セミナー情報

リチウムイオン電池の劣化診断技術とバッテリーマネジメントへの応用

〜 リチウムイオン電池の概要、安全性規格試験と寿命特性試験、劣化診断手法のポイント、バッテリマネジメントシステムと超急速充電対応技術のポイント 〜 

 ・蓄電池に必要な高精度な劣化診断技術を学び、システムに応用するための講座  

 ・リチウムイオン電池の寿命劣化診断技術を修得し、経済的で安全な信頼性の高いバッテリー

 マネジメントへの応用に活かせ!

講師の言葉

 リチウムイオン蓄電池が登場してから約四半世紀が経ちました。

そして10年程前にはリチウムイオン電池の安全性に注目が集まり、活発な議論と検討の末に高い信頼性の蓄電池制御技術が確立されてきました。

 近年では、特に仮想発電所としての定置用蓄電池が注目されており、その最適制御の為に今後高精度なリアルタイム劣化診断が必要になってきます。

 以上を踏まえ、本セミナーでは以下の項目・事例・課題について、可能な限り体系的に説明します。

1.  リチウムイオン電池のこれまでの歴史・材料・性質・事故の事例

2.  規格や法令で規定されたリチウムイオン電池の特性・安全性試験

3.  スマートセンサー(IoT)によるリチウムイオン電池のマネジメント

4.  リチウムイオン電池の寿命劣化とその診断方法

5.   自動車用バッテリマネージメントシステム(BMS)と車載蓄電デバイス技術

 ・ バッテリの状態監視、状態推定、保護技術、超急速充電対応技術

セミナー詳細

開催日時 2017年09月29日(金) 10:30 ~ 17:30
開催場所 【東京】日本テクノセンター研修室
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備
受講対象者 ・リチウムイオン蓄電池を搭載する製品・機器のビジネスに関わる、研究・開発・商品企画・技術営業・マーケティング部門の方
予備知識 ・電池に関する基礎知識
修得知識 ・リチウムイオン蓄電池の基礎知識
・リチウムイオン蓄電池の法令・試験規格の体系的知識
・リチウムイオン蓄電池の劣化による影響
・リチウムイオン蓄電池の劣化診断手法の俯瞰的知識
・経済性・安全性管理に向けたリチウムイオン蓄電池の劣化診断
・自動車用バッテリマネージメントシステム(BMS)の概要、構成、機能
プログラム

 

1.リチウムイオン電池の基礎

  (1).リチウムイオン電池の概要

     a.リチウムイオン電池の基礎

     b.リチウムイオン電池の特徴

     c.リチウムイオン電池の事故

  (2).リチウムイオン電池のマネジメント

     a.リチウムイオン電池の危険事象

     b.各種規格試験とその分類

     c.バッテリーマネジメントシステム

     d.リチウムイオン電池製品の動向

     e.リチウムイオン電池の市場

  (3).リチウムイオン電池製品開発事例紹介

  (4). 今後想定されるリチウムイオン電池の技術/市場動向

 

2.リチウムイオン電池の評価試験

  (1).安全性規格試験

     a.機械的安全性試験

     b.環境安全性試験

     c.電気的安全性試験

  (2).特性規格試験

     a.電気的特性試験

     b.寿命特性試験

  (3).規格化されていない試験

     a. 危険性試験

     b.発熱特性試験

 

3.リチウムイオン電池の寿命劣化とその診断

  (1).リチウムイオン電池の劣化と寿命

     a.リチウムイオン電池の寿命とは

     b.劣化のメカニズム

  (2).リチウムイオン電池とスマートセンサー(IoT)

     a.バッテリーアグリゲーション

     b.電池劣化の影響

     c.想定される課題

  (3).リチウムイオン電池劣化診断手法

     a.劣化診断手法の分類

     b.各劣化診断手法の特徴

  (4).劣化診断研究事例紹介

     a.過渡的差電圧法の概要

     b.過渡的差電圧法の紹介

 

4. 自動車用バッテりシステムと周辺技術

   ・BMSと自動車用蓄電システム

  (1).電動車と蓄電デバイス

  (2).自動車用リチウムイオン電池の開発動向

  (3).電動車における蓄電デバイスの使い方

  (4).車種により、異なる使い方

    a.EV

    b.HEV

    c.PHEV

  (5). REESSの概要

 

5.バッテリマネージメントシステム(BMS)

  (1).BMSの概要

  (2).BMSの構成

  (3).BMSの機能

     a.バッテリの状態監視(電圧、電流、温度)

     b.バッテリの状態推定(入出力限界、SOC、SOH)

     c.バッテリの保護(過電圧、過放電、高温、低温)

     d.バッテリセルのバランス調整

     e.超急速充電対応とポイント

キーワード リチウムイオン電池のマネジメント リチウムイオン電池の評価試験  リチウムイオン電池の寿命劣化とその診断法 急速充電対応 バッテリーマネジメントシステム
タグ エネルギーマネジメントシステム  リチウムイオン電池  安全  化学物質  蓄電
受講料 一般(1名) : 48,600円 (税込み)
同時複数申し込みの場合(1名) : 43,200円 (税込み)
会場 日本テクノセンター研修室
住所: 〒 163-0722 東京都新宿区西新宿小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666

このセミナーに参加する

申込用紙のダウンロード

メールを送信する

カテゴリ:

電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

Page Top