セミナー情報

Pythonによる機械学習・パターン認識の基礎と実装技術 〜 1人1台PC実習付 〜

〜 Pythonを用いた実装とパラメータチューニング、Deep Learningの応用とそのポイント 〜

・パターン認識・機械学習、Deep LearningまでをPythonで実装できるようになるための講座

・Pythonやそのライブラリを効果的に利用して効率的なシステム開発に活かそう!

※PCは弊社で用意いたします。

講師の言葉

 本講座では、機械学習・パターン認識の基礎と、そのPythonでの実装について解説します。

 近年、SVMなどのこれまで広く利用されてきた機械学習・パターン認識手法だけでなく、Deep Learningも様々なところで利用されています。

 Python及びそのライブラリを利用することで、これらの様々な手法が簡単に利用できることを知り、それらを使いこなせるようになることを目的としています。

 また、実際にPythonを用いてこうしたツールを簡単に利用出来るということを実体験していただきます。

セミナー詳細

開催日時 2017年11月07日(火) 10:30 ~ 17:30
開催場所 【東京】日本テクノセンター研修室
カテゴリー ソフト・データ解析・画像・デザイン
受講対象者 ・パターン認識の研究に取り組みたい方
・Pythonでパターン認識・機械学習を身につけたい方
・Deep Learningにチャレンジしてみたい方
予備知識 ・プログラミングの経験
・パターン認識や機械学習、深層学習という言葉を聞いたことがある
修得知識 ・Pythonを用いたプログラミングの知識
・機械学習の実装についての知識
プログラム

1.パターン認識・深層学習の基礎

  (1).パターン認識とは

  (2).パターン認識の基礎技術

     a.単純パーセプトロン

     b.サポートベクトルマシン

     c.アンサンブル学習

     d.多層パーセプトロン

  (3).深層学習への発展

  (4).深層学習で出来ること

 

2.Python入門

  (1).なぜPythonか

  (2).Pythonの利用環境

  (3).Pythonの文法

  (4).Pythonでの機械学習に必要な数値計算

 

3 .Pythonによるパターン認識システムの実装

  (1).サポートベクトルマシンを用いた画像認識

  (2).様々な手法の選択的な利用と比較

  (3).自動パラメタチューニング

 

4.PythonによるDeep Learningの利用

  (1).分類:Neural Networkによる画像認識

  (2).特徴抽出+分類:Convolutional Neural Networkの利用

 

5. まとめと質疑応答

キーワード Python 機械学習 パターン認識 深層学習 Deep Learning サポートベクトルマシン 画像認識 特徴抽出 
タグ 画像  画像処理
受講料 一般(1名) : 49,680円 (税込み)
同時複数申し込みの場合(1名) : 44,280円 (税込み)
会場 日本テクノセンター研修室
住所: 〒 163-0722 東京都新宿区西新宿小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666

このセミナーに参加する

申込用紙のダウンロード

メールを送信する

カテゴリ:

電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

Page Top