

Page Top