セミナー情報

デジタル・アナログ混載型車載電子機器におけるEMC性能の確保とその向上技術

〜 回路基板設計、半導体デバイスの取り扱い、デカップリング、シールド筐体へのインストール、車両搭載時の注意点 〜

・車載電子機器の高密度化により対応が難しくなるEMC問題を解決へと導くための講座

・車両搭載時にEMC性能を発揮するためのポイントについて、事例を交えて解説する講座!

講師の言葉

 自動車では狭い車体内部に夥しい数の電気・電子機器類が高密度で搭載されており、更に、将来の自動運転化に向けた大電力機器やセンサの増加など、EMC問題の解決は難しくなる一方であります。また、苦労して対雑音性能に優れた電子機器を完成させたつもりでもこれを車両に搭載した時に必ずしもEMC性能を発揮できるとは限らないのが現状です。
本講座では、雑音電流の流入出が少ない回路基板設計から半導体デバイスの取り扱い、デカップリング、シールドや筐体へのインストール時の問題について論じ、車両に搭載する時の注意点まで含めてEMC性能を確保するための電気・電子システムの設計について多くの事例をおりまぜつつ解説致します。
 事例によっては実験とシミュレーションにより、極力物理的かつ普遍的な形で解説します。本講座では、車載電子機器からシステムに至るまでのEMC性能確保のための設計上のポイントについてご理解頂き、必要な技術知識を習得して頂くことを目標としております。

セミナー詳細

開催日時 2017年09月28日(木) 10:30 ~ 17:30
開催場所 【東京】日本テクノセンター研修室
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備
受講対象者 ・車載電子機器の開発・設計技術者、EMC対策の技術者、EMCに関わる品質保証技術者
実際に回路基板のパターン設計を行なっている方であればなおベター
予備知識 ・大学学部程度の電磁気学と電気回路学と電子回路(高周波回路)の知識があることが望ましいが、必要な事柄は話題ごとに説明しますので、現役の技術者であれば理解可能と考えます
修得知識 ・車載電磁環境に関する基礎知識
・電子機器のEMC性能向上のための構造設計から回路基板パターン設計までの考え方
・電子機器の車両搭載にあたって対EMC性能を向上させるためのポイント
・半導体デバイス、デカップリング素子などの取り扱いや配線材の処理方法
プログラム

1. 車載電気・電子システムの現状とEMC環境の概要

2. 車載電気・電子システムとしてのEMC性能確保へのアプローチ
  (1). 電気・電子システムから発生・放射する雑音の種類とその特徴
 (2). 自動車内におけるノーマルモードとコモンモード
 (3). 電子機器単体設計のポイントと車載化のポイント

3. 電子機器単体でのEMC性能の確保
 (1). ノーマルモード雑音電流を抑制する回路基板の設計
     a. 回路基板内における電力伝送の物理的考察
     b. 雑音流入出に関わる配線間クロストークの種類と各種要因の考察
     c. グラウンドパターンに設けるスリットの是非
     d. 信号配線パターンの考察(引き回し・層構成・ガードトレース)
     e. 同じ基板内に存在する高周波小信号回路と低周波大電流回路の関係
 (2). 半導体デバイスの選定と使用
     a. 雑音電流流出の少ないICの設計
     b. デバイスのEMS問題と実装方法による改善
     c. 放熱を必要とする半導体デバイスの実装上の課題と対応
 (3). デカップリング素子の有効な活用
 (4). シールドの考察
     a. 金属筐体による電磁放射の遮蔽とその効果
     b. 金属筐体が伝導雑音電流に及ぼす影響とその対策

4. 電子機器の車載化におけるEMC性能の確保
 (1). 自動車内の搭載場所に関する環境への配慮
 (2). コモンモード雑音電流を発生させるシステム構成と対策
 (3). HEV車の高電圧・大電流部のシステム構成と課題
 (4). 配線の検討
     a. 車両内ワイヤハーネスの考察
     b. シールド線の考察とその取扱い

5. EMC性能確保のための設計手順と設計審査

キーワード EMC コモンモード クロストーク グラウンドパターン デカップリング素子 電磁放射
タグ 自動車・輸送機  電子機器  電子部品
受講料 一般(1名) : 48,600円 (税込み)
同時複数申し込みの場合(1名) : 43,200円 (税込み)
会場 日本テクノセンター研修室
住所: 〒 163-0722 東京都新宿区西新宿小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666

このセミナーに参加する

申込用紙のダウンロード

メールを送信する

カテゴリ:

電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

Page Top