セミナー情報

相手のニーズ・要求を正しくつかむヒアリング力向上とその実践 〜演習付〜

〜 「聴く技術」と「問いかける技術」、ヒアリングレビューと書き取りスキル、解決の糸口を探り対策を練る 〜

  • 傾聴スキル向上・影響力ある問いかけ・効果的な書き取り、相手の要求を引き出しその場で分かち合うスキルを身につける講座!
  • 顧客やチームメンバーに対するヒアリングスキルを高め、ニーズに合った提案や製品開発、仕様作成、的確な報告など、メンバーとの円滑で質の高い業務成果に向けてコミュニケーション・シーンで発揮しよう!

講師の言葉

 現代の技術者、エンジニアの皆さんに高く求められるコミュニケーション能力として、「いかにわかりやすく伝えるか/発信するか」は非常に大切でしょう。しかしながら、「どんなことを、いかに具体的に確実につかむか(分かち合うか)」も、決して無視することはできません。

 前者がアウトプット型の「プレゼン」に代表されるようなスキルなら、後者はまさにインプット型の「ヒアリング」と言えます。その特徴について言及すれば、前者は“予定調和”的なゴールを見すえるため、“準備”をしやすい点が挙げられますが、後者は、“出たとこ勝負”、つまり、まさにその場その場での“柔軟性”や“即応性”が要求される点が大きな違いです。

 実は、優れたエンジニアやビジネスパーソンには、「聞く」という影響力を驚くほど意識的に発揮し、その後の仕事を効率的かつ効果的に進める人が多いのです。

少しイメージしてみてください。「ヒアリング力」をうまく発揮したほうが、ものごとがうまく進む場面は、次のように非常に多くあると思いませんか?

 ・顧客や取引先から、確かな“ニーズ”を汲みとるとき

 ・技術者や開発スタッフと共に“技術的な情報”や“ノウハウ”などを共有するとき

 ・社内の上層部や上司から“指示”や“方針”を適確につかみとるとき

 ・現場やユーザー、あるいは部下から、“ニーズ”や“要望”“期待”を引き出すとき

また、更に加えれば、職場の同僚やチームメイトと素朴な“意見”や“思い”の交換をおこなう場面なども同じはずです。

 本講座の主な学習のねらいは、それは、単に「聞き上手」になることにとどまりません。「聞き上手」を超えて、信頼を寄せられる技術者・エンジニアとして期待され、認められ得るビジネスパーソンに向かっていただくための講座です。

 自分を活かしながら、相手(顧客&仲間)をも活かす。そして、より大きな協同体を形成してこれを活かし、問題解決や価値創造を促せる、「素朴ながらパワフルなスキル」を楽しみながら学習しませんか?

セミナー詳細

開催日時 2017年12月26日(火) 10:30 ~ 17:30
開催場所 【東京】日本テクノセンター研修室
カテゴリー 研究開発・商品開発・ビジネススキル
受講対象者 ・製造業、IT企業、研究機関、公共機関の技術者をはじめ、どなたでも歓迎です
 (設計・図面作成、製品開発、見積り、商品企画、業務改善、ソフトウェア開発、仕様作成、チームマネジメント、マニュアル作成など)
予備知識 ・特に必要ありません
修得知識 ・相手からのニーズや期待感、前向きな感情を引き出し、より質の高い仕事(企画や提案、報告など)に活かす能力
・論理明快でハリのある会話を進展し、より実用的で意義のある場を形成するスキル
プログラム

1.ヒアリング力を高めるための勘所

  〜本パートを通して、ヒアリングスキルの高い人と低い人の特徴がわかります〜

  (1).どんな相手となら「話しやすい」「会話がはずむ」か:演習

  (2).話を聞けない人(技術者・エンジニア)のまずい傾向

  (3).話しやすい人の「優れた特長」のリスト

  (4).自分の“無知”を自覚する

 

2.相手と良好な関係性を築く「聴く技術」

  (1).「きく」は「聞く」「訊く」「聴く」の3種類

  (2).「傾聴技法」 基本サイクルと深化のステップ

  (3).「○○力」が大きな鍵

  (4).演習:リスニング編

 

3.対話や議論の質を高める「問いかける技術」

  (1).やみくもに「聞く」「質問する」のは大間違い

  (2).「論理的」に。「解決的」に。「目的的」に

  (3).「事柄」だけでなく、「意味」「感情」にも注意を向ける

  (4).相手との「関係の質」を高める問いかけ

  (5).演習:問いかけ編

  (6).ヒアリング中のノート&板書のコツ

  (7).ヒアリング内容をレビューし、次に活かす

 

4.業務におけるヒアリングの質を高めるチェック・ポイント

  (1).「素朴な問い」は「鋭い問い」に勝る

  (2).聞くレベルの5段階:自己点検のポイント

  (3).プロフェッショナルは「3番目の役割」を意識する

    ・「専門家」「解決者」に続く「第三の役割」とは

  (4).状況に応じた「ヒアリング」の基本スタンス

    a.技術提案やプレゼン後の質疑の場で

    b.打合せ、ミーティング、議論の場で

    c.相談、OJT(部下指導)、コーチングで

    d.対話、ブレスト、チーム内の学習の場で

 

5.日常業務のケース学習:まとめ

  (1).解決の糸口を探り、解決策を練る

  (2).対策・ポイントの全体シェア

 

※実践で即役立つワークを豊かにした進行で、楽しく学んで頂きます

※「ありがちな例→好ましい例」などを通じて、その場ですぐに身につく実習を用意しております

キーワード ヒアリング 問いかけ 技術提案 OJT プレゼンテーション コミュニケーション ヒアリング内容のレビュー ヒアリングメモ書き 人間関係 リスニング 聞く 聴く 論理的思考 問題解決 目的 ビジョン 目標
タグ コミュニケーション  企画書・提案書  仕様書・要件定義  問題解決・アイデア発想
受講料 一般(1名) : 48,600円 (税込み)
同時複数申し込みの場合(1名) : 43,200円 (税込み)
会場 日本テクノセンター研修室
住所: 〒 163-0722 東京都新宿区西新宿小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666

このセミナーに参加する

申込用紙のダウンロード

メールを送信する

カテゴリ:

電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

Page Top