セミナー情報

伝熱・熱回路網法の基礎と効果的な放熱・冷却に活かす熱解析の応用事例 〜1人1台PC実習付〜

〜 伝熱の基礎、冷却促進のポイント、熱回路網法の基礎とExcelによる定常・非定常熱計算、熱解析の応用例 〜

  • 伝熱の基礎から、講師の経験に基づく放熱のコツまで分かりやすく解説する講座!
  • 熱移動の基礎や熱回路網法を学び、適切な放熱部品の活用、最適な配置、機器の熱設計に活かそう!

 

 

PCは弊社にて用意いたします。Excelファイルを差し上げますので、セミナー後も各自で学習が可能です。

講師の言葉

 近年、パワエレ機器、LED素子、リチウム電池などなど多くの電子機器においては発熱密度の増大にともない効果的な冷却設計が重要になってきている。また、PCの性能向上と汎用数値流体解析(CFD)ソフトウェアの発展により、これらの機器の熱設計にCFDを用いることが身近なものになってきている。しかし市販のCFDソフトは高価であるという欠点がある。

 一方、電気回路と熱回路の類似性(相似性)を利用した熱回路網法は、PC上で手軽に熱解析が可能で、Excelを利用しても十分実用的な計算ができる。また熱抵抗の概念から効果的な冷却設計の指針が得られるという大きなメリットを有している。

 ここでは、Excelで伝熱計算を行うための伝熱の基礎および冷却促進のための基本的な考え方を講義した後、Excel を使用した熱回路網法による伝熱計算技術を、Excelを用いた演習により身につけていただく。その中ではExcelの基本的な操作を説明した後、定常解析、非定常解析それぞれの場合の解析法を簡単なモデルおよび実用的なモデルについて説明し演習を行う。

 最後に今後の展望として、最近話題になっており、利用が進んでいるCFDによる逆解析(感度解析)の熱設計への活用法を紹介する。

セミナー詳細

開催日時 2017年09月25日(月) 10:30 ~ 17:30
開催場所 【東京】日本テクノセンター研修室
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備
受講対象者 ・機械、自動車部品、電子機器、電子部品等で伝熱計算、熱設計に携わる技術者の方
予備知識 ・高卒程度の物理、化学、数学
・Excelが使えること
修得知識 ・伝熱解析の基礎および冷却促進のための基本的な考え方
・機器の熱設計を行うための熱回路網法による熱モデルの作成とExcelを用いた計算による温度の予測法の演習による習得
・CFDによる逆解析を利用した熱設計への活用例
プログラム

1. 伝熱の基礎

  (1). 温度と熱

  (2). 伝熱の3要素

  (3). 熱伝導

  (4). 対流熱伝達

  (5). 放射熱伝達

  (6). 流れによる熱輸送

  (7). ヒートシンク

  (8). フィン効率

 

2. 効果的な冷却の考え方

  (1). 冷却促進の考え方

  (2). 対流熱伝達の効果的利用例

  (3). 前縁効果とは

  (4). マイクロ化(代表長さを小さく)による伝熱促進

  (5). 風量増大効果の例

  (6). 乱流促進利用例

  (7). 遮蔽板の利用

 

3. 熱回路網法の基礎

  (1). 熱回路網法の利点と欠点

  (2). 電気回路との相似性(アナロジー)

  (3). 熱抵抗の計算式

  (4). 熱容量の計算式

  (5). 熱回路網の基礎方程式

  (6). 熱回路網法の解法

    a. 定常熱計算法

    b. 非定常熱計算法(陽解法、陰解法)

  (7). 熱回路網法による計算の手順

  (8). 熱抵抗の接続法

 

4. Excelを用いた熱解析演習

  (1). エクセルによる温度計算の利点と欠点

  (2). 定常熱計算演習

    a. 一般的な熱回路網法の解法

    (エクセル繰り返し計算機能利用)

    b. 1次元定常熱伝導計算

    c. 2次元定常熱伝導計算

    d. 流体温度変化計算

    (出口温度基準モデル)

  (3). 非定常熱計算演習

    a. 一般的な熱回路網法の解法

    (陽解法、陰解法)

    b. 1次元非定常熱伝導計算

 

5. 熱回路網法の応用例

  (1). 基板上素子の温度分布計算

  (2). パワエレ素子の水冷熱解析

  (3). 日射を受ける通風筐体の定常解析例

  (4). ヒートパイプを使用した機器の熱解析例

 

6. 今後の展望

   ・CFDの逆解析機能を活用した熱設計例

キーワード 伝熱 熱回路網法 定常熱計算 非定常熱計算 冷却促進 ヒートシンク フィン効果 マイクロ化 前縁効果 乱流促進 遮蔽板
タグ パワーデバイス  プリント基板  電子機器  熱設計
受講料 一般(1名) : 49,680円 (税込み)
同時複数申し込みの場合(1名) : 44,280円 (税込み)
会場 日本テクノセンター研修室
住所: 〒 163-0722 東京都新宿区西新宿小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666

このセミナーに参加する

申込用紙のダウンロード

メールを送信する

カテゴリ:

電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

Page Top