セミナー情報

手戻りを出さない構想設計力養成講座 〜演習付〜

〜 設計手戻り防止に効果のある構想設計、アイデア創出と仮説検討、構想設計段階における問題解決法 〜

・機械設計に必要な構想力と問題解決力を演習で身につけるための講座

・設計初期における構想設計と設計検討のポイントを修得し、設計手戻りを未然防止しよう! 

講師の言葉

 機械工学の知識だけでは機械は設計できません!機械を設計するには、構想する力と問題解決のためのアイデア発想力が必要です!
 また設計を急ぐあまりにかえって、設計手戻りが発生します。設計手戻りを減らすには、設計初期における構想設計と設計検討が必要です!
 本講座では、3×3セルという簡易なツールを使い、機械設計に必要な構想力と問題解決力を養成し、機械技術者・機械設計者を新しい機械を創りだせる、そして設計手戻りの無い機械技術者・機械設計者へと導くものです。

セミナー詳細

開催日時 2018年03月02日(金) 10:30 ~ 17:30
開催場所 【東京】日本テクノセンター研修室
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備
受講対象者 ・機械技術・機械設計の初学者の方
・これから機械設計にたずさわる方
・構想設計についてもう一度復習したい方
・アイデアの出し方を知りたい方
予備知識 ・機械製図の基礎知識と機械設計の基礎知識
(大学・高専・専門学校の機械科卒業直後の新人でもOKです)
修得知識 ・問題が発生しても解決できる構想力と問題解決力、いわゆるアイデア発想力が修得できる
・簡単な機械であれば一人で構想設計できる
プログラム

1.設計業務における構想設計
  (1).機械って?設計って?機械設計って?
  (2).機械設計の手順
  (3).フロントローディング設計における構想設計の重要性
  (4).機械設計の第一歩は構想設計!


2.設計手戻りを防ぐ

  (1).設計手戻りが発生する原因

  (2).設計手戻りの防止法
  (3).設計手戻り防止に効果のある構想設計


3.構想設計には何が必要?
  (1).構想設計にはポンチ絵!
  (2).ポンチ絵を上達させるには!
  (3).構想設計にはアイデア!
  (4).アイデアを出すには!
  (5).構想図をストックする(ナレッジマネジメント)
  (6).ポンチ絵とアイデア発想の演習


4.構想設計で検討だ!
  (1).設計検討&仮説検証
  (2).検討する目線が重要
  (3).他者の目線で検討する
  (4).コストダウン検討の演習
  (5).アイデア創出と仮説検討


5.構想設計段階における問題解決法
  (1).問題解決の手順
  (2).トレードオフ
  (3).問題解決のためのヒント
  (4).問題解決演習

 

キーワード 構想設計 フロントローディング設計 設計手戻り 構想図 ナレッジマネジメント 仮説検証 問題解決
タグ 機械  機械要素  設計・製図・CAD  問題解決・アイデア発想
受講料 一般(1名) : 48,600円 (税込み)
同時複数申し込みの場合(1名) : 43,200円 (税込み)
会場 日本テクノセンター研修室
住所: 〒 163-0722 東京都新宿区西新宿小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666

このセミナーに参加する

申込用紙のダウンロード

メールを送信する

カテゴリ:

電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

Page Top