セミナー情報

運転者のヒューマンファクターと自動運転・運転支援システム設計への応用

〜 自動運転・運転支援システムのための人と機械のコラボレーション 〜

・自動運転の実現に向けて必須となる「ヒューマンファクター」について基礎から解説する講座

・安全で快適な自動運転・運転支援システムの構築のための知識が学べる特別講座!

講師の言葉

 自動車運転の自動化は間近に迫っているように見えますが、実際にそれを実現し、商品として世に問うためには乗り越えなければならないハードルがたくさんあるように思われます。
 一口に自動運転といっても、具体的な様態は様々なものがあり得ます。少なくとも当面は、運転席に「運転者」が乗る形態の自動運転・運転支援を前提にしなければならないかもしれません。その場合、実際に世の中で役に立ち、ビジネスとして成立する、安全で快適な自動運転・運転支援のシステムを開発・実現するためには、どのようにすればよいのでしょうか。
 本講義では、その問題を考えるにあたって有用であろうと思われる、ヒューマンファクターに関する基本的な知識を体系的に示すとともに、システム設計へのヒントをいくつか紹介したいと思います。

セミナー詳細

開催日時 2017年09月26日(火) 10:30 ~ 17:30
開催場所 【東京】日本テクノセンター研修室
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備/ソフト・データ解析・画像・デザイン
受講対象者 ・自動車の自動運転、運転支援システムに関する研究・開発に携わっておられる、自動車メーカ・サプライヤの技術者の皆様を主たる対象として想定します
予備知識 ・自動運転、運転支援システムに関心があると理解が深まります
修得知識 ・自動車の自動運転、運転支援システムのヒューマンファクターに関する重要な基礎知識を一通り修得できます。これらの知識を用いたシステム設計への実践的応用についても、事例を通じてヒントをつかんでいただけるようにしたいと思います。
プログラム

1.自動車における自動運転には人が必要であることを理解する
  (1).人間中心の自動化に関する一般論
      a. 自動化とは何か
        ・自動化と自動化の皮肉
        ・介入には難しい例
      b. 人間中心の自動化(責任と権限)
        ・技術中心の自働化から、人間中心の自働化へ
      c. 自動化のレベルとフェーズ
        ・情報処理のフェーズと自動化
      d. 意思決定と行動の階層
        ・SRKモデル
        ・意思決定の階層と自動化
      e. アダプティブオートメーション
      f. タスクの共有と委譲
        ・権限共有の分類
  (2). 自動車運転の自動化
      a. 自動車における自動化技術の進展
         ・これまでの運転支援技術の例
         ・最近の運転支援技術
      b. 自動車運転における人間の役割
      c. 自動運転のレベル:運転支援と自動運転
        ・自動運転レベルの異なる定義
 
2. ヒューマンファクターにかかわる基礎的重要概念を理解する
  (1). 何が起きているかを把握する
      a.人間の情報処理におけるモデル
        ・生体学的心理学、アフォーダンス、状況認識、モード認識
  (2). 見るべきところを見る:多重資源理論
  (3). 負担のバランスを図る:メンタルワークロード
  (4). 過信・不信の抑制:信頼
      a. 信頼の構造
      b. 過信とは何か?
      c. 機能の誤解としての過信
  (5). 安全が危険をもたらさないように:リスク補償
      a. リスク恒常性の仕組みを逆に利用する
  (6). 運転スキルの維持・向上:ホースメタファとhaptic shared control

 

3. 人と機械のコラボレーションの方法を探る
  (1). システムが人を救う:人の機能の限界と喪失
      a. アダプティブ・オートメーション
      b. プロテクションシステム,利口な不服従
      c. ドライバモニタリング
  (2). 人がシステムを救う:システムの機能の限界と喪失
      a. システム能力の意図的抑制の功罪
      b. システム自身に自覚のある能力限界:不確実な事態における注意喚起・確信度付情報
      c. システム自身には自覚のない能力限界への対処

キーワード 自動運転 SRKモデル アダプティブオートメーション ヒューマンファクター アフォーダンス メンタルワークロード ホースメタファ haptic shared control プロテクションシステム ドライバモニタリング
タグ 感性・脳科学・認知工学  自動車・輸送機
受講料 一般(1名) : 48,600円 (税込み)
同時複数申し込みの場合(1名) : 43,200円 (税込み)
会場 日本テクノセンター研修室
住所: 〒 163-0722 東京都新宿区西新宿小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666

このセミナーは受付を終了しました。

次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、
以下よりお問い合わせください。

メールを送信する

カテゴリ:

電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

Page Top