セミナー情報

異常検知のためのセンシング技術の基礎と応用

〜 異常検知技術の特徴、異常検知に用いられるセンサ技術の基礎、機械装置の異常検出 〜

・各種センサによる異常検知技術を学び、故障の早期発見やシステムの安全、安定に役立てるための講座

・早期検知の重要性がますます高まっている異常検出の特徴や用いられるセンサと信号処理技術について修得し、製品開発に応用しよう!

講師の言葉

 航空機や列車の例を出すまでもなく、異常の早期検知が非常に重要であることは改めて言うまでもない。工場機械の異常検知は、自動化の要請とも関連して古くから取組みが行われてきたが、個別の開発例はともかく、一般に適用できる技術として確立されてきたとは言えないであろう。異常検知は対象やその運用条件、異常の内容等により、用いられる技術手段や利用法に大きな多様性があるためである。最近では社会の安全、安定のため、異常状態の早期検知の重要性はますます高まり、かつ大規模化していると言える。
 本講ではこうした異常検出の特徴や課題を理解するとともに、基本的に用いられるセンサと信号処理の原理と特徴を紹介し、従来から取組まれてきた回転機や工作機械などの異常検知技術とその課題を説明する。さらに最近の動向としてセンサや画像技術の発展と、それを用いた大規模な構造体やインフラ、人や物の流れの異常検出などへの展開について述べる。

セミナー詳細

開催日時 2018年01月31日(水) 10:30 ~ 17:30
開催場所 【東京】日本テクノセンター研修室
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備/ソフト・データ解析・画像・デザイン
受講対象者 ・センサによる機械や種々のシステムの異常検知技術に関心のある技術者の方
・これからこの分野の応用や学習をしようと考えている方
・機械、回転機、プラント、ほか関連部門の技術者の方
予備知識 ・特に条件はありませんが、できるだけ技術系の高校程度以上の知識が望ましい
修得知識 ・異常検知の技術開発の本当の課題を理解し、センサなどの実際の開発をおこなうための基礎となる知識の習得
・異常検知の広い背景を理解し、有効な開発に役立てることができる
プログラム

1. 異常検知技術の特徴
  (1).異常検知分野の多様性
  (2).「異常」の定義と「想定」の問題
  (3).「状態」の異常検知と物理的な異常の検知


2. 異常検知技術の従来からの動向と主要な技術分野
  (1).異常検知は歴史的な課題である
  (2).異常検知を構成する技術要素
    a.対象分野による技術要素の差異
    b.理的な情報の検出技術
    c.データの収集伝達技術
    d.信号の処理、判断技術(情報処理技術)
  (3).どういう要素が発展してきたか
    a.個別の機械から大規模化、広域化へ
    b.センサと情報機器の量産化


3. 異常検知に用いるセンサ技術の基礎
  (1).センサからの信号の形態
    a.信号の大きさと周波数特性
    b.信号の時間的な変動の経緯
    c.信号の空間的な分布
  (2).機械量のセンサ
    a.位置、変位、速度、寸法、形状を調べるセンサ
    b.力学的な状態の検出 −振動、力のセンサ
  (3).物体の状態を表すセンサ
    a.音を利用するセンサ  −音波、超音波のセンサ
    b.発熱状態をみる  −温度センサ
    c.液体、流体の状態の検出  −流量、液面のセンサ
  (4).「状態」を検出するセンサ
    a.状景の異常を検出する  −画像センサ
    b.液体、ガス、水蒸気などとそれらの漏れのセンサ
    c.金属内部のセンサ  −アコースティックエミッション(AE)
  (5).基本的な画像処理方式と異常判別技術
    a.異常検知に関連する基本的画像処理方式
    b.異常検知判別技術


4. 異常検知の基礎分野としての機械装置の異常検出
  (1).機械装置の場合の特徴
    a.静的な機械(プロセス装置など)の特徴
    b.運動する機械(回転機、工作機械など)の特徴
  (2). 回転機、工作機械の異常検知の研究例
    a.回転機の異常検知の基本
    b.工作機械の異常検知の基本
  (3).工作機械の異常検知技術
    a.工作のプロセスの監視
    b.工具異常の検知
  (4).異常判別の課題


5. 異常検出技術の新しい展開
  (1).個別の機械から大規模化、広域化へ
    a.大規模構造物と社会インフラの監視
    b.人や物の流れの状態検出
  (2).技術の展開―センサと情報機器の量産化とネットワーク
    a.センサと情報機器の発達
    b.ネットワークの発達と利用
    c.ビッグデータの利用とAI技術の展開

キーワード センサ 異常検知 超音波センサ 温度センサ 画像センサ アコースティックエミッション MEMSセンサ 回転機 工作機械
タグ コントローラ  センサ  ネットワーク  機械  工作機  信号処理  制御
受講料 一般(1名) : 48,600円 (税込み)
同時複数申し込みの場合(1名) : 43,200円 (税込み)
会場 日本テクノセンター研修室
住所: 〒 163-0722 東京都新宿区西新宿小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666

このセミナーに参加する

申込用紙のダウンロード

メールを送信する

カテゴリ:

電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

Page Top