セミナー情報

静音化のための空力騒音の低減手法と流れの制御技術

〜 空力音の基礎、種類、特徴、数値解析手法、静音化の方法 〜

・空力音の発生メカニズムを理解し、適切な対策に活かすための講座

・空力騒音の低減事例を解説し、ファンや気流を扱う装置・製品の騒音・振動問題に直面している技術者に適切なアドバイスを提供する特別セミナー! 

講師の言葉

 空調設備やコンピュータの冷却ファンなど、気流を利用する機械や装置から発生する騒音や振動が問題となる場合が多々ある。空力騒音の支配的な原因が、気体の非定常な流れから発生する圧力変動であり、振動の主要因が流体連成振動である。
 空力騒音を低減するためには空力音の発生メカニズムを理解して、流れを制御する技術を解明することが必要になる。空力音の低減対策技術の基礎に関して解説する。併せて空力騒音の低減事例を解説し、ファンや気流を扱う装置・製品の騒音・振動の問題に直面している技術者に適切なアドバイスを提供する。

本セミナーは会場が変更になりました

セミナー詳細

開催日時 2017年07月13日(木) 10:30 ~ 17:30
開催場所 【東京】市ヶ谷法曹ビル B1 会議室
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備
受講対象者 ・ファンやターボ機械の製品開発担当者、輸送機器の開発担当者の方
・家電製品の開発者、空調設備の設計者、コンピュータや情報機器の冷却装置開発担当者の方
・プラントの熱流体システム設計者など空力騒音の解析や低減に関わる方
予備知識 ・流体力学の基礎、音響学の基礎、機械力学の基礎、騒音の測定・分析技術等の知識・経験があれば理解が深まります
修得知識 ・ファンや空調装置の騒音問題や振動問題に直面した時に、問題を解決して静かな新製品を開発するまでのプロセスを具体化できる
プログラム

1.空力騒音の低減手法(事例紹介)
  (1). 空調設備の騒音
  (2). ファン騒音
  (3). 空力自励音の制御
  (4). 噴出流の騒音
  (5). プラズマアクチュエータなどによる最新の制御技術
  (6). 低減方法の要点
    a.圧力変動の制御
    b.相関面積の制御
    c.流体・音響連成解析
  (7).低減方法の立案


2.空力音の基礎
  (1). 空力騒音に関する基礎
    a.基礎方程式
    b.基礎方程式から導かれる空力音発生機構の物理的な解釈
    c.渦の動き・渦の変化
    d.音を小さくするための基礎的な方法
    e.流体連成振動の基礎


3.空力騒音の種類と特徴
  (1). 広帯域成分音・風切り音など
  (2). 純音性の音・エオルス音など
  (3). 空力自励音・キャビティ音など
  (4). 空力騒音に共通する特性


4.空力音の測定と実験方法
  (1). 実機の騒音測定
  (2). 模擬実験と試験装置
    a.風洞実験
    b.低騒音音響風洞


5.空力騒音の数値解析手法
  (1). Curleの理論
  (2). 渦音の理論
  (3). 直接解法
  (4). 振動・音響連成解析

キーワード 空力騒音 流体連成振動 ファン騒音 噴出流 風切り音 エオルス音 空力自励音 騒音低減
タグ 空調  自動車・輸送機  振動・騒音
受講料 一般(1名) : 48,600円 (税込み)
同時複数申し込みの場合(1名) : 43,200円 (税込み)
会場 市ヶ谷法曹ビル B1 会議室
住所: 〒  東京都千代田区九段北4−1−5  市ヶ谷法曹ビル 地下1階
JR中央・総武線「市ヶ谷駅」より靖国神社方面に徒歩5分
地下鉄:都営新宿線、東京メトロ南北線・有楽町線「市ヶ谷」駅A4出口から徒歩4分
都バス「一口坂」バス停前
電話番号 :
FAX :

このセミナーは受付を終了しました。

次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、
以下よりお問い合わせください。

メールを送信する

カテゴリ:

電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

Page Top